サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~11/26

【講談社連載】honto×講談社 マンガ連載

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 290件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2018/08/20
  • 出版社: 河出書房新社
  • ISBN:978-4-309-22672-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

サピエンス全史(下)

著者 ユヴァル・ノア・ハラリ,柴田裕之

近代世界は帝国主義・科学技術・資本主義のフィードバック・ループによって、爆発的に進歩した!ホモ・サピエンスの過去、現在、未来を俯瞰するかつてないスケールの大著、ついに邦訳...

もっと見る

サピエンス全史(下)

税込 2,090 19pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 21.1MB
Android EPUB 21.1MB
Win EPUB 21.1MB
Mac EPUB 21.1MB

サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 下

税込 2,090 19pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

近代世界は帝国主義・科学技術・資本主義のフィードバック・ループによって、爆発的に進歩した!ホモ・サピエンスの過去、現在、未来を俯瞰するかつてないスケールの大著、ついに邦訳!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー290件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

我々は何を望むのか

2018/05/31 13:28

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒトコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

絶滅を免れ地球上で唯一の人類となったサピエンスが、
今日まで辿った歴史と未来への警鐘。

農業革命によって同じ生物である動植物を所有物としたサピエンスは、
それらを思い通りに飼育する事を願い、豊穣の神を創造した。
科学革命は、疑問を解明したいという業による無知の革命であり、
それは倫理を超え不死の探求へも向かいうる。
核さえ生んだ今、領土を巡る武力紛争は国家に不利益でしかなく、
富は領土ではなく技術者たちの頭の中にある。

今後、世界平和は実現するのか。幸福とは何なのか。
それは我々が「何を望むのか」にかかっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ホモ・サピエンスが繁栄したのは虚構を共有したため

2017/04/29 18:39

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コスモス - この投稿者のレビュー一覧を見る

ホモ・サピエンスが繁栄出来たのは、虚構を共有し、共同体を形成できたため。逆に言うと、国民国家、人権、正義とか道徳心の基準とか・・・、いろいろなものが虚構であることを示しています。
人類は虚構を共有できたから発展できたが、それが原因で不幸な思いをしている人がいるのかもしれない。
(上巻とレビュー内容は同じ)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

上巻ほどのまとまりはない

2019/11/24 04:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ライサ - この投稿者のレビュー一覧を見る

歴史に残る大作であり、この本を読んでしまうと他の大半の名作ですら「物足りない」と感じてしまうようになる……それはこの下巻でも変わらない。
サピエンスの特質は「虚構を信じる」「寛大さに欠ける」「残虐」であると。上巻では指摘するのみだったが下巻ではその根拠に話が進む。
ところで多くの人は上巻で挫折したらしい
上巻のが面白いから、と某ユーチューバーは読みもせずに話していたが。
おそらくは下巻になると話が複雑化した上、歴史の流れも度外視して文章が書かれているからではなかろうか。また下巻は世界史の知識がないと読んでも理解できないことが多そうだった
というよりもっといい表現が見つかった
「話の流れにまとまりが欠ける」
てっきりサピエンスの未来の話にも行ってくれるかと思っていたが。
それは「ホモデウス」にあり結局は下巻でも過去から現在までを語るので精一杯だったようだ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

歴史は統一に向かう

2019/08/07 18:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はるよ - この投稿者のレビュー一覧を見る

古代、帝国時代に続き、科学革命について、そして「歴史はどこに向かうのか」という大局観から語る壮大なストーリー。
他の歴史書と異なるのは、結果論ではなく、歴史にはあらゆる可能性があったことを感じました。
また、文明は人類を幸せにしたのか?というところまで問いかけていて、とても考えさせられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

虚構から更なる虚構へ

2019/07/01 21:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nobita - この投稿者のレビュー一覧を見る

上だけでなく下も読むに値する。宗教・貨幣などから帝国が作られ、その財で科学が進化し、更なる虚構が誕生する。国境、政治、福祉、戦争などだ。人類の未来は医学の進歩でサイボーグまで可能というのは確かに神の領域に行く。
ところで、原子力の安全が虚構だったように、年金の安定やATO安全も虚構だった。人間はとにかく楽になるため虚構を好む。その体質を変えない限り、人類の未来はない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ご立派(続)

2017/03/06 08:23

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コアラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

7万年前にホモサピエンスの脳内で生じた「認知革命」がすべての始まりである,すなわち宗教や貨幣といった共通の虚構を信じる力を得たことが人類飛躍の鍵となったと出張する大著。下巻では,5千年前の科学革命以降を宗教も含めて描き出す。上巻同様,最新科学も援用しながら描き出している。宗教や科学も所詮虚構であると看破している。人権などというものも所詮虚構であるという主張には頭を殴られた思いがする。また人類が他の生物,とりわけ家畜に行ってきた,そして行っている所業についても考えさせられる。グリーンピースやシーシェパードのような愚かなテロリストは気楽でよいなぁと思える。はたして人類は存在することが善なのか?等,いろいろと考えさせられる内容である。とりあえず目から鱗がぼろぼろ落ちた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

意外なオチに感心。

2016/10/31 23:10

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

前巻の先史時代がやはりおもしろく、下巻はジャレド・ダイアモンドの焼き直しかと思いきや、歴史の解釈のしかたがその後も独特で読みごたえがあった。オチも不安だったが、いち生物としてのホモ・サピエンスを通観することで、「幸福」と生きる目的に立ち返れという結論は予想外で、最後まで楽しめた。この手の本としては珍しく、再読してみたくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ビジネスレベルを脱しえない生命史

2018/05/12 14:17

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:病身の孤独な読者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

評者は下巻のみ読了したが、下巻から察するに上巻は、サピエンス史の話があるのだと推測される。しかし、進化学や生命史と生物学を勉強している人にとっては、退屈な書籍になってしまう感じは否めない。というのも、訳が優れており、エンターテイメントとして生命史を学ぶことはできるが、学問的厳密性がそれゆえ少し欠けており、下巻の後半は著者の妄想あるいは妄言を読むことになるからである。進化史のとっかかりには良い本かもしれないが、正確な理解は望めない書籍である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/02/26 09:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/18 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/14 19:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/13 08:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/07 15:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/31 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/08 23:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。