サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1112-15)

新規:予約キャンペーン(1116-30)

卵をめぐる祖父の戦争

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 69件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2018/06/30
  • 出版社: 早川書房
  • ISBN:978-4-15-041248-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

卵をめぐる祖父の戦争

著者 デイヴィッド・ベニオフ,田口 俊樹

「ナイフの使い手だった私の祖父は十八歳になるまえにドイツ人をふたり殺している」作家のデイヴィッドは、祖父のレフが戦時下に体験した冒険を取材していた。ときは一九四二年、十七...

もっと見る

卵をめぐる祖父の戦争

778 (税込)

ポイント :7pt / 紙の本より194おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.0MB 無制限
Android EPUB 4.0MB 無制限
Win EPUB 4.0MB 無制限
Mac EPUB 4.0MB 無制限

卵をめぐる祖父の戦争 (ハヤカワ文庫 NV)

972(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「ナイフの使い手だった私の祖父は十八歳になるまえにドイツ人をふたり殺している」作家のデイヴィッドは、祖父のレフが戦時下に体験した冒険を取材していた。ときは一九四二年、十七歳の祖父はナチス包囲下のレニングラードに暮らしていた。軍の大佐の娘の結婚式のために卵の調達を命令された彼は、饒舌な青年兵コーリャを相棒に探索に従事することに。だが、この飢餓の最中、一体どこに卵なんて?――戦争の愚かさと、逆境に抗ってたくましく生きる若者たちの友情と冒険を描く、歴史エンターテインメントの傑作

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー69件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

笑って泣けて

2012/01/24 21:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hiyokomame - この投稿者のレビュー一覧を見る

昨年読んだ本の中で一番面白かったです。
どことなくポールオースターと似た雰囲気のある作風で、老若男女だれでも楽しめる小説だと思います。
翻訳に少し気になるところもあったけれど、ぜひ読んでほしい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不思議な冒険物語

2013/04/07 03:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:一茶茂ン太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

1942年のナチス・ドイツのレニングラード(サンクトペテルブルグ)包囲戦の最中の祖父レフの不思議な冒険物語。
略奪罪で銃殺刑を逃れるには「卵1ダース」を1週間以内に調達、持ち帰ること!臆病な少年レフの相棒はこれまた、脱走兵で銃殺罪を逃れたいコーリャ。
死刑を逃れるのが「卵1ダース」を持ち帰ることって!戦争中になんて馬鹿馬鹿しい命令。
包囲戦(=兵糧攻め)のため大飢餓のピーテル(レニングラード)の街を「卵」を探し歩く二人。命令を出した大佐さえ調達出来ない?!のに簡単に見つかる筈も無く。
騙されて人肉ソーセージを売る鬼畜夫婦に材料にされそうになる二人、卵を産む雌鶏を守るため何も食べずに鶏小屋を守る餓死寸前の少年との遭遇、後にその鶏はメスでなくオス?だった。
市内での卵調達が無理と判り、ナチスの前線(包囲網)を越え、ドイツの占領地内へと卵探しに行くことに。
途中慰みものにされた少女達がナチスに囲われた農場である逃げた少女は捕まり、少女達の見守る中見せしめで両足を切り落とされる話を聞き、パルチザンとの関わりが出来、やがて武装親衛隊と対決する羽目に。
凍結した川に身包みを剥がされた死体、戦車を攻撃するために地雷を括り付けられた犬達、立て看板にされた凍りついた兵士の死体等々と遭遇しながら厳寒の中、卵調達のための行進が続きやgて、ナチスの捕虜に。
戦争のリアル、残酷なエピソードが胸くそ悪くならないのは本書が馬鹿馬鹿しいとも思える物語の設定と感情を込めない冷静な表現だけではなく、敵味方関係なく取込んでしまうキャラクターであり物語の推進役のコーリャの存在によるところが大きい。
コーリャの能天気、超ポジティヴな発言や下ネタが主人公レフの臆病さを和らげるとともに物語が都合良く進むと感じさせない展開を納得させてしまう。
レフは極限の中にいてもコーリャとの漫才みたいな会話だけでなく、恐怖と関係ないことを考えたり好きになったパルチザンの女狙撃手を夢想したりすることこそが余計にヒトとしてのリアルさを感じさせる。
訳者あとがき、解説によると作者デイヴィッド・ベニオフは他にも曰く「変な小説」長編『25時』、短編集『99999(ナインズ)』が訳出されているので読んでみたいと思う。
兎に角、戦争の残酷さ、愚かさ、極限での人間性の崩壊、人種差別をひいては国内外情勢を考えさせられながらも読後に厭な後味を残さない不思議なファンタジーと言えるのではないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

逞しく生き抜く人がいる

2015/03/26 16:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

ナチスの包囲下に置かれていたロシア・レニングラード、レフとコーチャは助かるために1ダースの「卵」を戦争の中探しに行く。読んでいて目的を忘れそうなほど戦争の悲惨さや苦しみが伝わってくる。満足に食べられるはずも無く骨も浮き出て座り込んでしまう。そんな時代にも逞しく生き抜く人がいる。ジョークを言い合ったり女のことを想像したり、滑稽に見えるかもしれない。だが気の置けない友がいるだけで一変する。それだけは確かだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/08/17 18:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/21 18:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/22 11:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/09 19:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/19 13:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/22 08:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/07 08:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/23 07:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/28 05:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/01 01:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/26 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/22 12:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む