サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~7/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

いまさら翼といわれても(角川文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2019/06/14
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • ISBN:978-4-04-108164-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

いまさら翼といわれても

著者 著者:米澤 穂信

「ちーちゃんの行きそうなところ、知らない?」夏休み初日、折木奉太郎にかかってきた〈古典部〉部員・伊原摩耶花からの電話。合唱祭の本番を前に、ソロパートを任されている千反田え...

もっと見る

いまさら翼といわれても

税込 734 6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.6MB 無制限
Android EPUB 4.6MB 無制限
Win EPUB 4.6MB 無制限
Mac EPUB 4.6MB 無制限

いまさら翼といわれても (角川文庫 <古典部>シリーズ)

税込 734 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「ちーちゃんの行きそうなところ、知らない?」夏休み初日、折木奉太郎にかかってきた〈古典部〉部員・伊原摩耶花からの電話。合唱祭の本番を前に、ソロパートを任されている千反田えるが姿を消したと言う。千反田は今、どんな思いでどこにいるのか――会場に駆けつけた奉太郎は推理を開始する。千反田の知られざる苦悩が垣間見える表題作ほか、〈古典部〉メンバーの過去と未来が垣間見える、瑞々しくもビターな全6篇。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (14件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

色々な部分を繋ぐ短編集。 なかなか興味深い内容でした。

2019/07/09 23:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:氷狼 - この投稿者のレビュー一覧を見る

二年半前に単行本を購入し、今また文庫版を購入し、文庫版の方を読了。
単行本は重くて携帯には向かなかった...

閑話休題。
奉太郎たちのあれこれを繋ぐ短編集。
生徒会選挙の話から始まり、タイトルのいまさら翼といわれてもで終わり。
あとがきから言わせれば、焼きそばから冷し中華で終わるとも言える?

今まで謎だった、摩耶花嬢が奉太郎を嫌っていた理由や、奉太郎の省エネ主義の理由。
摩耶花嬢と漫画研究会のその後などが綴られています。
なかなか興味深い内容でした。

そして、最後のタイトルは...
いまさら、ですか。 確かに。
しかし、それはそれで良いのかもしれません。 その後のことは気になりますが、それは次巻、綴られるのでしょうか?

もう二年半。 そろそろ続きを読みたいと思います。 実際、読み終わったのは今現在ですが。
今度はきちんと単行本を読もう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少しビターな味わい

2019/07/06 14:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しゅんじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

古典部の新作は少しビター。無意識の、あるいは無邪気な悪意がそこらに散らばる中で、頑張る若者たち。頑張れ。ともかく先を早く読みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いまさら古典部といわれても

2019/07/10 02:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papakuro - この投稿者のレビュー一覧を見る

古典部シリーズ6冊目の短編集。
作者はあとがきで「いつかは書かなければならなかったもの」としていますが、個人的には学園祭がらみの3部作で完結でよかったんじゃないと思っている。
一応、メンバーが2年に進級しての話なのだろうけれど、「今日は1年生は来ていない」と書かれているところもあり、前作「ふたりの距離の概算」とは時間が前後するか。
この刊の特徴としては、いつものように奉太郎が結論を導き出すのではなく、摩耶花(自分だったら何でこんな書くのがめんどくさい名前にしたのよと親を恨むな)が活躍するストーリーがいくつかある。といっても摩耶花は自ら謎を解くというより、関係者から回答を聞き出すという役回り。それにしても、犯人が顛末を述べるというのは推理ものとして有りなんでしょうか。
謎解きをしたところで、「後は探偵の仕事ではない」とばかりに話が終わってしまうのが、読者としてはもどかしいところ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

単行本を買ってたけど、文庫本も出たので

2019/06/27 23:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけとり - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後まで読むとGロボの「今更それはないじゃないですか、父さん〜ッ!」状態になるので、タイトルがしっくりくるという。短編集だけど、結構人のドロドロとした感情が出てくる話が多いかな。「鏡には映らない」と「伝説の一冊」は特にそうだと思う。「鏡〜」は真相がわかると「ざまぁ」ってなるけど、もしこの悪意に気付かなかったどうなっていたんだろうっていう恐怖の方が強い。「伝説の一冊」は、二次なり一次なり自分で同人誌を作ったり作品を完成させてUPしている人には刺さる所がある…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いまさらなんて言わないで

2019/06/20 04:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄金仮面 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『氷菓』と出会ったあの頃を思い出して、ちょっと一言では言い表せない感触がある。毎度毎度タイトルが秀逸。今までのシリーズで気になるところに対して見事に応えているというか。この1冊は小説やアニメを追いかけたものにとってはたまらない、宝物です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/07/20 02:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/29 08:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/17 20:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/12 12:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/04 12:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/29 08:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/27 07:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/28 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/18 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/26 20:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。