サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/30

 新規会員50%OFFクーポン ~6/30

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 新潮社
  6. 新潮文庫
  7. 北海タイムス物語(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2020/04/17
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-127814-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

北海タイムス物語(新潮文庫)

著者 増田俊也

全国紙記者の夢破れた野々村巡洋が入社した、北海タイムス。配属された整理部は、他紙の4倍の仕事量にして7分の1の年収だった。変人だらけの職場。連日の酒席。過酷な労働環境に厳...

もっと見る

北海タイムス物語(新潮文庫)

税込 1,045 9pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 6.8MB
Android EPUB 6.8MB
Win EPUB 6.8MB
Mac EPUB 6.8MB

北海タイムス物語 (新潮文庫)

税込 1,045 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

全国紙記者の夢破れた野々村巡洋が入社した、北海タイムス。配属された整理部は、他紙の4倍の仕事量にして7分の1の年収だった。変人だらけの職場。連日の酒席。過酷な労働環境に厳しすぎる先輩。失望に加え、恋の終わりすら味わった野々村だが、あることを契機にプロフェッショナルとなる覚悟を決める――。著者が身を置いた北海道の名門新聞社を舞台に描かれた、熱血度120%の長篇小説。(解説・北上次郎)

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

北海タイムス物語

2021/09/22 16:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:渡り鳥 - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の野々村は、新聞記者志望の北海タイムスの新入社員。本人的には、全国紙の記者になりたかったが、採用に漕ぎつけず、唯一、内定を貰ったのが北海道の北海タイムスと言う地方紙を発行する小さな地方新聞。野々村が配属されたのが、志望した記者ではなく、整理部と言う裏方の部署。多くの同期が記者としてアサインされるので、羨む野々村。整理部は記者が書き上げた原稿を紙面に効率よくレイアウトしたり、見出しをつけたりと完全に内務の仕事。ただでさえ、整理部
に配属されてモティベーションが低いのに加えて、仕事を教えるチュータ役の権藤がイジメに近い指導をするので、早く会社をやめてもう一度、全国紙の会社に再就職をチャレンジをしたいと切望してしまう野々村。野々村の周囲の社員たちは、猛者や役者揃いで、凄い。野々村と周りの猛者たちのやり取りが極めて興味深い。また、新聞がどのように作られるかもよく分かる。その中で整理部のミッションの重要性も徐々に
明らかになる。また、この小説の決定打は、北海タイムスは、経営が下手で、業績が悪く、社員たちの給料が競合他社に比べて異常に低い事にある。課長クラスで年収2百万円とか3百万円で家族を持つと暮らしていくのも大変。人が少ないので、残業も多い。しかも残業手当がつかない。おまけに週休一日で仕事もキツイ。
今で言えば、完全にブラック企業。この本を読めば当社の良さを再認識する筈。
 新入社員がそんなブラック企業で切磋琢磨して、成長していく姿を書いている青春小説。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/01/08 21:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/07/29 10:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/01 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/12/26 13:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/04/18 17:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/18 23:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/20 17:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/02 12:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。