サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~2/25

修正:新規会員30%OFFクーポン(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. 講談社
  6. ブルー・バックス
  7. 新型コロナ 7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正体

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

新型コロナ 7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正体

著者 宮坂 昌之

免疫学の第一人者が、最新の科学データで正体不明のウイルスの謎に迫る。これぞ新型コロナ解説書の決定版!山中伸弥氏推薦(京都大学iPS細胞研究所 所長)「新型コロナウイルスを...

もっと見る

新型コロナ 7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正体

税込 1,100 10pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 31.4MB
Android EPUB 31.4MB
Win EPUB 31.4MB
Mac EPUB 31.4MB

新型コロナ7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正体 (ブルーバックス)

税込 1,100 10pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

免疫学の第一人者が、最新の科学データで正体不明のウイルスの謎に迫る。
これぞ新型コロナ解説書の決定版!

山中伸弥氏推薦(京都大学iPS細胞研究所 所長)
「新型コロナウイルスを正しく知ることが、私たちにとって今最も重要なことです。最新の科学データを元に書かれた本書は、大いにその手助けをしてくれるでしょう」

新型コロナウイルスが中国で発生したのは、2019年12月。それからわずか半年の間に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は瞬く間に世界に伝播し、10月末には全世界の感染者数は4400万人を突破し、死者は120万に迫ろうとしている。このウイルスは過去にパンデミックを引き起こしたインフルエンザウイルスとは明らかに違う性質を持っており、得体の知れない様々な謎を秘めている。「あり触れた風邪ウイルスがなぜパンデミックを起こしたのか?」「幼児は、感染しても軽症が多いのに対して、高齢者が感染すると重症化しやすい。なぜかくも症状に差が出るのか?」「なぜ獲得免疫のない日本人の多くが感染を免れたのか?」「有効なワクチンは本当に開発できるのか?」など誰も知りたい新型ウイルスの7つの謎に、最新の科学的知見に精通した免疫学の第一人者が果敢に挑む。本格的流行期を前に必ず読んでおきたい「読むワクチン」。

日本を騒がす風説を一刀両断!
●「実は日本人の大半はコロナに感染。集団免疫はすで確立している」は本当か?
●「コロナはただの風邪。恐るるに足らず」は、危険で間違っている!
●徹底的なPCR検査でも、コロナウイルスの封じ込めができない理由とは
●インフルエンザにすぐ感染する子どもたちが、コロナに罹りにくいのはなぜ?
●BCG接種にコロナウイルス感染を防ぐ力があるは本当か?
●トランプ大統領を救った?人工的中和抗体は「ゲームチェンジャー」になるのか
●抗体には、症状を悪化させる悪玉抗体、何の役にもたたない役なし抗体もある

目次

  • プロローグ 
  • 第1章 風邪ウイルスがなぜパンデミックを引き起こしたのか 
  • ・パンデミックとは─エンデミック、エピデミックとの違い 
  • ・パンデミックの歴史 
  • ・ 何がパンデミックをもたらすのか 
  • ・パンデミックはまた来るのか 
  • 第2章 ウイルスはどのようにして感染・増殖していくのか 
  • ・ウイルスと細菌の違い─ウイルスは宿主細胞がないと生きられない 

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (11件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

客観的、科学的で良心的な書

2020/12/28 17:24

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:暴れ熊 - この投稿者のレビュー一覧を見る

そもそもウイルスとは何か、免疫とは何かというような、基本的な知識から、素人にもなるべくわかりやすいように書かれています。
科学的なエビデンスに基づいて、わからないことはわからないと書いているところもとても良心的だと思います。
思い込みに基づいて断定的に述べている箇所はありません。
過度に恐れるのは間違っているが、かといって、まったく対策をしないのも間違いである。
中庸、中立、客観的、科学的な立ち位置から書かれた良心的な本だと思います。
コロナ関連はこれを含めて3冊読みましたが、これが一番納得できました。
読むべき本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

免疫の仕組みからコロナまでわかりやすい

2021/01/06 21:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山猫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

免疫学の専門家が新型コロナをモチーフとして免疫の仕組みをわかりやすく解説している.コロナの謎を免疫学の立場から説明.時節柄,興味を持って読むことができた.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

文字が大きくて読みやすく、知りたい情報が提供されています

2020/12/24 16:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:広島の中日ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

新型コロナについて私たちが思う様々な質問に、免疫学者の著者が的確な回答を記した1冊です。
 文章の文字が大きく、さらに表や図、イラストを多用しているため、理系ではない人でも読みやすい内容に仕上がっています。
「そもそも免疫って何ぞや?」という基本から、著者が丁寧に教えていただいています。読む価値ありの1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「そもそも」の確認

2020/12/16 21:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クッキーパパ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この種のテーマは最新情報がどこまで反映出来るか難しい所だと思いますが、ぎりぎりまで引っ張って頂いたと思うし、細菌とウイルスの違い等「そもそも」を理解していない自分には、頭と情報が整理できて、ありがたい内容です。理解するには難しい箇所もそれなりにありますが、「今そこにある危機」に、緊張感をもって最後まで読めました。100年に一度のこの禍に関する本を持っていること、再読したり共有できることは意味のあることだと思っています。タイムリーな好著だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新型コロナウイルス感染を正しく知る新型

2020/12/16 12:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nekodanshaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

コロナ禍の中で。ウイルスやその感染症に関して正しい情報を得て医療リテラシーを上げ、感染リスクを軽減するための合理的な方法を取ることが必要である。2019-nCoVの人の上皮細胞などへの感染の仕方、1型インターフェンロン遺伝子を抑える仕組みとそれにより引き起こされる免疫異常、個人さの強い反応を引き起こす原因などが記載されている。ワクチン接種が今後のテーマであるが、ウイルスを殺すのは必ずしも抗体とは限らない。ワクチンは、自然免疫がうまく動かないと獲得免疫が十分に動かず、その効果は十分に発揮できない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

免疫学・生物学の知識がないと理解できない

2021/01/25 21:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つばめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は免疫学者。免疫学や生物学の知識を有する読者でないと本書を理解するのは難しかろう。著者もこのことは重々承知で、「一般の方々には難しいかもしれません。読みにくいところは無視していただいて結構です。」との趣旨のコメントが何箇所かにある。
それでも集団免疫に関する次の内容を理解するだけでも本書を読む価値はあると思う。
2020年4月の厚生労働省クラスター対策班の記者会見で、8割おじさんこと西浦博教授が、日本人は新型コロナウイルスに対する免疫を持たないので、対策をしないと重傷者85万人、死者42万人となる可能性があるとの予測を発表した。これは、国民の6割以上が感染することを前提とした予測値らしい。集団免疫説では、「集団の6割が免疫を持っていないと感染が拡大していく」であって、「免疫を持たないと6割が感染する」は誤りらしい。武漢やダイヤモンド・プリンセス号のような深刻な感染状況でも感染者の割合は2割程度。「6割」の前提条件は、いかにも過大であったことが分かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

疑問が残りました。

2021/02/10 21:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アンタレス - この投稿者のレビュー一覧を見る

筆者の思いとしては「過度に恐れず、侮らず。マスク、三蜜を避ける、換気などの有効性を正しく理解すれば過度に恐れる必要はない」ということのようですが、
免疫学の観点からの病理解説に説明を割いているからでしょう、
マスクの有効性、三蜜を避ける有効性の根拠について明言がないので、エピローグでその思いを披露するだけでは、マスコミ報道で過度に恐れている人に対してどこまで安心感を与えられるのかは疑問だと思いました。
免疫暴走によって重症化が起こる説明に際し、軽症で済むか、重症化するかの差が「高齢者に【多い】」と、
個体差の域を出ない記述(事実そうなのでしょうが)からは「自分が重症化するかも」との畏怖を助長しますし、
それに対する有効な対策や治療法について、
治療法は「確立され【つつある】」で、対策(前述のマスクなど)の有効性についての説明がないので、
免疫暴走の怖さだけが印象に残りかねないと感じました(マスクによる飛沫の飛散防止の有効性を、活動性を発揮しだすウイルス量と関連づけての説明があればと思いました)。

あとPCRの有効性について、電子版79ページに「感度は高くて良い。後の章で述べるが問題は使い方」とありましたが、使い方の具体的な提言を述べている「後の章」がどこか分かりませんでした。
直前の文章には積極的にPCR検査を行ったベトナムを見習うような記述があり、反対にエピローグでは「国民全員がPCR検査する必要がある」という意見を極論として却下しており、筆者のスタンスが理解出来ませんでした。
PCR陽性イコール感染状態とは限らない事に言及されながら、検査方法まとめの表でウイルス消失後の反応性を抗原検査と同じく「-」と明記されているのも疑問でした(感染初期の反応性と同じく「-~±」にすべきかと)。

最後に、インターフェロン生成・作用の阻害からどのようにして免疫暴走へと繋がっていくかの未判明の経路について、
終章で扱っていた悪玉抗体が関係してるのでは、・・・悪玉抗体の作用でウイルスに感染した食細胞が過剰な免疫刺激物質を放出して免疫暴走の引金になっている可能性が思い浮かびましたので、それに関連した研究がないのか気になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/12/30 15:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/12 22:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/10 23:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/08 03:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/04 09:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/22 19:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/29 09:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/09 11:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。