サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~1/31

新規会員50%OFFクーポン ~1/31

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

押井守の映画50年50本

著者 押井 守

押井守が高校生だった1968年から始まる、極私的映画史50年。「1年に1本のみ」という縛りで選ばれた、50本の映画解析。キューブリック、タランティーノ、ポン・ジュノからデ...

もっと見る

押井守の映画50年50本

税込 2,420 22pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 15.3MB
Android EPUB 15.3MB
Win EPUB 15.3MB
Mac EPUB 15.3MB

押井守の映画50年50本

税込 2,420 22pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

押井守が高校生だった1968年から始まる、極私的映画史50年。

「1年に1本のみ」という縛りで選ばれた、
50本の映画解析。
キューブリック、タランティーノ、ポン・ジュノからデル・トロまで
押井守の映画半世紀!

「前書き」より
そんな映画まみれの男にその映画人生を回顧させつつ、昔はものを思はざりけり(権中納言敦忠)の高校時代から現在に至るまで、その年ごとに公開された映画の中から1本の映画を選ばせて(思い出させて)語らせたら、映画マニアあるいはシネフィルと呼ばれる読者になにがしか益するところがあるのではないか。あわよくば高度経済成長からバブルを経て昨今のヘタレた日本の戦後史の一部を、映画を通じてフレームアップできるのではないか―と、企画者および編集者は考えたのでしょう(確信的推論)。

目次

  • 1968年『2001年宇宙の旅』宇宙という存在を初めて映画で表現した作品
  • 1968年『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』繰り返し見るならレオーネだ
  • 1969年『ワイルドバンチ』こんなカッコいい映画を見たことない
  • 1970年『ライアンの娘』映画のなかに伏在するもう1つの映画を初めて垣間見た
  • 1971年『わらの犬』誰1人として本質を見抜けていない異端の映画
  • 1972年『ラストタンゴ・イン・パリ』固有のテーマを必要としなかったベルトルッチ
  • 1973年『映画に愛をこめて アメリカの夜』映画好きは見ないと損だけど、一生を台無しにするかも?
  • 1974年『田園に死す』寺山修司の引用で作られた寺山修司の映画
  • 1975年『新幹線大爆破』日本映画が日本の戦後にケンカを売った最後の映画
  • 1976年『タクシードライバー』トラヴィスと同じように「拳銃が欲しい」と自分も思った

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

映画を「語る」ということ

2020/09/27 00:08

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まるわれい - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画監督、押井守が「1年に一本ずつ、50年分の映画を語る」という意図で語られる本で選ばれる映画がイコール映画史に残る傑作・名作であるとは限らない。むしろ脱線して思いもよらぬ結論に落着していくところに本書を読む意味がある。押井守による「映画の演出論」として読むも良いし、「アニメ業界のよもやま話」としても一級の本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

熱量

2021/02/09 23:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:6EQUJ5 - この投稿者のレビュー一覧を見る

1968年から2017年までの50年間から、各年1本映画づつ押井監督が選び、語り尽くす一冊。ストーリーを説明するのではなく、ディテールへのこだわりが凄い。映画への熱を強く感じる、非常に「濃い」本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/11/06 11:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/11 16:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/11/09 00:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/11/21 15:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/29 02:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。