サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~10/29

【講談社連載】honto×講談社 マンガ連載

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2020/04/10
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • ISBN:978-4-492-21241-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

武器としての「資本論」

著者 白井聡

なぜ「格差社会」が生まれるのか。なぜ自己啓発書を何冊読んでも救われないのか。資本主義を内面化した人生から脱却するための思考法がわかる。ベストセラー『永続敗戦論』『国体論』...

もっと見る

武器としての「資本論」

税込 1,760 16pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.1MB 無制限
Android EPUB 8.1MB 無制限
Win EPUB 8.1MB 無制限
Mac EPUB 8.1MB 無制限

武器としての「資本論」

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜ「格差社会」が生まれるのか。
なぜ自己啓発書を何冊読んでも救われないのか。
資本主義を内面化した人生から脱却するための思考法がわかる。
ベストセラー『永続敗戦論』『国体論』著者によるまったく新しい「資本論」入門!

経済危機が起こるたびに「マルクスの『資本論』を読もう!」という掛け声が上がる。でもどうやって読んだらいいのか。「資本論」の入門書は数多く刊行されている。しかし「資本論」を正確に理解することと、「資本論」を現代に生かすこととは同じなのか?
本書では「資本論」の中でも今日の資本制社会を考える上で最重要の概念に着目し、それが今生きていることをどれほど鮮やかに解明するかを見ていく。

【他の「資本論」入門書との違い】
◎マルクスの「資本論」そのものの解説ではなく、「資本論」の「キモ」の部分だけを紹介。
◎「資本論」の中でも最重要な「商品」「包摂」「剰余価値」「本源的蓄積」「階級闘争」を切り口に、なぜ今のような格差社会が生まれているのか、どうすれば「乱世」を生き延びられるのか、を考える。

【本文より一部抜粋】
実は私たちが気づかないうちに、金持ち階級、資本家階級はずっと階級闘争を、いわば黙って闘ってきたのです。
それに対して労働者階級の側は「階級闘争なんてもう古い。そんなものはもう終わった」という言辞に騙され、ボーッとしているうちに、一方的にやられっぱなしになってしまったというわけです。(第11講より)

目次

  • はじめに 生き延びるための「武器」としての『資本論』
  • 第1講 本書はどのような『資本論』入門なのか
  • 第2講 資本主義社会とは? ――万物の「商品化」
  • 第3講 後腐れのない共同体外の原理「無縁」 ――商品の起源
  • 第4講 新自由主義が変えた人間の「魂・感性・センス」 ――「包摂」とは何か 

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

資本主義の仕組みの理解と近代史のおさらいに!分かり易い!

2020/05/03 22:12

7人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:neoaco - この投稿者のレビュー一覧を見る

いや、参りました!資本主義の仕組みを様々な文献を参考に
ここまでわかりやすく、本質を書き表せるとは…。感動いたしました!
私のような素人でも、今後の社会の行く末が占えるのでは?とすら
思える程の、わかりやすく、論理に飛躍の少ない名著です!
全てにおいてそうなのでしょうが、社会制度にも絶対的正しさは存在せず、相対的なものなのだと言うことも、確認できました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

納得

2020/08/26 10:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:怪人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

マルクスの資本論は約半世紀前の学生時代に読もうとして結局読まず終いに終わった。半世紀後の今日、改めてこの資本論を解説してくれるこの本は新鮮に映った。読みやすい文章に加え、多くの話題が盛り込まれており読み物としても興味深い。感謝したい。著者の新自由主義に対する見解に同意する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

わかりやすい

2020/04/21 09:28

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コアラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今まで読んだ「資本論」入門の中で一番読みやすくわかりやすい。著者の主張がだいぶ入っているようでオーソドックスなものかどうかはわからないが…。階級闘争が「うまいものを食う」ことだという結論には笑ってしまった。評者もネオリベやグローバリズムには反対だが,だからといってではどうするべきかがわからない。著者もわかっていないのではないか。というかわかっている人はいないのではないか。はっきりしていることは共産主義という名前のファシズムでないことだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マルクスを通して現実をみる

2020/09/17 23:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:せきた - この投稿者のレビュー一覧を見る

マルクスの暴力革命論はともかく、資本主義の分析については傾聴に値するということがよく分かった。
働くとはつまり、共同体生存のための共同作業ということだが、そのツールとしての資本制がもつ、価値の膨張欲求を制御することは大変に困難。いずれ手段が目的化し、人間が商品の価値に奉仕するという危険を孕む。
技術が進歩すればいずれ人間は働かなくてよくなるわけはない。生産性の向上はその実、労働ダンピングであり、労働価値の低下を目指すと言っていることと同じ、との言説はとりわけショッキングだ。
人間の安全や生存を保障する仕組みを生み出すのは、思っているほど基本原理とはいえず、やはり政治的な意思形成が必要だ。現実にある危機の実感をもつ人がこの本を読んで1人でも増えたらよいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/10/20 20:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/07/23 15:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/22 10:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/07/14 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/07/10 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/07/31 07:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/23 17:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/07/08 13:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/30 20:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/14 17:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/20 19:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。