サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~5/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 147件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

アリス殺し

著者 小林泰三

栗栖川亜理はここ最近、不思議の国に迷い込んだアリスの夢ばかり見ている。ある日、ハンプティ・ダンプティが墜落死する夢を見た後、亜理が大学に行くと、玉子という綽名の博士研究員...

もっと見る

アリス殺し

税込 693 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 6.0MB
Android EPUB 6.0MB
Win EPUB 6.0MB
Mac EPUB 6.0MB

アリス殺し (創元推理文庫)

税込 814 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

栗栖川亜理はここ最近、不思議の国に迷い込んだアリスの夢ばかり見ている。ある日、ハンプティ・ダンプティが墜落死する夢を見た後、亜理が大学に行くと、玉子という綽名の博士研究員が校舎の屋上から転落して死亡していた。グリフォンが生牡蠣を喉に詰まらせて窒息死した夢の後には、牡蠣を食べた教授が急死する。夢の世界の死と現実の死は繁がっているらしい。不思議の国で事件を調べる三月兎と帽子屋によって容疑者に名指しされたアリス。亜理は同じ夢を見ているとわかった同学年の井森とともに冤罪を晴らすため真犯人捜しに奔走するが……邪悪なメルヘンが彩る驚愕の本格ミステリ。/解説=澤村伊智

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー147件

みんなの評価3.7

評価内訳

電子書籍

最高級の本格ミステリ!

2020/11/30 23:37

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なのはな - この投稿者のレビュー一覧を見る

不思議の国のアリスを知らなくで楽しめるアリスミステリ。現実世界とアバターたちが繰り広げる世界の両面が描かれますが、そこには恐るべきトリックが隠されていました。描写はグロテスクで、会話もウイットが効きまくっていて、普通のミステリとはまるで異なる感覚だと思います。しかし、この特殊条件の中で、ダイナミックな本格ミステリを成立させている点はまさに奇跡と言えるでしょう。
タイトルも含めた大仕掛け、是非多くの人に堪能して欲しい作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不思議の国テーマの作品の中でも異色

2020/04/19 14:23

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鯰江 - この投稿者のレビュー一覧を見る

不思議の国のアリスをテーマにしていることもあり、奇想天外な展開が多いですが、文章が読みやすく丁寧なので置いていかれることなくさらさら読めました。
序盤に分からなかったところもきちんと伏線として最後に全て回収されるので、読後感も非常に良いです。
ただ、ネタバレになるので詳しくは書きませんが、終盤にグロシーンがあるので苦手な方は注意。本筋にほとんど影響ないのに描写がしっかりしていて長いので、人によっては読み飛ばした方が良いかも。
しかし物語としての完成度が高く結末の意外性も良かったので星5としました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もう一度、読み返したくなる

2020/04/18 18:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シロクマ - この投稿者のレビュー一覧を見る

私の好みにドストライクでした。
童話特有の、少し不気味とも言える雰囲気がお好きならぜひ読んでみてください。
少しグロテスクなので、苦手な人は注意です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

発想に脱帽

2021/01/10 16:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

現実の世界と不思議の国の世界を行き来しながら、殺人事件を解決するというストーリー。不思議の国の登場人物は、現実の世界の人とパラレルの関係にあるアーヴァタールとして登場。不思議の国の誰が、現実の世界では誰に当たるか他人にはわからないし、不思議の国で死ねば、現実の世界で本人も死ぬという関係性が、ストーリーをすごく面白くしています。この発想と試みは読む価値あり!と思いました。残念だったのは、不思議の国の世界の登場人物のイメージが掴みにくかったところ。このストーリーの発想力に脱帽です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不思議の国のアリスを知っていたら楽しめる

2020/10/27 10:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みるちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

元ネタのストーリーの不条理さをそのままでした。いらいらする会話のやりとりが世界観そのままです。謎がたくさんで、小林泰三特有のグロい描写は読んでいて気持ち悪くなりますが、それ以外は面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

風変わりなミステリー

2020/08/23 16:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふじこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

夢と現実が交錯する独特なミステリー。『不思議の国のアリス』の世界同様サイケデリックという言葉が思い浮かびます。
会話文主体で進行するのも珍しく読み始めは戸惑いましたが、世界観に慣れてくると悪くない感じです。
アリス好き、ファンタジーとホラーのテイストが苦手でない、ミステリーが好き、にあてはまる方にはおすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

設定の妙

2020/07/22 18:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kissho - この投稿者のレビュー一覧を見る

非現実を設定し、そのルールの中で読者を騙すという作品は多数ありますが、本作もその一つ。現実の世界と夢の世界をリンクする設定。この設定自体魅力的ですが、どういう部分で騙すのだろうと読み進めていきましたが、なるほど、その部分で引っ掛けてきましたか。犯人が明らかになった時点でも未だ結構なページ数が残っているので、もう一捻りあるなとは思ってましたが、更に引っ掛けられました。面白かったです。ただ、あの人物についての説明がほとんどないのが多少不満。ちょっと唐突感もあり、もう少し説明が欲しかった気がします。加えて、死刑場面はちょっと蛇足気味(童話ベースとは言え、はしゃぎすぎ?)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ラストの意外性は良かった

2020/03/13 18:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:AI - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレになるから書きませんが、読者の先入観を逆手に取ってどんでん返しをしたラストはなかなか良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もう、ホントにうざい!!!

2021/08/27 14:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukiちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルと、表紙絵に惹かれて購入。
しかし、登場人物の会話の、あまりの下らない応酬が、もううざいのなんの!
途中で、読んでる本を投げつけようと、何べん頭上に差し上げたことか。
気の短い人は、この本読まない方がいいですよ。

「不思議のアリス」をモチーフにした小説。映画、アニメなど、世の中には掃いて捨てるほどありますが、この本はその中でも特異な部類に入ると思います。
まず、「あちらの世界」の登場人物は本家盗りでいいとして、「こちらの世界」の(どっちがどっちのアーヴァタールか知りませんが)登場人物が、まあ間抜け揃い。

いや、どっちもどっちなのですが、殺人事件が起こっているのに、どちらの世界もなぜか牧歌的な毎日が続きます。それしかないんだろうけど、「???」です。

小林泰三の言葉遊びは、とにかくうざいです。同じ遣り取りは3回目までは許すけど、4回目からはもう死刑確定。
それが小説の最初から最後まで、延々と繰り返され、垂れ流されて、読む方としては忍耐の限界を試されている気分。

それでも、これだけの感想文を書かせるってことは、きっと何かの魅力があるんでしょうね。それが分かるまで、このシリーズ読み続けようと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やられた

2019/10/22 18:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

機銃掃射の如く続く言葉遊びに気がそれている間に物語が進行している。現実と夢の境界がだんだん曖昧になり始め最後は…ミステリーとして謎を追いかけつつ、ホラー的な残虐シーンに辟易し、それでも最後の種明かしまで勢いで読みきれた。最後のシーンはちょっと食傷気味にはなったが、なんだろう?面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ワンダーランド

2019/09/08 08:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:モフモフモフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリ的には仕掛けも非常に面白いし、不思議の国でのユーモラスな会話も楽しいので、本来ならもっと高評価なのだが……ホラーが苦手というのを再認識することになった。
えぐいシーンが読んでいて非常につらい。
しかし、これは単に得意不得意の問題なので、残酷描写に耐性がある人には間違いなくおススメのSFミステリだろう。ぐいぐいと作品の世界に引きこまれること請け合いだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/02/11 19:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/19 00:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/10/22 20:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/23 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。