サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~4/30

修正:新規会員30%OFFクーポン(~4/30)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

背徳騎士の深愛

著者 なかゆんきなこ,白崎小夜

――今はまだ、あの男の代わりでいいから……。憧れの騎士と政略結婚をしたレティーシャ。だが彼はレティーシャを抱く気になれないと、初夜の契りを交わさぬまま赴任地に戻ってしまう...

もっと見る

背徳騎士の深愛

税込 748 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 10.5MB
Android EPUB 10.5MB
Win EPUB 10.5MB
Mac EPUB 10.5MB

背徳騎士の深愛 (ソーニャ文庫)

税込 748 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

――今はまだ、あの男の代わりでいいから……。

憧れの騎士と政略結婚をしたレティーシャ。
だが彼はレティーシャを抱く気になれないと、
初夜の契りを交わさぬまま赴任地に戻ってしまう。
夫の無事を祈り、待ち続ける彼女だが、
ある日、彼の部下シーザーに夫の訃報を届けられる。
さらには、夫の愛人を名乗る女とその息子も現れて……。
「俺なら、あなたを悲しませたりしないのに」
傷つき自暴自棄になったレティーシャは、
女としての自分を必要としてくれるシーザーに縋り、
ついには一線を越えてしまい――。

一途な騎士×薄幸の未亡人、逃れられない背徳愛。


【目次】
プロローグ
第一章 嵐の夜に
第二章 夫の裏切り
第三章 愛人と隠し子
第四章 絶望の淵で
第五章 刹那の慰め
第六章 溺れる身体、移りゆく心
第七章 新たな約束を、あなたと
第八章 幽霊の来訪
第九章 決着の時
エピローグ
あとがき

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

面白かった

2020/01/23 22:20

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wakana - この投稿者のレビュー一覧を見る

題名に背徳とはありますが、物語自体は浮気不倫モノにある背徳感やドロドロな泥沼感はなく、不実な夫らに苦しめられたヒロインの再生物語です。ヒロインは健気なよい娘です。
「背徳騎士」の意味は後で明かされますが、それでも夫が予想以上にクズ男なので、ヒーローはちょっと腹黒なだけな正統派ヒーローの位置づけでいいような気がします。カッコいい。あまりソーニャっぽい歪みは感じられなかった気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

闇というより純愛。

2020/12/31 20:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

不幸な結婚をしたヒロインが純愛を捧げるヒーローに、身も心も救い出されるタイプの話です。
悪役(元旦那と愛人)がどこまでもクズで、それ以外の登場人物はヒロイン寄り、かつ大円団で終わるので、読後感がスカツとします。
地の文の心理描写が丁寧で、また絶妙にヒーローとヒロインの視点が入れ替わるので、読んでいて置いてけぼりされる事なく飽きさせません。
ソーニャ度の強い重めの話は辛いけど、ひたすら甘いだけの話を読むのも勘弁…という時にオススメです。

若干、ご都合主義や強引な展開はあります。
また、エロシーンは、二人の気持ちの揺れ動きや変化が強く反映される最初と最後の二回だけで、個人的には十分かな…と思いました。
それにページを割くなら、ヒロインがヒーローを好きになっていくエピソードがもう一つ欲しかった。
愛されている満足感とか、守られている安堵感とかだけではなく、ヒーロー個人の魅力発見的なエピソードが。(もしくは、兎の彫り物エピソードをもう少し膨らませるとか)
ヒーローがどうしてヒロインが好きなのか方面のエピソードは、昔の出来事と今の出来事を上手くからめてて印象的なので、余計にそう思いました。

ヒロインにはこれでもかと不幸要素が降ってきますが、周囲がよく見える(見えすぎる)がゆえに、健気かつ落ち着いて対処し、考え方がひたすらピュアなのでストレスが溜まらず、応援したくなります。
ヒーローは本章のラスト数行に本音の部分が明かされ盲愛的な描写もありますが、行動だけみれば、むしろ純愛だと思います。やり方が騎士というより軍人って感じなだけで。
サブキャラ達もとてもいい味出しています。
老執事や愛人の子供、義父義母や副騎士団長等、皆、限られた描写でキャラがたっていますし、悪役二人も潔い位の悪役だからこそ、気持ちよく楽しめるストーリーだと思います。
(義母は、現実にいたらイラッとくる人ですが、ある意味リアルな人物造形で、この世界観に深みがでていると思います)

この作者さんは、ソーニャ文庫的な暗い心理や重い展開を書くより、キャラクター重視のホームドラマ的な話の方が合っているような気もします。
(そういえば、最後の最後の数行が、昔の韓国ドラマみたいな唐突なまとめ方で、余計にそんな感じがしました)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ネタバレありです。

2019/11/30 14:16

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まかゆら - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレありです。

愛する夫から妹としてしか見てもえず、そうしている内に夫が殉職。
その後、夫の愛人と子供と名乗る人が現れて……という話です。
この愛人。
まさにテンプレのような性悪です。
そして、ヒロインを虐めまくります。
といっても、片や貴族の令嬢であった正妻。
もう片方は娼婦の愛人ですからね。
子供がいようとも、手をあげられるはずもなく、言葉による攻撃ばかりですが、なんとも陰湿です。
そんなヒロインを慰めるのはヒーローであるシーザー
彼はヒロイン夫の部下であり、夫の殉死を知らせに来た人でもあります。
そして、最初からヒロインにベタぼれです。

後に登場するのですが、夫・アーノルドも実にクズでした。
愛人とお似合いとしかいえないほどの、クズっぷり。
こんな男に恋したことはきっと、ヒロインの中の黒歴史になると思う。

ソーニャらしい歪みは最後らへんにちらっと出てくるくらいで、後はどちらかというと純愛な話でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/11/29 21:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/03 01:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/24 10:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。