サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~4/30

修正:新規会員30%OFFクーポン(~4/30)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. 筑摩書房
  6. ちくま新書
  7. 渋沢栄一 ――日本のインフラを創った民間経済の巨人

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2020/09/18
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま新書
  • ISBN:978-4-480-07318-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

渋沢栄一 ――日本のインフラを創った民間経済の巨人

著者 木村昌人

「近代日本資本主義の父」とも称される実業家・渋沢栄一(1840―1931)は、日米・日中関係改善に尽力した「民間」外交家であり、さらには社会福祉、教育などにも深く関わった...

もっと見る

渋沢栄一 ――日本のインフラを創った民間経済の巨人

税込 1,045 9pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 17.5MB
Android EPUB 17.5MB
Win EPUB 17.5MB
Mac EPUB 17.5MB

渋沢栄一 日本のインフラを創った民間経済の巨人 (ちくま新書)

税込 1,210 11pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「近代日本資本主義の父」とも称される実業家・渋沢栄一(1840―1931)は、日米・日中関係改善に尽力した「民間」外交家であり、さらには社会福祉、教育などにも深く関わった慈善事業家でもあった。本書は、論語・算盤・「民主化」という三つのキーワードをもとに、東アジアの伝統と文化の中で育まれた渋沢の精神を明らかにし、渋沢の構想した「英米資本主義」を超える日本発の新しいグローバル資本主義を考察しながら、稀有なリーダーの足跡を余すところなく踏襲する試みである。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

渋沢の生涯を編年体で俯瞰

2020/11/07 15:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つばめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は渋沢栄一記念財団勤務などを経て、現在は関西大学客員教授であり、『渋沢栄一 民間経済外交の創始者』・『グローバル資本主義の中の渋沢栄一 合本キャピタリズムとモラル』などの渋沢栄一に関連する著作を執筆している。渋沢栄一は500近くの企業の設立や経営に関係するとともに、600近いフィランソロピー(慈善、奉仕)の分野の団体や個人の活動に関与した「近代日本資本主義の父」とも称される実業家である。著者はプロローグで<いままでの渋沢の評伝や研究書は、経済、経営、思想、民間(国民)、外交、福祉、教育などの分野別に彼の人生を語るものが多かったが、これも渋沢の全体像を見えにくくしていた。渋沢の真骨頂は、公益を増大することを大きな目標に掲げて、あらゆる事象に関心を持ち、同時並行的に粘り強く実行したことである。そこで本書では、六つの章に分けて、彼の九十一年の人生を編年体で俯瞰したい。>と記述している。著者が研究者ということもあり、本書では渋沢の業績を淡々と感情移入することなく描き出している。このため、渋沢の事業にかける情熱や苦悩が直に伝わってくる内容ではない。渋沢の伝記・評伝を期待する読者にとっては、若干期待外れとなるかもしれない。
渋沢は民間外交家でもあり、戦争は健全財政を危うくするという観点から、明治初期の台湾出兵から非戦論を唱えてきた。日露戦争後、ロシアに代わって満州への日本の権益を強引に拡大することにも危惧を感じていた。満州における鉄道建設を米国の鉄道王ハリマンの提案による日米共同事業とすることに渋沢は期待していたが、日本の権益を重視する小村寿太郎外相らにより実現しなかった。渋沢の期待が実現していれば、その後の日本の歴史も大きく変わったのではなかろうか。単なる経済人に留まらず、日本の針路を見据えていた偉大なる巨人との印象を改めて強くした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/04/19 10:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/28 22:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/04 16:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/14 08:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/27 15:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/30 09:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。