サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~4/30

修正:新規会員30%OFFクーポン(~4/30)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

病魔という悪の物語 ──チフスのメアリー

著者 金森修

20世紀初め、毒を撒き散らす悪女として恐れられた患者の実話。エイズ、鳥インフルエンザなど、伝染病の恐怖におびえる現代人にも、多くの問いを投げかけている。

もっと見る

病魔という悪の物語 ──チフスのメアリー

税込 660 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 4.3MB
Android EPUB 4.3MB
Win EPUB 4.3MB
Mac EPUB 4.3MB

病魔という悪の物語 チフスのメアリー (ちくまプリマー新書)

税込 836 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

目次

  • はじめに/ある料理人の運命/料理を介した死?/主人公の名前/個人と全体の利害対立/歴史のなかの「善と悪」?/悲しみという感動/基礎資料/第一章 物語の発端/事件以前のメアリー/チフス患者の発生/賄まかない婦ふの「履り歴れき」/最初の接触/衛生局への依頼/公衆衛生という権力/ソーパーとメアリー/ノース・ブラザー島/治療の試みと検査/命名/最初期の社会的反響/第二章 公衆衛生との関わりのなかで/腸チフス/チフスと戦争/チャールズ・シェイピン/腸チフスの感染原因/攻撃的公衆衛生/硫黄燻蒸と蒸気殺菌/「病気の汚物理論」の批判/周辺環境から個人へ/健康保菌者の危険性/健康保菌者という概念/這いまわるキャリアたち/小僧っ子ジンの死/衛生局のパニック/穢の街/文化的錯綜のなかの囚われ人/第三章 裁判と解放/法的な問題/「チフスのメアリー」の露わな登場/ある判例/オニールの問いかけ/メアリーの主張/孤軍奮闘のメアリー/判決が下る/やや唐突な解放/第四章 再発見と、その後/
  • 自由になって/恋人の死/婦人科病院での発見/風向きが変わる/キャリア・リスト/有名なキャリアたち/メアリーの再検査/隔離の必要性は?/歴史の吹ふきだまりのなかで/仕事に就く/一日旅行/小さな宇宙/卒中の発作/葬式/第五章 象徴化かする「チフスのメアリー」/一般名詞化するメアリー/勝ち馬に乗る歴史/髑髏とフライパン/小説のなかのメアリー/象徴化する「チフスのメアリー」/おわりに/エマージング・ウイルス/エイズ/都市伝説/邪悪なゼロ号患者?/繰り返されうる構図/一人の人間がつむぐ歴史/主要参考文献

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (8件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

考えさせられました

2020/05/29 18:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:広島の中日ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

20世紀初頭、アメリカで蔓延した感染症、腸チフスにかかった家政婦、メアリーさんの数奇な人生を取り上げた本です。
 メアリーさんは離島に長期間隔離され、自由を取り戻すことなく死去。死後も「チフスのメアリー」と揶揄されるなど、さながら悪魔扱いされてきた事が如実に記されています。著者は世の中がメアリーさんをここまで悪者扱いするのはいかがなものか?と読者に問いかけています。今、新型コロナウイルス感染症が話題ですが、メアリーさんの数奇な人生は「明日は我が身では?」と思うと背筋が凍りつきました。本当に考えさせられる内容でした。
 紙幅が140ページと、新書としてはかなり薄いです。文章の行間隔も広くとってあり、気軽に読めるように仕上がっています。若い人たちにも読んでほしい1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大衆迎合的なジャーナリズムによって産み出された「チフスのメアリー」という言葉が彼女自身から切り離されて独り歩きする恐ろしさ。私たちは自分の感覚的な物の見方だけで人を評価して良いのか。

2020/08/06 15:58

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は科学史・科学思想史の日本人研究者。「チフスのメアリー」と呼ばれていた女性、100年前のアメリカで、腸チフスのキャリア(腸チフスに感染していながら本人には自覚がない)として初めて特定され、37歳以降ほぼ生涯隔離されてしまった女性である。この本を読んで驚いた。当時、この「メアリー」以外にも数多くのチフスのキャリアが存在していたにもかかわらず、彼女だけが生涯にわたり公衆衛生局によって自由を奪われ、隔離されたのだ。それはなぜだったのか。著者は丁寧に、「メアリー」の背後にある社会的事象、感染症に対する人間の恐怖心がどんなふうに社会に生じるかについて紐解いていく。個人の自由と社会の多数を守るための犠牲について、「メアリー」の物語はたくさんのことに気づかせてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

レッテルを貼っておしまいか?

2020/05/08 21:28

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名取の姫小松 - この投稿者のレビュー一覧を見る

アメリカ合衆国に実在した女性メアリー・マローンを紹介しながら、当時偏見の目で見られ勝ちな立場であったこと、ほかにもチフスのキャリアの男性がいたにもかかわらず、メアリーほど厳しく扱われなかったことが語られている。
 十代向けとはいえ現在の状況からいって、大人も読んで一考すべきだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

繰り返される過ち

2020/07/08 09:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

19世紀末に失意のうちに亡くなったひとりの女性が、21世紀に甦ってきたかのようです。感染者への偏見や差別を、如何にして防ぐのか考えさせられます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/05/31 16:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/26 16:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/12 00:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/19 05:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/29 06:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/04 02:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/20 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/10/23 07:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/10/04 22:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/05 20:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/07/26 17:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。