サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~10/29

【講談社連載】honto×講談社 マンガ連載

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2020/04/22
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-327521-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

旅のつばくろ 電子オリジナル版

著者 沢木耕太郎

旅のバイブル『深夜特急』で世界を縦横無尽に歩いた沢木耕太郎。そのはじめての旅は16歳の時、行き先は東北だった。あの頃のように自由に、気ままに日本を歩いてみたい。この国を、...

もっと見る

旅のつばくろ 電子オリジナル版

税込 1,100 10pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 24.7MB 無制限
Android EPUB 24.7MB 無制限
Win EPUB 24.7MB 無制限
Mac EPUB 24.7MB 無制限

旅のつばくろ

税込 1,100 10pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

旅のバイブル『深夜特急』で世界を縦横無尽に歩いた沢木耕太郎。そのはじめての旅は16歳の時、行き先は東北だった。あの頃のように自由に、気ままに日本を歩いてみたい。この国を、この土地を、ただ歩きたいから歩いてみようか……。JR東日本の新幹線車内誌「トランヴェール」で好評を博した連載が待望の単行本化!〈電子オリジナル版〉は沢木耕太郎撮影の写真が収録されています。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (12件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

年老いた者よ、旅に出よう

2020/05/29 07:19

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

先日新聞に小さなインタビュー記事が出ていた。
 そこにはあるホテルマンが、実際にはその人は女性だったからホテルウーマンというべきだろうが、どのようなきっかけでその業界に進んだかということが書かれていて、彼女は沢木耕太郎さんの『深夜特急』を読んで旅の面白さに誘われたと答えていた。
 まだ若い女性だったから、沢木さんのこの本が出たばかりの頃ではなく、文庫本になってからの読者かもしれないが、一冊の本との出会いがその人の人生の行く末を照らすことも確かにあるのだと、思い知らされた。
 『深夜特急』は沢木耕太郎さんが二十代の時に香港からインド、そしてユーラシアの街々を旅した旅行記だが、1986年に刊行以来、今でも若い人には人気があるという。

 その旅からほぼ半世紀を経て、沢木さんが「ただその土地を歩きたいために行くという旅」をしてこなかったという日本国内の旅を綴ったのが、この本だ。
 東日本への旅が多くなっているのは、もともとがJR東日本が発行している「トランヴェ-ル」という雑誌に連載されたものだから、仕方ないかもしれない。
 ただ二十代の時の旅と今回のそれが決定的に違うのは、過去の自分と向き合う頻度が圧倒的に多くなったことだろう。
 さすがに沢木さんも70歳を過ぎて、旅の本質が変わって当然だろう。
 かつて自分を育ててくれた先輩や友達のこと、何者かになろうと悩んでいた若き日の自身、今回の旅はそんな自分との向き合う旅だ。

 この旅行記を読んで若い読者は新しい旅をめざさないかもしれないが、まだまだジーンズの似合うシニアたちは旅の支度を始めるのではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

エッセイもいい。

2020/10/13 19:22

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クッキーパパ - この投稿者のレビュー一覧を見る

かなり昔になりますが、東京駅八重洲にある大型書店での著者のサイン会での、あの暖かな握手を思い出しながら、一編一編楽しみました。小説もいいけど、やっぱり著者のノンフィクション、そしてエッセイが好きです。
コロナという問題はありますが、旅がしたいと心からそう思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

私も

2020/05/15 14:12

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おどおどさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

旅行好きで、日本全国を廻ったけど、東北は関西に住む自分には遠かったので、最後になってしまった。
あの時のことを思い出したり、また大震災前の東北を想いを馳せて読んでみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

是非読んで欲しい

2020/06/20 09:28

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エヌ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の旅の経験が綴っている。
じっくりと読み進めていると、次第に自分の経験と、著者の経験から感じたことがリンクしていき、不思議と引き込まれていきました。
時の流れ、経過を改めて感じ、時間を無駄にしてはいけない、経験への投資は惜しみなくした方が良いと、改めて思わせてくれました。

また、人との繋がりについても大切な事が書いてあります。
読み手によって捉え方はもちろん変わりますが、私にはとても響いた一冊です。

買って(投資して)良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2020/06/21 19:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earosmith - この投稿者のレビュー一覧を見る

旅のつばくろ。「一瞬の夏」を読んでいたので、カシアス内藤さんとエディさんのお墓参りに行く話に心打たれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

鈍行列車に揺られながら読みたい。

2020/09/14 12:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ら君 - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校時代の周遊券を使ったひとり旅を基点にして、人生のさまざまな縁にまつわる土地を列車で訪れる。
車窓からの移りゆく景色のように、文章も進んでいく。
列車に揺られながら読みたい本だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/09/22 12:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/04/25 16:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/07/13 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/03 14:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/05 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/13 15:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/21 15:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/10 15:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/13 19:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。