サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

カササギ殺人事件 上(創元推理文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 105件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

カササギ殺人事件 上

著者 アンソニー・ホロヴィッツ,山田蘭

1955年7月、サマセット州にあるパイ屋敷の家政婦の葬儀が、しめやかに執りおこなわれた。鍵のかかった屋敷の階段の下で倒れていた彼女は、掃除機のコードに足を引っかけて転落し...

もっと見る

カササギ殺人事件 上

税込 1,019 9pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.3MB 無制限
Android EPUB 6.3MB 無制限
Win EPUB 6.3MB 無制限
Mac EPUB 6.3MB 無制限

カササギ殺人事件 上 (創元推理文庫)

税込 1,100 10pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1955年7月、サマセット州にあるパイ屋敷の家政婦の葬儀が、しめやかに執りおこなわれた。鍵のかかった屋敷の階段の下で倒れていた彼女は、掃除機のコードに足を引っかけて転落したのか、あるいは……。その死は、小さな村の人間関係に少しずつひびを入れていく。燃やされた肖像画、屋敷への空巣、謎の訪問者、そして第二の無惨な死。病を得て、余命幾許もない名探偵アティカス・ピュントの推理は――。現代ミステリのトップ・ランナーによる、巨匠クリスティへの愛に満ちた完璧なるオマージュ・ミステリ!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー105件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

おもしろいです。

2018/10/29 16:45

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いほ - この投稿者のレビュー一覧を見る

他のレヴュアの方も言ってますが、なるべくいろんな情報を見ないで、読み始めた方がいいです。といっても、私はレヴューしてしまっているし、これ読んでる人は、その時点で、すでに「いろいろな情報を見て」しまっているわけですが。
翻訳で上下二分冊になっているのは、オリジナル英語版とくらべても、「效果」大、です(より楽しめます)。
上巻を(アプリで)立ち読みして、作者名の違う内扉の存在が気になったら、即、上下揃えて、買いです。そういうややこしい構成がみごとにハマった作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

上下巻揃ってお得な小説

2019/06/16 10:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トッツアン - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻だけだと、特に普通のミステリー。それも尻切れトンボな終わり方。でも、この唖然とする終わり方もいいなぁ。すべては下巻ではっきりしますが、上巻あっての下巻。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

上下巻になっている効果

2019/04/22 02:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つきたまご - この投稿者のレビュー一覧を見る

帯でも言われていますが、ラスト1行で、「ここで終わるの!?」となってしまいました。
英語の原書は一冊なので、分かれている日本語版の方が、粋な計らいをしている気がします。

また、クリスティへのオマージュということで、かなり楽しめました。私がクリスティー作品のファンということもあり、余計に楽しめているのだと思います。万能感のある外国人探偵にポワロっぽい感じを思い浮かべつつ、田舎の村の人間関係絡みの話がマープルっぽくもあり。
翻訳が、また上手なのだと思います。作品から、物語の世界の雰囲気がすごく伝わってきました。ひょっとして、訳もクリスティー作品の訳の感じに寄せてるのでしょうか?作者と訳者が揃ってこそだと、思い知らされました。

この本に関しては、私が事前知識を入れずに読んでいることもあり、本当にハラハラしっ放しです。
どんどん引き込まれていき、あれよあれよと読み進め、止めるのが困難です。(本当に、作者も訳者もすごいのだと思います。)一気に下巻まで行っちゃいそうです。

上巻読了後、本当にこの後どうなるのか気になって仕方ないです。
作中作の方も、現実世界の方も、気になります。。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

上巻も最後までくると

2018/12/25 23:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

初見の作家さんです。

『このミステリーがすごい! 2019年版』第1位
『週刊文春ミステリーベスト10 2018』第1位
『ミステリが読みたい! 2019年版』第1位
『2019本格ミステリ・ベスト10』第1位

と軒並み高評価のようです。

凝った構成の作品で1作で2倍楽しめようになっていました。

よく出来た作品だと思いますが、そこまで絶賛する点が私にはわかりませんでした。

好意的にとらえれば丁寧に作り込まれていると言えますが、

物語の進行が遅く多少退屈に感じられることが特に上巻ではあるように思いました。

商品解説にもあるようにアガサ・クリスティへの完璧なオマージュであることが、

高評価の理由の一つなら、私のようにクリスティ作品を未読の者にはこの作品の魅力

の何割かは失われてしまうのでしょうね。

作品のトリックに関わることなので詳しくは書けませんが、

翻訳者であられる山田欄氏と創元社の担当編集者さんの仕事ぶりは、

この作品を魅力を恐らく全く減ずることがなかっただろうと思える

本当に見事なものだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

できるだけ予備知識は入れずに

2018/10/27 17:26

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

読むことをおすすめします。
「東京創元社、今年のイチオシ!」ぐらい知っておけば十分です。
アガサ・クリスティー、特にドラマ『名探偵ポワロ』に多少なりとも思い入れのある方は、これを読むべき。

上巻の最後で「はっ?! どういうこと?!」となること必至なので、買うにせよ借りるにせよ是非上下巻一緒に(私は早速上下巻まとめてポワロ好きな人に「まず読んで」と押し付けました)。
(→ 続きは下巻に)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本好きのためのミステリー

2019/06/14 20:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bird - この投稿者のレビュー一覧を見る

謎解きする優秀な探偵が登場するわけでもなく、難解なトリックで惑わせもしない。出版業界の内輪話と思えて・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

作中作がどういう意味をもつのか期待大

2019/03/10 07:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

評判がすごく高く『上下巻にも意味があり、下巻を開けると誰もが驚きの声を挙げる』といった朝日新聞の書評を読んで、これは読まないとと思いました。作中作の形式をとる作品。上巻の終わりでほぼ事件は片付いたかに見えますが、まだ半分。ということは。この作中作という形式がどう絡むのか?驚きに期待して下巻へ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

正統派ミステリかと思いきや

2018/10/30 20:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみしょう - この投稿者のレビュー一覧を見る

英国探偵小説の正統派かと思わせる世界観。戦後の田舎の立派な屋敷、よそ者の探偵、アガサクリスティを彷彿させるミステリでした。
が、結末が、、、尻切れな感じで、、、
下巻へ急がせる技でしょうか、実際 直ぐに下巻のページをめくりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ドラマ刑事フォイル

2019/09/13 18:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Nioh - この投稿者のレビュー一覧を見る

の雰囲気が好きです
その脚本家の作品ということで
同じものを大いに期待しましたが
ドラマの持つ味わいとは違いました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/11/17 17:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/23 07:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/10 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/03 10:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/22 09:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/03 21:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。