サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~11/30

新規会員50%OFFクーポン ~8/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 387件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2018/04/10
  • 出版社: 祥伝社
  • ISBN:978-4-396-63542-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ひと

著者 小野寺史宜

店を開くも失敗、交通事故死した調理師だった父。女手ひとつ、学食で働きながら東京の私大に進ませてくれた母。―その母が急死した。柏木聖輔は二十歳の秋、たった一人になった。全財...

もっと見る

ひと

税込 1,650 15pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 7.1MB
Android EPUB 7.1MB
Win EPUB 7.1MB
Mac EPUB 7.1MB

ひと

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

店を開くも失敗、交通事故死した調理師だった父。女手ひとつ、学食で働きながら東京の私大に進ませてくれた母。―その母が急死した。柏木聖輔は二十歳の秋、たった一人になった。全財産は百五十万円、奨学金を返せる自信はなく、大学は中退。仕事を探さなければと思いつつ、動き出せない日々が続いた。そんなある日、空腹に負けて吸い寄せられた商店街の惣菜屋で、買おうとしていた最後のコロッケを見知らぬお婆さんに譲った。それが運命を変えるとも知らずに……。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー387件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

受け入れる強さ

2019/01/20 20:05

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

母の急死で天涯孤独になった聖輔、大学を中退し偶然出会った総菜屋でのバイトを始めます。
孤軍奮闘する聖輔にみんなが手を差し伸べる人情が暖かい。もちろん、不愉快な人や相容れない人も出てくるけど。
境遇を受け入れ、やらなければならない事を自覚、目標を見つけながらも諦めなければならいことは諦める。
でも、最後には諦めたくないものが見つかります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ひと

2019/06/13 17:09

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なま - この投稿者のレビュー一覧を見る

本屋大賞ノミネートしていたので読んでみたら、とてもいい小説だった。総菜屋との出会いから、孤独な青年の人生をが動き出す。人生は、いろんな人に支えられて生きていくという物語だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

文体が引き込まれる

2021/02/06 08:08

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かのま - この投稿者のレビュー一覧を見る

特別なにか大きな事件が起きたわけではない。なにげない日常をつづっただけなのに、なぜかとても引き込まれる。短いセンテンスで平易な言葉でつづられているからか、読んでいてとても心地よい本だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

「ひと」というタイトルのもつ意味

2019/05/09 09:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たんぽぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ひと」というある意味壮大なタイトルに内容が負けていないのか、と若干不安をもちながら読んだ。だが、それは杞憂だった。まさに「ひと」というタイトルがぴったりの作品だった。漢字の「人」ではなく、ひらがなの「ひと」であることで、よりやわらかさや危うさのような、この作品のもつものが現れていると思った。
 若葉の元彼への感覚は、とても共感できた。毎日生活している中で、私の中で少しずつストレスになっていくことが、まさにこういったことだったのだと思った。今の日本人に少しずつ欠けていっている感覚ではないだろうか。多くの人に読んでもらいたいと思ったが、若葉の元彼や、主人公の叔父のような人にはきっと読んでもぴんとこないだろう。同じ感覚を持っている人だからこそ、共感できる作品なのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人間模様が描かれている

2020/02/10 14:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きのこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

時折、じーんとしました。人の嫌な部分や人の優しさ、想像しやすく一気に読み終わりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

天涯孤独

2018/12/30 09:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おどおどさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

言葉だけ聞くとすごく悲しみに満ちているけど、1人でも楽しく生きている人もいるし、彼のように暖かく見守る人がいる場合もある。
「ひと」とは何なのか、考えながら読みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いろいろ

2022/09/26 11:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hid - この投稿者のレビュー一覧を見る

いい人もいれば悪い人もいる。
自分じゃどうしようもないこともいっぱいある。
それでも生きていかなくちゃならないんだよね。
終わり方は良かったけど、現実的に考えて、その先どうなるかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

タイトル通り。

2020/07/07 01:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なご - この投稿者のレビュー一覧を見る

すごく読みやすいです。
母親を亡くし天涯孤独になった若者が色々な“ひと”に出会い、紆余曲折しながら成長していく物語です。
主人公が穏やかなのがいい。
そして最後の一行がすごく良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

主人公に幸あれ

2020/04/02 23:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kochimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

とんでもなく辛い思い思いをしたひとに
かける言葉も見つからないし、
どんな対応をしていいかもわからない。
中には火事場泥棒みたいなやつもいたけど、
みんなそれぞれのやり方で主人公を支えてくれている。
「何もかもあきらめなくてと、いいんじゃない?」
と言ってあげられるひと、最高だ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

タイトルに惹かれました

2020/02/19 11:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エヌ - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルに惹かれて購入しました。
ストーリー展開は小野寺さんらしい、どんどん読み進めたくなる内容です。
ひとと関わる事って大切だし、みんなそれぞれの出会いのタイミングがあるのだなと、今の自分と照らし合わせて、そう思わせてくれる一冊でした。
また数年後に読み返して、その時どう感じるのかを今から考えてワクワクしています。
おススメします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

オモイヤリ

2019/04/23 13:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:べーやん - この投稿者のレビュー一覧を見る

人との繋がりはご縁。縁があって知り合っているのかもしれない、

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読み終わってしみじみ

2020/02/13 23:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うれい - この投稿者のレビュー一覧を見る

淡々と日常は進んでいく。いい人も、いやな人もいる。父親が死んでも、母親が死んでも、天涯孤独の身になっても、明日はやってくる――一番心に残ったのは255頁。「ちょっといい」大学。「普通に」付き合う。コロッケ「なんかも」好き。ああ、いるよなあ。いるよなあこういうやつ。自分では何でもないことのように話してるけど、ひとの心にささくれを作るやつ。この作者さんはそういう“悪”と断罪できないけど“いやなひと”を書くのが上手い。でもそういうひともいるんだよ。それも含めてのタイトルなんだろうなぁ、などとしみじみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

よかった

2019/05/06 14:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

天涯孤独の身になってしまっても。強く生きていく姿に勇気をもらいました。素晴らしかったです。面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ひと

2019/04/18 07:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

店を開くも失敗して亡くなった調理師の乳。母親は女手一つで大学まで行かせてくれたが、そんな母も亡くなった。そして運命の出会いをする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/10/28 16:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。