サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

★OP 最大40%OFFクーポン (クーポン祭り)

修正:新規会員30%OFFクーポン(0601-30)

百花(文春e-book)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2019/05/16
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春e-book
  • ISBN:978-4-16-391003-1
一般書

電子書籍

百花

著者 川村元気

「あなたは誰?」息子を忘れていく母と、母との思い出を蘇らせていく息子。ふたりにとって忘れることのできない“事件”とは? 現代に新たな光を投げかける、愛と記憶の物語。大晦日...

もっと見る

百花

税込 1,300 12pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.6MB 無制限
Android EPUB 6.6MB 無制限
Win EPUB 6.6MB 無制限
Mac EPUB 6.6MB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「あなたは誰?」
息子を忘れていく母と、母との思い出を蘇らせていく息子。
ふたりにとって忘れることのできない“事件”とは? 現代に新たな光を投げかける、愛と記憶の物語。

大晦日、実家に帰ると母がいなかった。
息子の泉は、夜の公園でブランコに乗った母・百合子を見つける。
それは母が息子を忘れていく日々の始まりだった。

認知症と診断され、徐々に息子を忘れていく母を介護しながら、泉は母との思い出を蘇らせていく。
ふたりで生きてきた親子には、どうしても忘れることができない出来事があった。

母の記憶が失われていくなかで、泉は思い出す。あのとき「一度、母を失った」ことを。
泉は封印されていた過去に、手をのばす。

現代において、失われていくもの、残り続けるものとは何か。『世界から猫が消えたなら』『億男』『四月になれば彼女は』の著者、待望の最新刊!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

人間の個性とか創造性って、何を知っているか覚えているかより、何を忘れているか、何が欠けているかにかかっているのではないか

2019/06/13 20:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

140万部のミリオンセラー『世界から猫が消えたなら』では死を、『億男』ではお金、『四月になれば彼女は』では恋愛について描いた著者の、第4作目のテーマは"記憶"です。認知症の母と息子の物語。「あなたはきっと忘れるわ。みんないろいろなことを忘れていくのよ。だけどそれでいいと私は思う」、「認知症と診断され徐々に息子を忘れていく母と、母との思い出を蘇らせていく息子。二人には忘れることのできない事件があった」、「半分の花火」、「色や形は忘れても、誰と一緒に見て、どんな気持ちになったのかは思い出として残る」…『百花』は人間である。体温と人格をもった生き物である。失われていく記憶と次第に蘇る思い出の交錯が美しくも残酷で胸を激しく引き裂かれる。肉体は滅びても誰かの心に残る虚像と実像がその人を形作るのだ。読んだものの誰もが自分も「百花」の一人であると感じるはずだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

考えたくない

2019/05/05 07:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おどおどさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

しかし、いつかこういう時がきてしまうかもしれないと思う年代になってしまった。
自分ならどうするだろうと思いながら読むのもいいが、辛すぎるかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今この時を大切に

2019/06/16 21:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:愛希穂 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を読んでいると、父とのことをあれこれと思い返しました。

「現代において、
 失われていくもの、
 残り続けるものとは何か。
 すべてを忘れていく母が
 思い出させて
 くれたことは何か。」

 そう本の帯には書かれています。
 認知症が進み、息子のことも忘れていく母親。でも、全部忘れたわけじゃない。幼子のようになってしまったように見えても、何を言っているのか分からないときがあっても、突き放すんじゃない。

 この本を読んで思ったのは、その時、その時に生きるのに必要なことは思い出す、蘇るっていうこと。

 生かされている今を、関わり合える時を大切にしたいし、楽しみたいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/06/16 20:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/05 14:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/04 16:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/16 23:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/05/25 01:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。