サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~8/31

新規会員50%OFFクーポン ~8/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 45件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2019/01/18
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-142558-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

水曜日の凱歌(新潮文庫)

著者 乃南アサ

昭和20年8月15日水曜日。戦争が終わったその日は、女たちの戦いが幕を開けた日。世界のすべてが反転してしまった日――。14歳の鈴子は、進駐軍相手の特殊慰安施設で通訳として...

もっと見る

水曜日の凱歌(新潮文庫)

税込 1,034 9pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 6.9MB
Android EPUB 6.9MB
Win EPUB 6.9MB
Mac EPUB 6.9MB

水曜日の凱歌 (新潮文庫)

税込 1,034 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

昭和20年8月15日水曜日。戦争が終わったその日は、女たちの戦いが幕を開けた日。世界のすべてが反転してしまった日――。14歳の鈴子は、進駐軍相手の特殊慰安施設で通訳として働くことになった母とともに各地を転々とする。苦しみながら春を売る女たち。したたかに女の生を生き直す母。変わり果てた姿で再会するお友だち。多感な少女が見つめる、もうひとつの戦後を描いた感動の長編小説。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー45件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

多くの人に読んでほしい

2022/02/17 15:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BB - この投稿者のレビュー一覧を見る

今ではあまり知る人もいない、特殊慰安施設協会(RAA)が題材。主人公の少女が、日本の敗戦に向き合う物語だ。
終戦の日のわずか3日後、当時の内務省は、求められてもいないのに、占領軍向け慰安施設を設けるよう各府県へ指令した。「一般婦女子を守るために同族女性をもって防波堤とする方策」という、いわゆる「性の防波堤論」である。
実際に「女事務員募集」などと集められた女性が米兵らの性処理をさせられたようだ。だが実際、「防波堤」にはならず、何より「防波堤」とされた人のことを考えると胸が苦しくなる。
そんなつらい史実を、小説の形で、決して感情的になることなく、その時代の少女の目を通して淡々と描いている。
文化庁芸術選奨大臣賞も受けた良作。多くの人に読み継がれてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

RAAという組織を初めて知った

2020/09/21 21:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

作品の中に出てくるRAAという組織は日本語で言うと「特殊慰安施設協会」といって、要するに米兵向けの慰安婦の組織で実在の組織らしい。でもそういった組織があったことなんか今まで誰も教えてくれなかった。もちろん、戦時中に日本が南方で従軍慰安婦に売春行為をさせていたことは許されないことだが、米軍だって・・・ということなのだが声高には政治家や官僚は誰も発言してくれない。登場人物の中で、初めから気になっていた母親が芸者をしているおませな勝子ちゃんが不幸になっていくのが耐えられない、彼女に幸せな将来があることを願うばかりだ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

戦後も闘いを強いられる女性たち

2019/01/06 11:21

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukko - この投稿者のレビュー一覧を見る

乃南アサさんと言えばサスペンスというイメージでしたが、
この本は少し毛色が違っていました。
でもそこはやはり乃南さん 読み進めるうちに次々衝撃を受けるのは同じでした。
自分の知識の少なさも手伝って愕然とさせられることが満載。
パンパンやオンリーという単語は一応知っているつもりでしたが
RAAという組織の名前も、どれくらいの女性が集められたかも、
たった7ヶ月で解散したことも・・・ 初めて知りました。

男が勝手に始めた戦争の後始末をなんで女性に押し付けるのか・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

知られざる戦中・戦後の女性たち

2022/07/24 07:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:makiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

女性たちが第二次世界大戦中とその後をどうやって生き延びたかを題材にした小説。会社社長夫人として夫に頼り切っていた母親が5人中4人の子を失って(1人は戦地から帰ってきておらず生死不明の状態)、夫の親友やアメリカ軍の将校の愛人となって、たった1人残った娘を守りつつ逞しく道を切り開いて生きていく様子と、それを目の当たりにする娘の複雑な心境が描かれていました。パンパンと呼ばれる女性がいたことは知っていましたが、国の方針でアメリカ軍の接待をさせるための女性を集めて奉仕させていたとは知りませんでした。読んでいて楽しくはないですが、私たち戦争を知らない世代の人間は一読しておくべき本だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/01/15 09:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/03/26 15:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/17 15:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/30 05:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/04/12 10:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/01 23:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/26 06:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/01/09 11:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/25 14:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/15 17:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/26 12:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。