サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~3/14

最大40%OFFクーポン ~3/14

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2018/02/15
  • 出版社: 早川書房
  • ISBN:978-4-15-209731-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

遺伝子―親密なる人類史(上)

著者 シッダールタ・ムカジー,田中 文,仲野 徹

「科学史上、最も強力かつ危険な概念のひとつ」――ピュリッツァー賞を受けた医師が描く「遺伝子科学」の全貌とは? メンデルのエンドウマメは、いかにダーウィンに出会い、優生学の...

もっと見る

遺伝子―親密なる人類史(上)

税込 2,475 22pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 9.9MB
Android EPUB 9.9MB
Win EPUB 9.9MB
Mac EPUB 9.9MB

遺伝子 親密なる人類史 上

税込 2,750 25pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「科学史上、最も強力かつ危険な概念のひとつ」――ピュリッツァー賞を受けた医師が描く「遺伝子科学」の全貌とは? メンデルのエンドウマメは、いかにダーウィンに出会い、優生学の暗黒の歴史をへてゲノム編集へと発展したのか? 我々の未来を占う必読書。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

遺伝学・分子生物学の歴史と未来を分かりやすく解説してくれている良書

2020/07/02 20:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:F - この投稿者のレビュー一覧を見る

メンデル、ダーウィンから始まってCRISPR/CASまでの遺伝学~分子生物学の歴史を網羅的にとても分かりやすく解説してくれている良書だと思うが、日本人だからというわけではないが、iPs細胞についての記述が薄いのが残念。
 この本の主張するところはせんじつめれば上巻のp338-p339に書かれている次の文章に尽きる。「遺伝子はもはや単なる研究テーマではなく、研究の道具になった。---組み換えDNAは遺伝学の言語を再帰的なものにした。生物学者は何十年もかけて遺伝子の性質を探求してきたが、今では遺伝子が、生物学を探求するのに使われるようになった。つまりわれわれは、遺伝子について考える段階を卒業し、遺伝子を使って考える段階へと進んだのだ」
 当たり前といえば当たり前のことを言っているわけだが、遺伝学が生殖系列にまで介入しようとしている今、もう一度、我々は遺伝子とどのように向き合うべきなのかを真摯に考えるべき時代にいるのだと思う。
 もう一つ残念な点は、分子生物学の進歩は人類に素晴らしい(あるいは素晴らしくない)恩恵をもたらすに違いないとして、では誰がその恩恵に浴することが可能なのかということについて何の言及もないことだ。最新医学は高くつく。新技術によって救われる人間と救われない人間をどうやって選別するのか。この本の守備範囲ではなかったのかも知れないが、著者の意見を聞きたかった。
 例えば出生前診断による生む生まないを判断すること、有害と思われる遺伝子は永遠に人間界から排除すべきなのか、生命維持装置の電源を切るのか切らないのかなど、確かに医学は進歩したが、それとともにあまりに難しい新たな判断を人間は求められるようになっている。こんなことは本来人間が判断すべきことだろうか?読後にいろいろ考えさせられる。つまりこの本はとても良い本ということです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/07/01 16:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/31 11:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/25 15:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/27 12:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/25 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/15 06:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/12 08:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/04 14:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/02 17:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/18 15:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/11 13:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/25 07:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。