サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~4/30

修正:新規会員30%OFFクーポン(~4/30)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 307件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2019/08/02
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-465402-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ノースライト

著者 横山秀夫

一級建築士の青瀬は、信濃追分に向かっていた。たっての希望で設計した新築の家。しかし、越してきたはずの家族の姿はなく、ただ一脚の古い椅子だけが浅間山を望むように残されていた...

もっと見る

ノースライト

税込 1,980 18pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 5.0MB
Android EPUB 5.0MB
Win EPUB 5.0MB
Mac EPUB 5.0MB

ノースライト

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一級建築士の青瀬は、信濃追分に向かっていた。たっての希望で設計した新築の家。しかし、越してきたはずの家族の姿はなく、ただ一脚の古い椅子だけが浅間山を望むように残されていた。一家はどこへ消えたのか? 伝説の建築家タウトと椅子の関係は? 事務所の命運を懸けたコンペの成り行きは? 待望の新作長編ミステリー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー307件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

ノースライトが降り注ぐ家は、家族の幸せにつながったのか?ミステリーを背景に、家族への愛に苦悩する男の物語が展開する

2019/04/22 16:57

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:juzen - この投稿者のレビュー一覧を見る

設計士青瀬稔は施主Y氏から「あなたの住みたい家を建てて下さい」という奇妙な依頼を受けた。そして信濃追分に幼少期の記憶にあった“北からの光「ノースライト」”を基本にしつつ、別れた妻が望んだはずの木造の家を完成させた。題名の「ノースライト」とは、主人公青瀬の幼少期、ダム建設の父親と住んでいた飯場のコンクリート造りの家に由来する。それは北からの光が部屋をやさしく包み込むような家だったと、青瀬は述懐する。しかしバブル期以降、得意としてきたコンクリートとガラスと鉄の建物から脱却するきっかけにしたかったはずである。物語はこの信濃追分のY邸から施主一家が忽然と姿を消し、その行方を追うミステリーをバックボーンにして進行する。青瀬は実質共同経営となる設計事務所で働き、やはり家庭崩壊の事情を抱える所長・岡嶋とともに、かつてパリで活躍した画家の生地における「藤宮春子メモワール」建設のコンペに向かって突き進む。ミステリーのもう一つの鍵は信濃追分のY氏邸に残されていた1脚の椅子だった。この椅子の作者で昭和初期に招聘されたドイツ人建築家ブルーノ・タウトを軸に、主人公青瀬稔とY氏とのつながりがラストにおいて明らかになる。作家が描きたかったのは、おそらくは家族の幸せであり、青瀬と岡嶋とY氏の3人が同じく崩壊した自らの家庭の再生と妻や子供たちへの愛情の注ぎ方への苦悩だったのだろう。家とは言うまでもなく家族を育む入れ物であり、その延長線上に最後に造られるはずのものであり、そこには夫として父としての悔恨の想いも伝わってくる。最終場面で青瀬の亡父の事故死がブルーノ・タウトを介してY氏の亡父との驚くべき接点が明らかとなり、Y氏が姿を消した理由が明らかにされるに至り、さらに驚きは広がる。青瀬の離れて暮らす娘への愛惜の情は深まる。一方、病室から転落死する岡嶋の遺児へ「尊敬すべき父親像」を何とか残してやりたいと奮闘する青瀬の友情など、この作品は建築設計の世界を題材にしてはいるものの、「家族とは何か? 崩れつつある家族の再生は可能なのか?」という命題を突きつけている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なんて美しい謎。人間の弱さ強さに触れ 人として大切なものを受け取った。たくさんの方に読んで頂きたい作品。

2019/02/27 14:05

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

1級建築士が主人公。新築の家に残された「タウトの椅子」の謎を絡めながら、家族の物語を重層的に描いている。主人公の青瀬稔が設計したY邸は建築雑誌にも取り上げられた会心作。だが、引っ越してきたはずの施主一家は1脚の椅子だけを残して消えていた。自身の家族や家への葛藤を抱える青瀬が施主一家の行方を追い、椅子の謎に迫っていく。鍵となる群馬県ゆかりの建築家、ブルーノ・タウトは主人公の合わせ鏡のような存在。所沢、熱海、少林山などの場所が実名で登場し、ダム建設やバブルの時代が象徴的に描かれている。
...感涙。建築家を主人公にした建築家小説であるが、物語の構造は『陰の季節』『動機』などの初期から『64』までの警察小説と同じであり、温かな感動は横山文学の中でも随一。ぜひ読んでほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読後の幸福感が好きです。

2021/04/10 15:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タオミチル - この投稿者のレビュー一覧を見る

『クライマーズハイ』、『64』、『震度0』、『半落ち』...と読んで、硬派な印象を持っていたが、本作を読了後の印象はかなり違う。冒頭から物語が進むにつれて、いつもの「事件」はどこで起こるんだろうと少しドキドキしつつ読み進み、本作のミステリィーの謎は、もっと違うところにあるように思えてくる。そして、読後は、静かに幸福な気分に満たされる。
読むうちに、重要な鍵として、戦中ドイツから亡命し日本の建築に大きな影響を及ぼした建築家ブルーノ・タウトのことが多く描かれるが、まずはそこに興味津々。別途関連図書を紐解きたくなった。そして、エンディングまじかに描かれる、孤高の画家・藤宮春子のメモワール建設のコンペのために奮闘する様は、圧巻。そこに描かれた建築プランどおりのものが現実にあったら是非足を運びたいと本気思ってしまった。もちろん、主人公が設計し、この物語の核となった北向きの採光(ノースライト)を活かしたY邸も実際にあったら見てみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人間と家族の再生の物語

2020/12/22 11:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

建築士青瀬稔に「あなた自身が住みたい家を建てて下さい」という奇妙な依頼がある。バブル崩壊で建築士としての情熱も家族も失っていた青瀬は、この仕事に情熱を傾け、満足出来るノースライトの家が完成する。
家を引き渡した後に、施主の吉野家が住んでいない事が分かり物語は複雑に絡み合う。
ドラマを見ながら読んでいたけど、一人一人の細やかな背景などが理解出来て、ドラマの理解も深まって楽しめて見られた。
ノースライトの窓に広がる風景と淡い光、タウトの椅子の安らかな佇まい。
人々の歴史と思いを感じられろ。
ノンフィクションでなければ書くことが出来ない物語。
読後感もドラマの視聴もなんとも言えない幸せな気持ちに満たされた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2019/09/11 21:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なま - この投稿者のレビュー一覧を見る

北側からの光を取り入れるという発想は、以前はなかったのかなあと思います。この頃の家は、温暖化もあるからでしょうか、窓を小さくしたり、北向きに部屋を作ったりなど様々な工夫がされている気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

建築学科OBも在学中も必読!!

2019/07/08 00:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルの通りです。読み始めはかなり重いのですが、後半以降はぐんぐん進みます。コンペに賭ける建築家達の熱い想いが伝わります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

北からの光

2020/08/30 23:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kochimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

北からの光は安定していて、
穏やかな明るさを
日のある間ずっと届けてくれます。
青瀬のこれからの人生が
そんな穏やかな明るさを湛えたものでありますように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そこまでする?

2020/02/13 12:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

贖罪の思いからとはいえ、吉野氏の行動はちょっと理解できない。そこはマイナスポイント。
最後の弔い合戦には胸が熱くなった。このあたりはさすが横山秀夫!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハマスホイの絵画のような家

2021/01/31 08:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:makiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマ化されたという宣伝を見て原作が気になったので、読みました。ノースライトという題名は、北向きに設けた窓に入ってくる光のこと。ストーリー自体はそんなに驚きがなかったですが、主人公の建てた家の描写がデンマークの画家ハマスホイの絵画のように静かで美しかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

刑事ではないが

2020/09/23 21:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ME - この投稿者のレビュー一覧を見る

警察小説ではないが、主人公は野心に満ちた刑事のような感じ。普通だったら警察に届け出ると思うが、それではそこでオシマイになってしまう。そういう意味ではワンパターンかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2019/03/22 22:29

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クレメル鯰 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「"小説"を読みたい!」という人にはいいかもしれませんが、ミステリを読もうとするとかなり肩透かしを食らう―自分もそうでした―ので、その点に限ればおすすめはできません。
謎や真相も弱く、予想を外すような展開などの意外性もなく、また謎が軸になく人間ドラマが重視されていることを思えば、ミステリをかこうと著者はあまり意識していなかったと思います。
あくまで中心となるのは主人公などの"家族"という形です。なので、家族小説とでも呼べばいいでしょうか。
心情描写などはもちろんよくかけていると思うのですが、個人的には人間ドラマの方もややありがちに思えたので、ミステリが薄いことも含めて残念に感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/12/16 22:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/09/27 06:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/17 18:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/12/18 10:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。