サイト内検索

詳細検索

最大50%OFFクーポン ~9/30

 新規会員50%OFFクーポン ~9/30

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 河出書房新社
  6. ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 34件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2020/05/01
  • 出版社: 河出書房新社
  • ISBN:978-4-309-02874-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい

著者 大前粟生

僕もみんなみたいに恋愛を楽しめたらいいのに。大学二年生の七森は“男らしさ”“女らしさ”のノリが苦手。こわがらせず、侵害せず、誰かと繋がれるのかな?ポップで繊細な感性光る小...

もっと見る

ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい

税込 1,760 16pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 3.5MB
Android EPUB 3.5MB
Win EPUB 3.5MB
Mac EPUB 3.5MB

ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

僕もみんなみたいに恋愛を楽しめたらいいのに。大学二年生の七森は“男らしさ”“女らしさ”のノリが苦手。こわがらせず、侵害せず、誰かと繋がれるのかな?ポップで繊細な感性光る小説4篇。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー34件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

表題作が一番長いです

2021/03/31 20:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

表題作「ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい」。「めちゃくちゃ繊細なヘテロの男の子が出てくる」と勧められたのでそういう期待をして読んだ。確かにそうだったけれど、でも彼は私ではなかった。題の通り七森はやさしい。それは多分、生来の気質として。高校の同級生たちとも紙一重のように感じてはいるようだけど、でもやっぱり本質的に違うように見える。私が求めていたのは、やさしくなくて、もっと暴力的で差別的な主人公が、それでもやさしくあろうとする物語だったと思う。

「たのしいことに水と気づく」。とても辛くなりながら読んでたが、なんか最後唐突に安易な救いが降ってきた。ここまでしんどかったのは何だったんだろうってなった。

「バスタオルの映像」。つらい。
前2編ではぬいぐるみや水に一方的にしゃべっていたけど、この話では相互に一方的であったりした。と思う。多分。これはこれで辛いというか一層質が悪いかもしれない。

「だいじょうぶのあいさつ」。一番つれぇ……って一瞬なるけど本質的には前3編と同じなのかもしれない……お兄ちゃんもやさしいんだろうな……と思ってたら本格的に意味わからんくなった。何これ? 1冊通して「想像力はやさしさになるが毒にもなる」と言っている気がするけど、私にはもうわからん。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/05/26 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/30 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/07 11:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/07/16 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/31 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/19 17:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/06 20:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/31 09:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/17 04:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/06/07 15:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/06/15 00:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/18 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/02 20:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/29 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。