サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~4/30

修正:新規会員30%OFFクーポン(~4/30)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 51件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2018/03/09
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川新書
  • ISBN:978-4-04-082122-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

陰謀の日本中世史

著者 著者:呉座 勇一

ベストセラー『応仁の乱』の著者、構想三年の書き下ろし!本能寺の変に黒幕あり? 関ヶ原は家康の陰謀?義経は陰謀の犠牲者?俗説、一蹴!『応仁の乱』の著者が史上有名な“陰謀”を...

もっと見る

陰謀の日本中世史

税込 968 8pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 8.4MB
Android EPUB 8.4MB
Win EPUB 8.4MB
Mac EPUB 8.4MB

陰謀の日本中世史 (角川新書)

税込 968 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ベストセラー『応仁の乱』の著者、構想三年の書き下ろし!

本能寺の変に黒幕あり? 
関ヶ原は家康の陰謀?
義経は陰謀の犠牲者?
俗説、一蹴!
『応仁の乱』の著者が史上有名な“陰謀”をたどりつつ、
“陰謀論”を徹底論破する。

史実とフィクションは明瞭に違う!
◆本能寺の変に黒幕あり?→いない。光秀をバカにしすぎ
◆関ヶ原は家康の陰謀? →違う。家康も追い詰められていた
◆義経は陰謀の犠牲者? →誤り。義経の権力は砂上の楼閣だった

他、
■足利尊氏=陰謀家説は疑わしい
■後醍醐天皇は黒幕ではなく被害者だった!?
■富子はスケープゴートにされた
■騙されやすかった信長
■「三成が家康の伏見屋敷に逃げ込んだ」は俗説
■「小山評定」は架空の会議

「事実」はドラマや小説より面白い。
陰謀論の誤りを最新学説で徹底論破!!
トンデモ説やフェイクニュースが溢れる世の中で騙されないために。
陰謀論の法則まで明らかにする、必読の歴史入門書!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー51件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

トンデモ説やフェイクニュースが溢れる世の中で騙されないために必読の歴史入門書

2018/06/05 15:34

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

『応仁の乱』が大ヒットした呉座勇一氏の最新刊。「陰謀」とあるが、これは中世史で「陰謀」と見られていることがいかにいい加減か、を考証した本。謀反の背景には黒幕がいると諸説あるが、呉座勇一氏がそれらをまとめて葬り去ってしまった。「自分の思い通りに歴史を動かせるわけがない」「実際にはそんな都合のいいことは起こらない」という呉座先生の言葉、歴史教育の現場でも強調していくべきかも知れない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

歴史学者が歴史の俗説、通説に鋭くメスを入れる

2020/08/11 17:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:パミチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「論ずるに値しない珍説やトンデモ説は黙殺すべきだというのが日本史学会の共通認識であるが、全ての日本史研究者が無関心を決め込めば陰謀論やトンデモ説は生き続け、社会的影響力を持つかもしれない。誰かが猫の首に鈴をつけねばならない。」というのが著者の本書を著した理由である。
本書の素晴らしいところは、単に世間に流布されている陰謀論や珍説・トンデモ説を批判するだけでなく従来の俗説・通説にも鋭くメスを入れ、我々読者の固定観念を修正してくれる点にある。
例えば平家を壇ノ浦で破り、平宗盛を鎌倉に護送した源義経が鎌倉入りを頼朝から許されず、「腰越」で足止めにあったという「吾妻鑑」に出てくる有名な話(腰越状)は義経の悲劇性を強調する作り話であると一次史料を基に解説している。また足利尊氏が鎌倉幕府に反逆した理由として引き合いに出される「源義家の置文」も源氏の嫡流でない足利氏に伝わることはあり得ないとし、世間に流布されている尊氏の「野望説」に疑問を呈している。
それ以外にも「本能寺の変」の黒幕説や関ケ原合戦時の「小山評定」の真偽についても鋭い考察を加えている。後世の作り話や時の権力者の思惑によって我々が如何に歴史の真実を見誤っているかに気付かされる良書である。
大変面白く読ませてもらった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

勝者は全能だったわけではない

2019/03/10 21:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者は、最終的な勝者が全てを予測して状況をコントロールしていたと考えるのは陰謀論の特徴だという。また、陰謀研究は根を詰めてやっていると、どんどん深読みしていきがちである、だが推測を重ねる前に、資料を素直に読むという原点に立ち返ることが重要だともいう。本能寺の変の黒幕は○○だとか、日野富子は稀代の悪女だと言っているほうが大衆受けするかもしれないが、たとえば応仁の乱は将軍の跡目争いという視点から考えてしまうと、義視という存在が説明不能になってしまう、畠山家の家督争いが発端だとするとすんなりと理解できる。本能寺の変も「あれだけの大事件だから、明智一人がやろうとしたことではないだろう」という先入観から陰謀説がとびかう。作者が言うように勝者は未来のすべてを把握していたわけではないのだ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

歴史学の思考法

2019/01/08 18:09

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

評価がさまざまなようですが、百田さんのトンデモ本が大ベストセラーになっていまう昨今、こういう本が広く読まれることは必要です。求めていることが違う方は、のってこないかもしれませんが、きちんと考える、見きわめる、フェイクにだまされない、安易に拡散しない、いろんな観点から筆者の想いを大切にしたいです。ありがとうございました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

陰謀にスポットを当てたトンデモ本を憂う

2020/05/30 23:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:UMA1001 - この投稿者のレビュー一覧を見る

途中、勉強不足で知らない名前がたくさん出るところは間延びした印象を受けたが、全般的には納得させられる内容だった。とんでもない本はたくさんありますが、実名を出して大丈夫なのでしょうか。少し心配になりましたが、健全な論議が行われるならより真相に迫ることが期待できると思います。テレビでもそうだが、知った顔する評論家には辟易しており、トンデモ本を書く方は逃げないできちんと論議を噛み合わせて欲しいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

陰謀

2018/06/10 07:13

6人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七無齋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の意図は分かるが荒唐無稽の論者に反論しても仕方ない。どのような資料があり、どんな意見があるか事実を挙げることだけで著者の私見はいらないだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/04/05 20:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/08 21:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/08 06:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/14 18:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/19 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/21 09:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/01 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/11 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/30 09:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。