サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~2/29)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. アダルト
  4. 官能小説
  5. ゴマブックス
  6. 花と闇 ~団鬼六トリビュート~ 第一話 島原大路

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

花と闇 ~団鬼六トリビュート~ 第一話 島原大路
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
一般書

電子書籍

花と闇 ~団鬼六トリビュート~ 第一話 島原大路 新着

著者 わかつきひかる

娘の絞め付けのキツさは、過去に買ってきた女郎の誰よりも強烈だった女流ポルノ作家・わかつきひかるが、遊郭に売られた美少女・綾が、調教専門遊女へと堕ちてゆく様をハードに描く!...

もっと見る

この商品はアダルト向け商品です。

花と闇 ~団鬼六トリビュート~ 第一話 島原大路

税込 0 0pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.9MB 無制限
Android EPUB 5.9MB 無制限
Win EPUB 5.9MB 無制限
Mac EPUB 5.9MB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

娘の絞め付けのキツさは、過去に買ってきた女郎の誰よりも強烈だった

女流ポルノ作家・わかつきひかるが、遊郭に売られた美少女・綾が、調教専門遊女へと堕ちてゆく様をハードに描く!

第一話は、島原遊郭に売られたその日、女将の手により肉襞に媚薬を挿入された綾。綾の処女を買ったのは町衆から尊敬を集める高僧だった。

「太夫は、床入りはめったにしない。嫌な男なら断ることができる。床入りするときは、切見世の遊女の何十倍のカネを取る。お姫様のように、誇り高いのさ」
 女衒の男は、綾を子方屋(コンパニオン派遣会社)『梅川』に引き渡す道中、そう言って綾を慰めた。
 江戸時代。呉服問屋『染松屋』の一人娘として大切に育てられた綾。数えで十四となった綾に悲劇が訪れる。両親が事業に失敗して自殺してしまったのだ。
 天涯孤独となった彼女は、両親が残した莫大な借金を返済するために島原遊郭(京都)に売り飛ばされる。十四歳の綾を『梅川』が買ったのは、太夫へと育てるためだ。無駄飯を食わせる間、遊女の張りと芸事教養、性技を仕込み、高級遊女に育てるのだから、よほどの娘だけしか子供は買わない。
 太夫になら、なってもいい......。
「綾と申します。女将さん。これからよろしくお願いします」
 綾は、希望を見つけようとしていた。島原の遊女は、太夫、天神、小天神、鹿恋、端女郎という順で安く買えるようになっていく。太夫は、最上級の遊女であり、一つの妓楼に一人か二人の麗質だ。
 綾は麗質だった。この娘は、きっと島原一の太夫になる、と思わせる美しさを持っていた。水桃を思わせる透明感のある肌に、紅を刷いたようなちいさな唇。濡れたような大きな瞳。黒目がちの瞳は、娘が目を伏せるとき、男の保護欲を誘発するような、逆に嗜虐性を引き出すような、微妙な翳りを漂わせる。
「大変だったねえ。おまえのご両親はよく存じあげていたんだよ。いい人たちだったのに、かわいそうにねえ。これからは、わたしを母と思ってゆっくりお暮らし。わたしのことはおかあさんと呼びな。おまえのことは、綾と呼ぶよ。月のものは、もうあるのかい?」
「はい。あります」
 か細い声で答える。男の居るところで、女の生理を口にするのが恥ずかしかったからだ。
「いい着物だね。さすが、『染松屋』の娘だね。そうだね。まずは着物を脱いで、身体を見せてもらおうかね。着物をお脱ぎと言っているんだよ。綾には、姐禿になってもらおうと思っているんだよ。年齢もちょうどいい。今は、どこの店も、姐禿を抱えていないだろ。さっそく今日から、客を取ってもらうさ」
 こうして、島原遊廓での調教一日目が始まった――。


【著者プロフィール】
わかつきひかる
2001年にフランス書院ナポレオン大賞受賞して、頭角を現し、主にライトノベルの分野で執筆活動を続ける。07年に幻冬舎アウトロー大賞特別賞受賞、11年に宝島日本官能文庫大賞、岩井志麻子賞を受賞する。14年『ニートな彼とキュートな彼女』が『世にも奇妙な物語2014年春の特別編』に採用される。近著に『おいらん同心捕物控』『クリスティナ戦記 奉仕の姫騎士と国境の商人』『あきんど姫様』など多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

官能小説 ランキング

官能小説のランキングをご紹介します官能小説 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。