サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~3/14

修正:新規会員30%OFFクーポン(~2/28)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2019/11/07
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • ISBN:978-4-02-251645-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

星と龍

著者 葉室 麟

悪党と呼ばれる一族に生まれた楠木正成の信条は正義。近隣の諸将を討伐した正成は後醍醐天皇の信頼を得ていくが、自ら理想とする世の中と現実との隔たりに困惑し……。著者最後となっ...

もっと見る

星と龍

税込 1,430 13pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 6.6MB
Android EPUB 6.6MB
Win EPUB 6.6MB
Mac EPUB 6.6MB

星と龍

税込 1,870 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

悪党と呼ばれる一族に生まれた楠木正成の信条は正義。近隣の諸将を討伐した正成は後醍醐天皇の信頼を得ていくが、自ら理想とする世の中と現実との隔たりに困惑し……。著者最後となった未完の長編小説。安部龍太郎氏による、詳細な解説を収録。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

葉室麟さんは何故最後に楠木正成を描いたのか

2019/12/07 08:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

2017年12月に急逝した葉室麟さんの未完となった最後の長編小説が、その早すぎる死から2年近く経った2019年11月にようやく刊行された。
 初出が2017年4月から11月までの「週刊朝日」ということで、まさに命がけの連載であったといえる。
 最後のテーマは鎌倉幕府を滅ぼした南北朝の武将楠木正成なのには、ちょっと意外な感じがした。
 というのも、晩年の葉室さんは西郷隆盛や陸奥宗光といった幕末から明治にかけて駆け抜けていった人物を数多く描いていたので、生涯をかけてそのあたりの時代に着地したかったのではないかと思っていたからだ。

 何故最後に楠木正成であったのか。
 単行本に「夢と希望と作家の祈りと」と題する「解説」を寄せた作家の安部龍太郎さんは、その理由をこう推測している。
 一つが葉室さんが尊敬してやまなかった司馬遼太郎さんへのオマージュ。
 そして、もう一つが「天皇とは何かという問題に取り組んでおかなければならないという、作家としての責任感」。
 特に後者の問題は、明治維新という題材を考えた場合であっても尊王のことは重要な視点であっただろうし、そのことでいえば楠木正成もまた尊王に生きた武将であったといえるかもしれない。
 葉室さんにとって幕末の志士たちと楠木正成は同じ水脈でつながっていたのではないだろうか。

 楠木正成の履歴を追えば、彼の名を一躍高めた千早城の戦いはこの作品でも描かれているが、足利尊氏との決戦は描けないまま、未完となった。
 読者以上に葉室さんが悔しかったにちがいない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

楠木正成

2020/01/06 19:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

クールな楠木正成が読めます。
弟の方は直情型というか、兄とは反対で、でもそこがまた良い兄弟コンビです。
物語は佳境…というところで終わります。
葉室麟さん、亡くなってしまいとても残念に思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/07/10 09:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/12/08 08:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/12/10 09:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/05 08:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/14 18:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/27 15:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/19 08:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。