サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~3/14

最大40%OFFクーポン ~3/14

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 68件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2019/11/14
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春e-book
  • ISBN:978-4-16-391158-8
一般書

電子書籍

反日種族主義 日韓危機の根源

著者 李栄薫・編著

韓国を震撼させたベストセラー、日本語版がついに登場! 日本支配は朝鮮に差別・抑圧・不平等をもたらした。だが、だからといって、歴史に嘘をつくことはできない。緊迫する日韓関係...

もっと見る

反日種族主義 日韓危機の根源

税込 1,599 14pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 30.7MB
Android EPUB 30.7MB
Win EPUB 30.7MB
Mac EPUB 30.7MB

反日種族主義 日韓危機の根源

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

韓国を震撼させたベストセラー、日本語版がついに登場! 日本支配は朝鮮に差別・抑圧・不平等をもたらした。だが、だからといって、歴史に嘘をつくことはできない。

緊迫する日韓関係の中で、韓国で一冊の本が大きな話題を呼んでいる。
6月の刊行以来、10万部のベストセラーとなっている『反日種族主義』は、元ソウル大教授、現・李承晩学堂校長の李栄薫(イ・ヨンフン)氏が中心となり、現状に危機感をもつ学者やジャーナリストが結集。慰安婦問題、徴用工問題、竹島問題などを実証的な歴史研究に基づいて論証、韓国にはびこる「嘘の歴史」を指摘する。

本書がいわゆる嫌韓本とは一線を画すのは、経済史学などの専門家が一次資料にあたり、自らの良心に従って、事実を検証した結果をまとめたものであるということだ。
その結果、歴史問題の様々な点で、韓国の大勢を占めてきた歴史認識には大きな嘘があったことが明らかにされている。そしてそうした嘘に基づいた教育が何年も積み重ねられた結果、韓国の人々の多くは誤った歴史認識を正しいものと信じ込み、反日に駆られている。
民族主義というより、意見の合わないものを力ずくでも排除する非寛容な「種族主義」が韓国には蔓延しており、それが日韓の関係を危機に陥らせている根源なのである。
本書は大韓民国を愛する学者たちによる、憂国の書だ。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー68件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

韓国の良心的な実証主義歴史学者の論文集

2019/11/16 23:27

29人中、28人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Takeshita - この投稿者のレビュー一覧を見る

韓国で10万部売れたと言う歴史学者達の論文集。特に著者代表の金栄薫の慰安婦に関する論文は、ビルマで慰安所の帳場係だった朝鮮人の日記や他史料を使って慰安婦が性奴隷などではなかったこと、高収入であり故郷に送金したり、借金返済して帰国した者も多数いた事を実証的に明らかにしている。また金泳三時代に日帝が韓国の国土の<気>を奪うためとして山に打った鉄杭を掘り出した事業は、風水占い師の非科学的な発言が基であり、殆どが測量用の標柱だった事が論じられている、こうした韓国特有の思考法は、韓国も北朝鮮も檀君以来の族譜に連なる一族だと言うシャーマン的な世界観に基づいており、それが隣国を極端に嫌う反日感の原因であり、西洋的な国民意識やナショナリズムとは全く違う「種族主義:」とでめ言うべきものだと説いている、大変興味深く、最近では出色の韓国論だと思う。韓国国内にも実証的研究をする良心的な学者もいるし、言論出版の自由もまだある。そこがまだ救いだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

反日の克服ははるか遠い

2020/10/13 23:40

17人中、14人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ワシ - この投稿者のレビュー一覧を見る

邦訳版の出版後、共著者の李宇衍氏が暴漢に襲われたそうです。
幸い大事には至らなかったものの反論があるなら言論で臨むべき、暴力で臨む時点で韓国の底が知れますよ…。

ざっくり本書で物足りない点から挙げてみますと、わが国では近現代史をおざなりにする傾向があり日清・日露戦争~朝鮮併合の時系列をお忘れの方も多いかもしれません。
独特の翻訳なまりや原文に近い表記や慣用句そのままの本文、「親日派」断罪やその政治的背景は我々には馴染みが薄くもう少し注釈やコラム程度でも解説が欲しいところです。
邦訳を急いだのは分かりますが不親切な構成と感じてしまいます。


さて、正確な数値の記録と統計は近代国家の礎です。僕らも日々雑多な資料や書類を書いては直してをしている通りです。
市中の物価から坑夫の賃金から公娼宿の報酬まで日本では記録が残されています(当たり前ですが)。
朝鮮総督府から陸海軍、町役場から警察に鉱山会社の経理まで記録が残されているのに、朝鮮側の記録ではこうだったという反証はありません。
著者らの「数字は嘘をつかないが数値を誤読させ嘘をつく学者」が後を絶たないという指摘にもつながっていきます。
このあたりを突かれると途端に「日本が記録を捏造・改ざんした」と荒唐無稽な話に飛ぶのが韓流とでもいえるでしょうか。

一方で巻末の久保田るり子氏の解説も気になります。
部分引用しますと「(前略)本書は社会現象ともいえる注目を集めベストセラーとなった。それはこの本が、(中略)日韓基本条約、請求権協定を否定する韓国文在寅政権に真っ向から挑む歴史観批判となったからだ。」
文政権に真っ向から挑む歴史観批判、さすがですね。

全体を通読しても編著者・共著者ともまだまだ反日性向に変わりはないのです。
もちろん「文政権の反日は雑で日本に軽く喝破されてしまう」そんな低レベルではない事はお分かり頂けるでしょう。
しかし、まだまだアンチ文政権の側面も強く「反日の否定」とお読みになった方は少し深読みが過ぎるかもしれません。
彼の国では反日は前提であり、それが硬派か軟派か、現時点ではその違いだけのようです。
誠実な史学者も反日の呪縛からは逃れるのは容易ではない、これは恐ろしい話です。

終章で編著者は「百九年前、一度国を失った」と記しています。
それ以前に国と呼べる体があったかは大いに疑問で夢見がちな印象が拭えません。
加えて李承晩を手放しで賞賛する姿勢にはやや寒気を覚えます。
反日とウソの歴史がエスカレートしたきっかけは李承晩の「上海臨時政府」に始まるのですから。

反日の克服はまだまだ遠いようです。
しかし本書はその足がかりとなる偉大な一歩なのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

勉強になりました

2019/11/20 22:38

14人中、12人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tide - この投稿者のレビュー一覧を見る

韓国人向けの本なのでしょうが、日本人が読んでも大変勉強になる話でした。
日本の植民地政策への批判を底流に持ちつつも、冷静に資料をもって日韓の諸問題を説明しており、読んでいて非常に納得感がありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

是非読んでほしい一冊!

2019/11/15 14:12

14人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レサピン - この投稿者のレビュー一覧を見る

文藝春秋で本書の存在を知り、発売前から待ち遠しかった本でした。
反日に関する本は多くても、反日を批判する本の存在はあまり知りませんでした。
しかも韓国の方が書かれていると言う事実。
以前収まらない慰安婦問題、補償請求。
それについて韓国の学者、研究者がどのように捉えているのか、興味をもって手に取ったのですが、多くの資料、調査のもとに書かれた内容には感動致しました。
また何人かの慰安婦のその後の人生には胸が詰まる思いでした。
韓国人だけではなく、日本人慰安婦にも壮絶な人生があったかもしれませんが、この本をきっかけに過去どんなことがあったのか知るべく、多くの日本人に薦めたい一冊となりました。
慰安婦だけでなく、韓国と言う国がどんな国なのか、韓国人とはどんな人々なのか、
知識を得、考える一助となった本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

鉄杭神話に絶句

2021/01/21 00:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:象太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「植民地期に日帝は朝鮮の地から人材が出るのを防ぐため、全国の名山にわざと鉄杭を打ち風水侵略をした」
 韓国ではこのような話が伝説のように口伝えされてきたという。
 絶句した。周囲に韓国出身の知り合いもなく、ニュースで日韓関係を憂えていただけの自分は、甘かったのではないかとひたすら思う。日韓友好は永遠に先の話だろう。韓国を知らなすぎた。そして日本とは目指す価値観が違う最も縁遠い国かもしれないと感じた。
 鉄杭は測量用三角点。朝鮮総督府が正確な土地測量のために使った。それが韓国人から日帝の「風水侵略」と受け止められた。当時の庶民レベルの文明差が日本と韓国であまりにも大きすぎた。
 本書を読み、近代の韓国人の実像を知ることができて勉強になった。日本は今以上に冷静に正確に韓国の実像をとらえ、関係を考えていく必要があるのだろう。何事も勉強である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

難しい

2020/04/19 09:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:怪人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

文政権では編著者と同じソウル大学教授出身の前法相が「吐き気がする親日」と感情的に反応した話題の本である。日本人にとっては少々驚きの内容だが、説明にも説得力があり、信頼できるものと思える。
 巻頭に、韓国や韓国人は嘘をつく国民、嘘つき文化は国際的に知れ渡っていると述べられているが、では国連や米、欧州議会などは挺隊協たちの話をなぜ信用したのだろうか。
 反日種族主義は隣の日本を永遠の仇として捉える敵対感情であり、ありとあらゆる嘘が作られ拡がるのはこの集団心性に因るものだという。何故日本を永遠の仇と捉えるのだろうか。編著者が「17反日種族主義の神学」のところで詳しく説明しているのだが、理解しにくい。韓国人の日本人に対する敵対的感情は長い歴史の中で受け継がれてきたものだという。そのような国情だから、現在でも日本の歴史、文化、政治、経済の専門的識見を持っている人もまずいないということだ。無関心は無知を呼び、それは時に敵対的感情として表出される、遠い昔から引き継がれる長期持続の心性と分析している。
 日本人とて在日の韓国人がいる社会にも関わらず、韓国や北朝鮮のことについて知らない人も多いだろうから、そのような意味ではお互い様かもしれない。
 1910年~1945年間の併合から植民地化された期間に対する恨みが未だに継続しているということだけでもなく、歴史的に長い敵対感情を持っていた国民的心性故の日本への反応だったようだ。別途、戦後の激しい反日教育のために国民が反日に育てられたということもあるとは思うが、昔からの韓国社会の対日姿勢だったようだ。
 日韓関係対応の難しさがさらに際立つようだ。憂国の情から有志とともにこの本を出版したようだが、韓国社会では前法相に代表されるようにかなりの抵抗があることだと思う。敬意を表したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少し足りない本

2019/11/26 22:39

7人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

所謂「親日派」として非難されている実例として紹介されている韓国の軍人や文化人達、志願兵出身の韓国の将軍達について何の注釈もないが、ここには注釈をつけないと分からない人が多いのでは?ここは出版社の責任。
 日本の支配は朝鮮と台湾とでは別々に実施されていたが、そこを一緒にしている個所が気になる。朝鮮で昭和13年に施行された陸軍特別志願兵制度は台湾で施行されたのは昭和17年。
 亡国の責任者として高宗が名指しされているが、明成皇后閔氏と大院君も同罪なのでは?この3人と大院君と一緒になって王位を窺っていた永宣君が従来の朝鮮での権力闘争の構図のつもりだったのに、帝国主義の覇権に揉まれていったのだから。
 おそらくこの本を買う人の中には「韓国の学者が日本の支配を肯定的に書いている」という感じで読んでいる人もいるだろうが、この本でも書かれているように日本が朝鮮を経済的に同化させていった事が重要な点だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日韓関係

2019/11/26 17:52

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

これからの日韓関係のありかたについて、わかりやすい解説で、読みやすかったです。隣国との健全な関係に、役立ててほしいです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

当たり前と言えば当たり前のことを、冷静な筆致で、淡々と書き綴った本

2020/12/25 16:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:719h - この投稿者のレビュー一覧を見る

これを読むと日韓関係に、
僅かな希望を見いだせそうな気になります。

慰安婦や竹島関連の部分には、
李栄薫氏が断腸の思いで綴ったであろうくだりも
散見されます。

一点だけ惜しかったのは、全篇を通して、
日本語として熟れているとは言い難い文章が
続くことです。このあたりは、日本語版を出した
文藝春秋の責任でしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

かの国が変わるとも思えない。

2020/11/28 22:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:FA - この投稿者のレビュー一覧を見る

「この国の国民が嘘を嘘とも問わず、この国の政治が嘘を政争の手段とするようになったのには、この国の嘘つきの学問に一番大きな責任があります。」
かの国にもまともな学者がいるものだと安堵した。しかし、これまでの捏造した歴史を修正したとしても、かの国が変わると思えない。私見ですけど。国の外に出て勉強して本当の歴史を知った人もたくさんいるでしょう。国内でも疑問を感じている敏感な人がいるでしょう。しかし、その考えが正しかったとしても、言えない。今回は、この作品で学者が声をあげましたが、かの国が変わるとも思えない。
日頃のニュースを見聞きして、かの国は信じられない思考をするものだと思ってます。どのように歴史が正されようと、かの国国民が歴史を直視できたとしても、わが国とは、まともに付き合える国ではないと思います。なぜならかの国の国民だからです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/09/30 20:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/02/09 12:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/02/24 13:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/01 22:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/31 21:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。