サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~1/31

新規会員50%OFFクーポン ~1/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 72件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
一般書

電子書籍

戦争は女の顔をしていない

著者 スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ,三浦みどり

ソ連では第二次世界大戦で100万人をこえる女性が従軍し,看護婦や軍医としてのみならず兵士として武器を手にして戦った.しかし戦後は世間から白い目で見られ,みずからの戦争体験...

もっと見る

戦争は女の顔をしていない

税込 1,540 14pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 6.7MB
Android EPUB 6.7MB
Win EPUB 6.7MB
Mac EPUB 6.7MB

戦争は女の顔をしていない (岩波現代文庫 社会)

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ソ連では第二次世界大戦で100万人をこえる女性が従軍し,看護婦や軍医としてのみならず兵士として武器を手にして戦った.しかし戦後は世間から白い目で見られ,みずからの戦争体験をひた隠しにしなければならなかった――.500人以上の従軍女性から聞き取りをおこない戦争の真実を明らかにした,ノーベル文学賞作家の主著.(解説=澤地久枝)

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー72件

みんなの評価4.7

評価内訳

紙の本

反逆する女神たち

2018/06/09 17:34

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

第二次世界大戦のソ連では多くの女性兵士が前線で戦闘に加わった。それは看護婦や医師、看護兵の他にも、歩兵、砲兵、工兵、あるいは狙撃手、飛行機パイロット、被占領地でのパルチザンなどもいた。彼女らは、女の兵士など要らないという司令官を押し切って熱烈に志願して軍に入った。そして戦闘の悲惨な現実を体験し、それでも勇敢に勤めを果たす。もちろん戦地での恋愛もあり、戦後になって結婚した者もいた。だがほとんどは戦後は軍にいたことを隠し、普通の女性として生活することを望んだ。
そして数十年が経って、彼女らへのインタビューを試みたところ、堰を切ったように話し出したというのがこの本ということになる。時間が彼女たちを少しだけ自由にさせていた。だがこのインタビュー集はソ連において出版は困難だった。ペレストロイカの時代になって、検閲を経たのちに出版され、ソ連崩壊後に削除なしでの出版がかなったというもの。それでもなお、その内容に多くの抵抗があったという。
ソ連ーロシア人にとって、あの戦争は勇敢な英雄の物語でなくてはならなかったが、女性たちの見た戦場では、無残な死体が散乱し、傷病兵も医療が追いつかずに次々に死んでゆく。物資は不足し、彼女らはだぶだぶの戦闘服と、だぶだぶの靴で、次の任地までは泥だらけになって、ひたすら歩いていくしかない。勲章につながるはなばなしい活躍もあったが、悲惨な光景を徐々に受け入れるように彼女たちの精神も変わっていく。男たちにとっての戦争は、そんな現実はなかったものとして、ひたすら栄光のみが存在したものでなければならなかった。そうでなければ戦争の正当性、つまり体制の正当性が否定されてしまうことを分かっていた。
第二次世界大戦=大祖国戦争が神聖な位置づけにされるのは、新しく生まれた共産国家にとっても犯すべからざるような神話が必要だったというのが、たとえ矛盾であったとしても、妥協のない徹底抗戦を選択したスターリンは本能的に気づいていたのではないだろうか。ソ連がぼろぼろに傷ついて崩壊した後も、神話はまだ効力を発揮していることが、その直感を支持している。
しかし神話に登場する女神たちは、作られた理想のままではない、生身の人間であろうとすることを隠さなかった。それは現代の必然だ。神話が変容していくように、国家も変容していく。世界の変化は、この最初の原稿の中に予言されていたはずだが、どんな神話でもそれが神話であると気づくまでには、長い時間がかかるのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

500人以上のソ連の女性従軍者から聞き取った戦争の真実です!

2019/02/01 16:48

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ソ連では、第二次世界大戦で100万人以上の女性が従軍して活躍したと言われています。しかし、戦後、そうした女性が従軍していた事実はひた隠しにされ、本人も絶対にそのことについて口を開こうとしません。一体、なぜなのでしょうか。本書は、500名ものソ連の女性従軍者から聞き取った情報をもとに、第二次世界大戦という戦争が一体何であったのかを再考した画期的な書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2021/08/25 19:58

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いろは - この投稿者のレビュー一覧を見る

何もない広場に立っているところに雪のように言葉が、文章が、降ってきた。ひとつとして同じかたちはない。雪はどんどん降り積もる。気づくと雪の中に立っている。
いや、そうではない。初めから積もっていたのに今まで見ていなかったのだ。
この本を読んで、知らなかったのだということを知った。知らなかったことを知ったなどとは言えない。ただ、知らなかったということが分かったのだ。
この本はそういう本だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まさに壮絶

2020/05/26 17:36

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コアラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ソ連軍に女性兵士がいたことは知っていた。パイロットもいたことは知っていたし中には狙撃兵もいたとは聞いていた。しかしこんなに大勢いたとは!まさに驚異的だ。
彼女たちの経験したことに較べると,サイパンや沖縄の悲惨ささえ児戯に思えてしまう(っていうのは不謹慎だけど)。それだけドイツ軍が残虐だったということか。
共産党の宣伝に騙されていたというのもあるだろうけれど,純真な愛国心でもあったのだろうと思う。深く尊敬するとともに,戦後彼女たちが味わった差別に胸が痛む。と同時にこのようなとんでもない国(ドイツ)と同盟を結ぶという愚かな決定をした戦前の政治家を恨む。
話は変わるが,60年くらい前ソ連はそれなりに輝いていた。というか日本のマスコミが今と同じように変更して讃えていたわけだが,ガガーリン少佐の伝記とかを貪り読んだものだ。なんかその頃のソ連へのほのかな憧れの気持ちを思い出した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私たちは英雄じゃない、舞台裏にいたのよ。“今はクリミヤに住んでいます……花が咲き乱れています。私は毎日窓から海をながめています。でも、全身の痛みであえいでいます。私は今でも、女の顔をしていません。よく

2021/08/21 11:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:L療法 - この投稿者のレビュー一覧を見る

関係性の中で、独り言も発せられざる言葉も生み出される。
世界が変わった時、言葉は速やかに反応するのだろうか、遅れて順応するのだろうか。叫び声や悲鳴、笑い声は、このような時に沸き立つのではないか?
記憶は五感と感情と、関係性と時間の無数の断片として焼き付けられる。
言語化することは、輪郭を与え秩序を与える。
言語化の代わりに、匂いや手触りにまとめあげる人もいるだろう。
そしてさまざまなものに、記憶は紐付けされる。

癒しとか赦しは常に限定的にしか作用しない。とても小さいので、人を包み込むことはできない。全てが癒やされるとか、あなたは赦されたのですなどという人は、人間をちっぽけなものと思っているんだろう。
痕跡は消えたりせず。いつでも蘇ってくる。

戦争に組み込まれることで、それまでの日常は異質なものに変貌する。親しき隣人は、別の世界を生きて来たのだ。
現実は、経験の積み重ねで成り立ち、ここの現実は、周囲の人々の経験やメディアを通して、つながり合う。
物理的距離、時間的距離によって、あるいは文化的距離によって、現実は分断される。
戦争は、たやすく、日常を粉砕する。
つなぎ合わされた日常は、持続した日常とは別物で、現実に戦争が混入するならば、決定的に戦争に染まるのであり、戦争の色が抜け落ちることはない。

”みんな、その女の人から逃げていきました。その人は狂っていたのです。だから話すことができたんです”

”私は、そういう人たちに頼む、話してください……黙っていてはだめ。悪魔には鏡を突きつけてやらなければ”
これは著者の言葉だが、記憶の鏡に映る悪魔は己の顔ってことも多いだろう。沈黙を責めることはできない。

憎悪は正当である。
パルチザンに加わった者たちは、正規軍よりも凄惨な経験をしてきたものが多い、彼らは子供をスパイにし、爆弾を運ばせ、抵抗した。
相手を人間と看做さないこと、あるいは、大義のために、家族の愛情を踏み躙り、我が子を危険に晒すこと。
赦し、キリスト教の基本概念は、ここで意味を持つのだろうか?
汝の隣人を愛せよ。
それは、このような事の後にも、成り立つのだろうか。
”戦後、アウシュヴィッツやダッハウのことを知ったの。そんなことを知った後でどうやって赤ん坊を産めます?でも私は赤ちゃんができていました。”

戦争は不幸を憎悪を生み出す。高揚感を生み出す。これらが、戦争機械を駆動していく。
一旦動きはじめたなら、戦争機械が、人々を操作する。
そこでは個性や自由は粉砕される。
ミキサーに似ている。すり潰し混ぜることは、機能であって、目的ではない。機械に目的はない。

憎悪は欲望か?
暴力はおそらく快感だ。
”私たちの指揮官のところに五人のドイツ娘がやってきたの。みんな泣いていたわ……産婦人科が検査して、その子たちはあそこに引き裂かれたような怪我をしてた。パンツは血だらけだった……その娘さんたちは一晩中暴行されたの。兵隊たちが行列していた……
録音しないで……テープを止めて……本当なの!全部本当よ!”

”戦車の列が子供たちを押し潰して行く。子供たちは跡形もなくつぶされた……その光景を思い出すと今でも気が狂いそうになるよ。でも、人々は戦争を耐え抜いていた。戦争のあとでも気は狂わなかったんだよ。戦争の後で病気になった。”

”世界のどこかにあたしたちの悲鳴が残されなければ。あたしたちの泣き叫ぶ声が”

”人間には心が一つしかない、自分の心をどうやって救うかって、いつもそのことを考えてきたよ。”

ところで、男たちは、女性たちの何を見てきたのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

訳文の滑らかさに助けられて重い内容をなんとか読み進む

2021/11/30 23:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:719h - この投稿者のレビュー一覧を見る

漫画版を読んで「先祖返り」するように、
辿り着いて繙いてみた本です。

いやあ、記述の生々しいこと。
やっぱり原典にあたってみる価値はあるものです。

志願兵だった彼女たちの殆どが、第二次大戦後は
従軍経験を表に出さず、一般人として生きていく
ことを選んだ理由が切ないですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マンガから

2021/08/26 01:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:suginahagi - この投稿者のレビュー一覧を見る

マンガから本作を知った。章毎に別れていて、それぞれ取材した女性たちが語り部となって、口語のような文体で話が紡がれていく本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/12/16 18:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/30 14:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/26 14:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/06 11:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/21 12:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/12 08:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/23 21:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/01 08:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。