サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

夢見る帝国図書館(文春e-book)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 71件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2019/05/16
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春e-book
  • ISBN:978-4-16-391020-8
一般書

電子書籍

夢見る帝国図書館

著者 中島京子

私が年の離れた友人から依頼されたのは「図書館が主人公の小説」だった。本に学び、本を守り、本を愛した人々の物語。文章修業をしている「わたし」は上野図書館に並々ならぬ愛着を抱...

もっと見る

夢見る帝国図書館

税込 1,629 14pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.7MB 無制限
Android EPUB 8.7MB 無制限
Win EPUB 8.7MB 無制限
Mac EPUB 8.7MB 無制限

夢見る帝国図書館

税込 2,035 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

私が年の離れた友人から依頼されたのは「図書館が主人公の小説」だった。
本に学び、本を守り、本を愛した人々の物語。

文章修業をしている「わたし」は上野図書館に並々ならぬ愛着を抱く喜和子さんに出会い、年齢差を超えた友情を築いてゆく。
喜和子さんは「図書館そのものを主人公にした小説を書いてよ」と持ちかけるが、多忙になったわたしは書けないままに喜和子さんとも疎遠になってしまう。

久しぶりに再会した喜和子さんは老人ホームに居た。
友情が復活するも、喜和子さんは病気で亡くなり、娘だという女性は冷たくてとりつくしまもない。

わたしは、喜和子さんが生前に「もう一度読みたい」と言っていた本のタイトル『としょかんのこじ』を手がかりに、喜和子さんの半生、そして彼女が愛した図書館の歴史を辿り始める……。

わたしと喜和子さんの物語と、夢とも現ともつかない図書館が主人公の小説が、折重なり、近代化する日本で人々がいかに「図書館」を愛してきたかが浮かび上がる。

本を愛するすべての人の胸を熱くする図書館小説です!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー71件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

明治に誕生した図書館と、江戸時代から続く上野の町と、昭和生まれの女性ふたりの歩みを綴った傑作小説

2019/06/27 11:26

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

図書館が舞台ではなく図書館が主人公の小説です。舞台は上野、かつての帝国図書館を辿る「今昔物語」。図書館が主人公の小説を書いてとねだる喜和子さんと作家の私。喜和子さんを取り巻く人々との温度のある交流が心地よい。文豪、戦争、そして市井の人々の生涯を見つめてきた図書館が愛しくなる。喜和子さんという魅力的で強い女性が、なぜ図書館を心の拠り所にしたのか考えると勇気が湧いてきます。文豪逸話がたくさん出ていて面白い。児童文学読みとしては、『かわいそうなぞう』へのカウンターになっている面も見逃せません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

図書館の物語

2019/05/05 07:55

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おどおどさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

本に囲まれてうらやましい!などと思っていたが、何も読書している訳ではなく、色々大変な事も多いだろう。この本を読むと図書館での過ごし方を考えるかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

国立国会図書館

2019/07/18 15:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

老女の記憶か創作か。戦中に幼少期を過ごした女性と関わった人々が、当時の時代背景と事情と共に女性の過去に思いを寄せる心温まる書。ドラマ化または映画化希望。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

図書館で会おう

2019/07/06 19:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

小説家の女性と老女の不思議な出会いから始まるお話。
老女の幼少期をたどりながら帝国図書館の歴史を紐解いていきます。
戦後の混乱期を精一杯生きてた人たちの話が興味深い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/07/27 16:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/23 22:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/10 13:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/29 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/04 01:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/03 12:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/06 19:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/18 14:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/22 13:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/09/05 11:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/09/01 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。