サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~4/30

修正:新規会員30%OFFクーポン(~4/30)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 販売開始日:2019/06/14
  • 出版社: 小学館
  • ISBN:978-4-09-726848-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

字のないはがき

著者 向田邦子(原作),角田光代(文),西加奈子(絵)

人気2大作家共演! 感動の名作を絵本化。【教科書にも載っている実話を絵本化!】このお話は・・・脚本家、エッセイスト、直木賞作家である故・向田邦子の作品の中でもとりわけ愛さ...

もっと見る

字のないはがき

税込 1,485 13pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 28.0MB
Android EPUB 28.0MB
Win EPUB 28.0MB
Mac EPUB 28.0MB

字のないはがき

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人気2大作家共演! 感動の名作を絵本化。

【教科書にも載っている実話を絵本化!】
このお話は・・・
脚本家、エッセイスト、直木賞作家である
故・向田邦子の作品の中でもとりわけ愛され続ける
名作「字のない葉書」(『眠る盃』所収、1979年講談社)が原作。


戦争中の、向田さん一家のちいさな妹と、
いつも怖いお父さんのエピソードを綴った感動の実話です。
向田邦子さんのちいさな妹・和子さんが主人公。
ぜひお子さまと語り合って欲しい作品です。


【あらすじ】
戦争時代、ちいさな妹が疎開するとき、
お父さんはちいさな妹に、
「元気なときは大きな○を書くように」と、
たくさんのはがきを渡しました。
しかし、大きな○がついたはがきは、
すぐに小さな○になり、やがて×になり・・・。


【直木賞作家2人の夢の共演!】
当代人気作家の角田光代と西加奈子の最強コンビで
美しい絵本によみがえりました。

大の向田ファンで知られる角田光代の渾身の描写と
西加奈子の大胆な構図と色彩をぜひ堪能してください。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

現代の小学生にも寄り添える

2019/06/16 15:34

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

向田邦子の名エッセイが、ついに絵本になった。
「字のない葉書」は、原作のエッセイそのものを、平和教育の教材に出来ないかなあと、考えていました。
でも、ちょっと小学生にはなじみにくいかな、と思っていました。
それが絵本になったらなんとかなるのではないか、と手に取ると、なんと……角田光代がリライトして、西加奈子が絵をつけてる!
これは現代の小学生にも寄り添える内容になっているだろう、と思って読むと、期待通りでした。
読後は、かわいそうだったね、家族の絆は大事だね、で終わるのではなく、そんな小さな子をかわいそうな目に遭わせたのはだれなのか、家族の絆を壊したり利用しようとしたのはだれなのか、というのをしっかり考えないと、この絵本の意味はなくなります。
大人が読んで感動して、子どもにもしっかり感じさせて考えさせたい絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こんな贅沢、あっていいのだろうか

2019/07/07 09:12

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

第161回直木賞の候補作が先日発表されました。
 候補になった6作品全部が女性作家によるもので、これは芥川賞も含めて史上初ということで大きな話題となりました。
 熱き女の戦いを制するのは誰か、発表は7月17日。
 といっても、女性作家の活躍は近年目を見張るものがあって、候補がすべて女性作家になってもあまり違和感がありません。
そんな中、手にしたこの絵本の、なんとも贅沢な顔合わせに、ちょっと震えました。
 原作が『花の名前』などの短編連作で第83回直木賞を受賞した向田邦子さん、それをもとに文を書いたのが『対岸の彼女』で第132回直木賞を受賞した角田光代さん、そして絵を描いたのが『サラバ!』で第152回直木賞を受賞した西加奈子さん。
 こんなごちそう、あまりない。

 この絵本の原作は向田邦子さんの短いエッセイで、『眠る盃』に所収されています。
 中学生の高校の教科書にも採用されていて、読んだ子どもたちもいるかと思います。
 戦時中の家族の姿、特に向田さんが愛してやまなかった父親の姿が見事に描かれたエッセイです。
 戦争で疎開をやむなくされた幼い妹、その妹に父は自宅の住所を書いたたくさんのはがきを持たせます。
 そのはがきに元気な日はまるをつけておくりなさい、と父を言って幼い妹を疎開先に送り出します。
 最初は大きなまるを書いて届いたはがきは、やがて小さなまるになり、ついにはばつになってしまいます。
 疎開先でつらいめにあった妹が家に帰ってくることになった日の、父の姿を描いて(西さんの絵は父の足や下駄の様子でそんな父の愛情をうまく表現しています)感動の、絵本に仕上がっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

字のないはがき

2020/08/14 14:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earosmith - この投稿者のレビュー一覧を見る

字のない葉書を初めて読んだのは11,2歳の時でした。お父さんの心情よりも妹さんは寂しかっただろうな、という印象が強かったのですが、何十年後に読むとお父さんが号泣する姿に涙がこぼれます。是非、多くのお子さんたちが読んで、大きくなったらエッセイでも読んで欲しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

戦争時代の疎開が舞台

2019/10/01 19:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ルカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦争時代の疎開の話。
当たり前のように一緒にいる家族をないがしろにしていませんか?
普通に暮らせるのは、本当は有難いことなんですよね。
そんな事を再確認させてくれる絵本でした。 向田邦子・原作、角田光代・文、西加奈子・絵。
贅沢な布陣の絵本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

はがき

2019/09/18 06:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なま - この投稿者のレビュー一覧を見る

小さな妹が、疎開先から帰ってきました。どうしてかというと、小さな妹は病気になってしまったので、お母さんが迎えに行ったのでした。帰ってきた妹の姿を見て、ひごろは泣くことのないお父さんが泣いてしまいます。切ない話でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

戦争とはこういうものなのだ、直球で伝える絵本

2019/07/08 08:58

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

昭和をしみじみ感じさせてくれるエッセイスト向田邦子さん原作の『字のない葉書』が絵本になりました。


それだけでも、おおお!と思うのに、
文が小説家の角田光代さん、
絵も小説家の西加奈子さん!!!!

ええ、この3人のコラボなんて、すてきすぎる!

表紙のたんぽぽは、小さな妹を象徴しているそうです。

戦時中の、向田さん家族の思い出を、一番下の妹さんが疎開したエピソードを中心に綴ったエッセイが原作です。

戦争とはこういうものなのだ、
角田光代さんの文でわかりやすく、
西加奈子さんの絵で力強く、
ズドンと直球で伝える絵本です。

この夏、親子で読みたい一冊ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読了

2020/05/10 21:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ムギ - この投稿者のレビュー一覧を見る

国語の授業で読み、今も強烈に覚えている。教科書には、文字しかないが、大人になって絵と一緒に読み返すとまた違った感情になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

悲しい

2019/09/01 12:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

やはり戦時中の話は、悲しい気持ちになりますが、子供にもしっかりと読んでもらいたい、作品だなと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

はがき

2019/07/09 08:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

元気な日には歯が気に丸を書いて出しなさい。父親の子供への深い愛情を感じ涙が出ました。学校でも読んでほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/06/20 22:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/04 19:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/03 12:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/08 16:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/28 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/21 12:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。