サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~10/29

【講談社連載】honto×講談社 マンガ連載

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
コミック

電子書籍

白妖の娘 4

著者 木原敏江

白妖の呪により旱魃に悩む京。内大臣に雨乞いを命じられた阿倍泰親は弟子の直を助手に選び、摂政は玉藻(十鴇)に祭祀を託した。雨乞い対決の結果は!? そして、敵対しながらも想い...

もっと見る

白妖の娘 4

税込 440 4pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 52.8MB 無制限
Android EPUB 52.8MB 無制限
Win EPUB 52.8MB 無制限
Mac EPUB 52.8MB 無制限

白妖の娘 4 (PRINCESS COMICS)

税込 499 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

白妖の呪により旱魃に悩む京。内大臣に雨乞いを命じられた阿倍泰親は弟子の直を助手に選び、摂政は玉藻(十鴇)に祭祀を託した。雨乞い対決の結果は!? そして、敵対しながらも想い合う直と十鴇に、ついに運命の刻が……!! 木原敏江版「玉藻の前」の物語、感涙の完結巻!!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

わかってはいても、泣いてしまう。

2019/04/20 04:27

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

『白妖の娘』、作者のお言葉通りに4巻が最終巻。
序盤の基本設定に多めにページを使ったせいか、途中がいささか駆け足にも思えましたが・・・それもまた終幕を丁寧に語るため。
流れとしては「いつもの木原敏江節」の範疇なのですが・・・そこにずっとやられてしまっている私はまたしてもやられました。
殺生石のことまで出てくるとは・・・で、またやられました。
<『玉藻の前』、新解釈>ですものね。
主な登場人物たちはまっすぐな気質なのに、それを歪まされてしまうほどの悲劇があり、いろいろ知ったうえでそれでも失われないまっすぐさもある。それにひかれて寄ってくる人もまた、まっすぐだ。
その真摯さに、胸打たれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さすがのラスト

2019/10/04 22:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K - この投稿者のレビュー一覧を見る

木原敏江先生のラストは悲劇、救い、せつなさがあるんです。
今回もそうでした。
直をはねつけ、日妖を選んだトトキ。
一度トトキは直と話しをするため最後に出てきました。
恋人達の後ろには、血を吐きながらもう一人は耐えられないと出てきた日妖。
トトキは最初契約を交わした時から決めていたのでしょう。
最後まで日妖といる事を。
キツネの姿でボロボロになっても今までで一番幸せと笑ってトトキと行く日妖。
罪のない人も殺した地獄行き。。
しかし日妖をあそこまで追い詰めたのは人間です。
最期は二人とも幸せそうに死んでいった。
私は人間である自分が、そう望んだ訳ではなくとも人間は動物と自然界をライン引きしている世界になってる。人間も同じ動物で自然界の者なのに。その事を訴えても平気な人、残酷だから聞きたくないと言う人。
この世の中ますます狂ってますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

切ない

2019/04/18 20:51

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pope - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレあり。
白妖と九尾はどっちがどっち?ってなったけど、最後の展開は泣けます。
玉藻の前は純粋な悪女で憎めないわ。
織草の最後は気の毒。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。