サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~4/30

honto9周年 感謝祭福引キャンペーン  ~5/11

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2020/07/22
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • ISBN:978-4-00-312201-3
一般書

電子書籍

吉野弘詩集

著者 吉野弘,小池昌代

結婚式の祝辞としてよく引かれる「祝婚歌」,いのちの営みに静謐で温かい眼差しを投げかける「I was born」,現代における「受難」の意味を,心のやさしさに凝視める「夕焼...

もっと見る

吉野弘詩集

税込 814 7pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 6.3MB
Android EPUB 6.3MB
Win EPUB 6.3MB
Mac EPUB 6.3MB

吉野弘詩集 (岩波文庫)

税込 814 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

結婚式の祝辞としてよく引かれる「祝婚歌」,いのちの営みに静謐で温かい眼差しを投げかける「I was born」,現代における「受難」の意味を,心のやさしさに凝視める「夕焼け」――――.穏やかな語り口の,深い愛情に満ちた,鮮やかな抒情の音をひびかせる,吉野弘(1926―2014)のエッセンス.(解説=小池昌代・谷川俊太郎)

目次

  • 目次
  • 『消息』(「谺」詩の会,1957)から 君も/さよなら/burst ほか14篇 
  • 『幻・方法』(飯塚書店,1959)から たそがれ/星/夕焼け ほか2篇
  • 『10ワットの太陽』(思潮社,1964)から 火の子/乳房に関する一章/鎮魂歌 ほか6篇
  • 『感傷旅行』(葡萄社,1971)から 修辞的鋳掛屋/伝道/香水 ほか22篇
  • 『北入曽』(青土社,1977)から 韓国語で/漢字喜遊曲/過 ほか16篇
  • 『風が吹くと』(サンリオ,1977)から 魚を釣りながら思ったこと/船は魚になりたがる/運動会 ほか2篇
  • 『叙景』(青土社,1979)から 叙景/林中叙景/母 ほか8篇
  • 『陽を浴びて』(花神社,1983)から 陽を浴びて/夕方かけて/円覚寺 ほか10篇
  • 『自然渋滞』(花神社,1989)から 紹介/酒痴/雨飾山 ほか10篇

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

あなたも あるとき 私のための風だったかもしれない

2019/02/26 15:43

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

詩人の茨木のり子さんに「祝婚歌」と題したエッセイがある。
 エッセイというより、吉野弘の短い詩論であるかもしれないが、エッセイ風に綴られている。
 タイトルにあるように、これは吉野の代表作である「祝婚歌」にまつわるさまざまなこと、それは吉野の結婚生活における逸話や同人「櫂」における吉野の姿(まじめに長考する姿はこの文庫の解説を書いている谷川俊太郎さんも同じようなことを記している)であるが、そこから吉野の詩に向かう姿まで浮かんでくる、実に巧みな詩論でもある。
 その最後に、茨木のり子さんはこう書いた。
 「現代詩がひとびとに記憶され、愛され、現実に使われているということは、めったにあるものではない。ましてその詩が一級品であるというのは、きわめて稀な例である」と。

 吉野弘が「祝婚歌」という詩をもっておそらく現代の詩人とて今でも広く人々に愛されていることは誰もが認めるところだろう。
 この文庫で編者となった小池昌代さんは「日常を材とし、そこに詩を発見した作品は、意味を手放さず、わかりやすい」し、それでいて読者を深みへと連れていくと評している。
 しかし、「祝婚歌」があまりに有名になったために、それ以外の吉野の詩を鑑賞することが妨げられていないだろうか。
 この文庫に収められた詩がすべてとはいわないが、少なくともここには「祝婚歌」とは違う吉野弘もまたいる。

 人はひとつの顔だけを持っている訳ではない。
 一見人のよさそうな吉野にしてもそうだろう。
 いくつもの表情があるからこそ、詩が生まれ、詩の深みが増すのではないか。
 吉野弘はそういう詩人だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

菜々子へ

2020/06/20 13:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

菜々子へ

(略)
ひとが
ひとでなくなるのは
自分を愛することをやめるときだ。

自分を愛することをやめるとき
ひとは
他人を愛することをやめ
世界を見失ってしまう。

自分があるとき
他人があり
世界がある。
(略)

この詩集の中で一番好きな詩です。
これだけで、買って良かったと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/08/11 15:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/18 09:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/03/23 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。