サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~1/28

修正:新規会員30%OFFクーポン(~12/31)

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2018/11/22
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: 平凡社新書
  • ISBN:978-4-582-85897-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

自民党という病

著者 佐高信 著,平野貞夫 著

数々の闇取引や裏工作、そして安倍一強体制の行方。永田町の生き字引的存在である平野貞夫が論客・佐高信を相手に語る政界秘史。自民党の病とは一体何か。

もっと見る

自民党という病

税込 814 7pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 6.1MB
Android EPUB 6.1MB
Win EPUB 6.1MB
Mac EPUB 6.1MB

自民党という病 (平凡社新書)

税込 1,012 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

読むべきは一章のみ

2019/03/16 23:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりくり - この投稿者のレビュー一覧を見る

佐高信という反体制派評論家と元参議院議員平野貞夫の対談。平野は池田勇人の弟分だった衆院議長前尾繁三郎の秘書となり、自民党政治の裏をつぶさに見てきた人物。現在は小沢一郎のブレーンとして知られている。本書では、佐高の質問に答える形で「秘話」を語っている。

本書の最初に平野は安倍政権について、激高する。「憲法の基本原則を散々踏みにじってきた。刑法77条は『国の統治機構を破壊し、憲法の定める統治の基本秩序を壊乱することを目的として暴動をしたもの』は内乱罪に処すとあるが、安倍政権のしていることは憲法を破壊するもの」と平野は2018年内乱予備罪で安倍首相を告発している。
佐高はそのことに興味を持ち、今回のインタビューとなったのか?
しかし、本書の読むべきところは、現政権のおかしさを記述し、どうしたら政権を交代させることができるか示唆した第一章のみだった。

あとは、自民党という病のタイトルどおり、歴代首相や主立った政治家が、どんなに利権と権力を手に入れることに汚い手を使ってきたのかが、連綿と告発される。特に中曽根康弘の部分は犯罪行為さえ示唆される。ロキード事件で児玉誉士夫が証人喚問されると、自らの収賄がばれるから医師に注射を打たせ殺害したというもの。事ほどさように犯罪級のおどろおどろしい自民党の政治家の政体が暴かれる。国鉄分割民営化の真相、郵政民営化や、リクルート事件の核心などが暴かれる。郵政民営化を行った小泉純一郎は、アメリカの要請。リクルート事件はアメリカの対日要求に困ったNTTとアメリカの会社の問が発端と暴露。自民党という病はもう終わらせようという意図があるのだろうが・・・読むうちに政治不信に陥ってしまう。
この病を終わらせるためには、第一章でも示唆されるように、国民が主権者としての投票を行わなければならないのだ。しかし政治家に「うんざり」という感想しか持てない。佐高の意図としたところは「失敗」してるのじゃないかな。

もう一つ期待が裏切られたのは、平野が友人とする小沢一郎は「こわしや」として政党のスクラップビルドを繰り返してきたが、そのことの理由は本書では不明。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。