サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

★OP 最大40%OFFクーポン (クーポン祭り)

修正:新規会員30%OFFクーポン(0601-30)

2020年「習近平」の終焉
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2019/03/01
  • 出版社: 悟空出版
  • ISBN:978-4-908117-57-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

2020年「習近平」の終焉

著者 日高義樹

トランプ大統領登場前のアメリカの指導者たちは、「中国とはできるかぎり対決を避けたい」という政策をとってきた。だが、トランプは違う。「中国は紛れもなく共産主義国家で、このま...

もっと見る

2020年「習近平」の終焉

税込 1,404 13pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.7MB 無制限
Android EPUB 6.7MB 無制限
Win EPUB 6.7MB 無制限
Mac EPUB 6.7MB 無制限

2020年「習近平」の終焉 アメリカは中国を本気で潰す

税込 1,620 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

トランプ大統領登場前のアメリカの指導者たちは、「中国とはできるかぎり対決を避けたい」という政策をとってきた。だが、トランプは違う。「中国は紛れもなく共産主義国家で、このまま力を持たせておけば世界を共産化する悪魔の国である」と考えている。昨年より長期化している米中貿易戦争では、関税引き上げで中国を財政的に追い詰め、共産主義体制そのものである国営企業を押し潰すことを狙う。さらに、抑止力を劇的に強化して中国を軍事的にも封じ込め、覇権拡大を阻止。その先にトランプが見据えていることとは――。著者ならではの「ワシントン情報」で明かされた、アメリカの対中国最新戦略。

目次

  • 第一章 アメリカの核戦略を現地に見る
  • 第二章 アメリカは太平洋を取り戻した
  • 第三章 中国を軍事的に封じ込める
  • 第四章 中国崩壊はすでに始まっている
  • 第五章 中国経済は完全に行き詰まった
  • 第六章 日中経済圏構想は日本経済を亡ぼす

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

あまりにもお粗末な反中国論!

2019/06/15 18:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄河 - この投稿者のレビュー一覧を見る

憶測と伝聞による中国論。(アメリカ軍関係にはかなりたくさんの実践経験がありそうですが)

作中文章から、”「アメリカの核兵器で一億人の中国人が殺されても、まだ10億人いる」 毛沢東がこう言ったと伝えられているが、中国の指導者は国民をどれほど殺しても、あるいは犠牲にしても、まったく痛痒を感じないのである。”(P34)

毛沢東が言ったという根拠原典も示さない虚言としか言いようがない。毛沢東が死去した1970年代はまだ中国の総人口は10億人にも達していなかった。もう少し根拠ある資料をベースに論を展開してほしい。

それから”資本主義を無視した経済政策”(P229)
”資本主義のルールに反する”(P235)
”まともな資本主義を守ろうとする”(P236)

資本主義を社会主義(あるいは共産主義)に対抗して正当化するにはもう少し資本主義とは何なのかを勉強なさったほうがいいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

政治・行政 ランキング

政治・行政のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。