サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

時間と自己(中公新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

時間と自己 新着

著者 木村敏 著

時間という現象と、私が私自身であるということは、 厳密に一致する。自己や時間を「もの」ではなく「こと」として捉えることによって、西洋的独我論を一気に超えた著者は、時間と個...

もっと見る

時間と自己

税込 726 6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.4MB 無制限
Android EPUB 5.4MB 無制限
Win EPUB 5.4MB 無制限
Mac EPUB 5.4MB 無制限

時間と自己 (中公新書)

税込 726 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

時間という現象と、私が私自身であるということは、 厳密に一致する。自己や時間を「もの」ではなく「こと」として捉えることによって、西洋的独我論を一気に超えた著者は、時間と個我の同時的誕生をあざやかに跡づけ、さらに、ふつうは健全な均衡のもとに蔽われている時間の根源的諸様態を、狂気の中に見てとる。前夜祭的時間、あとの祭的時間、そして永遠の今に生きる祝祭的時間――「生の源泉としての大いなる死」がここに現前する。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

そうなんです

2002/12/13 01:57

7人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鳥居くろーん - この投稿者のレビュー一覧を見る

時間というものは未来から過去へと一方的に流れる。すぎさった過去へは二度と戻ることができないし、また、いまだ来ぬ未来をあらかじめ見ることもできない。

だが、物理学の世界では、時の流れの一方向性に、なんら必然性がないことが証明されているという。過去も、未来も、そしてもちろん現在も、全てはまやかし、そういうことになる。

時間とは、いったい、なんだろうか。

著者は言う。時間という概念は、二つの全く異なった意味を表している、と。ひとつが、時計を見て計れるような「もの」としての時間。もうひとつが「いま、行くよ」という言葉で使うこの「いま」のように、無意識的に人が使っている「こと」としての時間。

本書では、時間の本質をみきわめるにあたって、この「こと」としての時間とは、いったい何だろうか、という問いにスポットが当てられる。著者は、いくつかの精神病をひきあいに出し、その症状を考察することで、「時間」と、それとは切っても切りはなせない「自己」について考え、より深い理解へと、読者を導いていく。


おもしろかった。


「刹那的ないまが一瞬も止まらずに消え失せるのは時間が進行するからだ、と考えるのは錯覚である。時間が未来から過去へと連続的に流れるというわれわれの体験は、むしろいまの豊かなひろがりが、いまからといままでの両方向への極性をもちながら、われわれのもとにとどまっていることから生まれる」。

「いまから」が過去や現在を侵蝕して、自分自身すら未知の存在になってしまうのが「いつも前夜祭」分裂病。「いままで」が現在や未来を侵蝕して、今現在から未来永劫まで取り返しつかなくなっているのが「いつもあとのまつり」うつ病。未来も過去もすっぽ抜けて現在オンリーになってしまうのが「いつも祝祭日」てんかん・躁病。

三つの狂気。

そして狂気は、あなたの中にも住んでいる。祝祭日とは、限定された「生」がひそかに望む自由、すなわち「死」への開放を意味するものに他ならないからだ。……「死」にとっては過去も未来も意味がない。そして同じことが、死のない「生」にもあてはまる。そこには、永遠の現在があるだけだ。それはもう時間とは言えない。


あなたは「生」をのぞむ? それがたとえ時間のない世界でも?

そうか、そうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/29 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/05 00:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/11 23:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/15 17:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/29 21:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/07 21:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/28 15:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/29 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/27 17:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/22 05:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/04 17:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/21 23:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/24 15:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/02 11:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。