サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~8/31

新規会員50%OFFクーポン ~8/31

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 新潮社
  6. 新潮文庫
  7. 1Q84
  8. 1Q84―BOOK1〈4月-6月〉後編―(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 280件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2020/12/18
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-100160-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

1Q84―BOOK1〈4月-6月〉後編―(新潮文庫)

著者 村上春樹

ふかえりはきっと特別な存在なんだ、と天吾はあらためて思った。ほかの少女たちと比べることなんてできない。彼女は間違いなくおれにとって、何らかの意味を持っている。それなのにど...

もっと見る

1Q84―BOOK1〈4月-6月〉後編―(新潮文庫)

税込 649 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 6.7MB
Android EPUB 6.7MB
Win EPUB 6.7MB
Mac EPUB 6.7MB

1Q84 a novel BOOK1後編 4月−6月 (新潮文庫)

税込 737 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

ふかえりはきっと特別な存在なんだ、と天吾はあらためて思った。ほかの少女たちと比べることなんてできない。彼女は間違いなくおれにとって、何らかの意味を持っている。それなのにどうしてもそのメッセージを読み解くことができない。……『空気さなぎ』、宗教集団さきがけ、リトル・ピープル、そして夜空に浮かぶ月。謎に満ちた「1Q84年の世界」を生きる天吾と青豆の運命は──。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー280件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

1Q84の世界に生きる天吾と青豆の運命はどうなるのか!

2016/08/22 09:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

『1Q84』第2巻では、1Q84の世界に生きる天吾と青豆の運命を見つめていきます。天吾は「ふかえりはきっと特別な存在なんだ」と改めて思います。「ほかの少女たちと比べることなんでできない」。そして「彼女は間違いなく、俺にとって何らかの意味をもっている」と。しかし、どうしても彼には彼女からのメッセージを読み解くことができません。「空気さなぎ」、「宗教集団さきがけ」、「リトル・ピープル」、「夜空に浮かぶ月」など、謎に満ちた世界で、二人の運命はどうなるのでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白い!

2012/07/11 02:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ベリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

文庫は持ち運びに便利!!
電車通勤のときに、読みました!

1Q84の世界に深く入り込んでゆく二人にドキドキです!早く3巻も読まなくては!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最初は良かったのですが、何とも…

2018/05/05 18:21

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黒猫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

名の知れた作家さんなので、珍しく読む機会があり読んでみた。流石文章が上手く、読者を飽きさせない、様々な謎やミステリアスな世界に知らずに引き込まれてあっという間に二巻まで読んだ。しかし、宗教に絡んだ10歳の少女レイプや近親相姦を匂わせる辺りから、ん?と少し思ったが、この二巻を読み切って、やはり村上春樹らしい小説だと思った。実行に移すまでの決心の早い殺人行為にも驚いたが、「天吾」を生かす為に己の命を捧げる決意をする「青豆」という女性は、男性の望む理想像で願望ですね。年上のガールフレンドや美少女「ふかえり」もそうですが、これは男性のハーレム欲望をいかに「空気さなぎ」や「リトル・ピープル」などを動機として、物語の中で支障ない形で作品にした、娯楽小説ですね。「空気さなぎ」や二つの月のある世界など、不思議要素は盛りだくさんで面白いのですが、好青年「天吾」のハーレム世界よりは、癖のある編集者「小松」を主人公にしたハーレム世界の方がまだ納得して楽しめた感じがします。小説とはいえ、男性が女性に襲われる被害者の位置と設定することで、その場合男性の欲望は黙認され正当化されている部分が、ハーレム正当化に欠かせない要素ですね。実の娘や10歳の少女が大人の男性を性的に襲うなど、そうしてもらいたい願望がある男性にとっては、この物語は違和感なく楽しんで読めると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

1984は普通?

2012/08/19 12:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BEN216 - この投稿者のレビュー一覧を見る

状況や環境の野描写はさすが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

国内でしかさほど評価されない理由も受け止めるべき

2020/04/30 08:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ライサ - この投稿者のレビュー一覧を見る

どれだけ辛辣に三島を批判しようが、彼の浅はかさを露呈したように。
この作品は1984年が舞台となっている。それ自体は問題ではない。
ちょうど私が生まれた頃の時代であるがそれもさして問題ではない。
しかし村上作品はどれも「何かを読んだ」「何かを得た気分」にはしてくれてもそれを言語化できる人は少ない。他人に「どこがどうおすすめ」か説明する際に具体例をもって話せる人はさらに少ない
この小説も同じ特性を持っている
村上春樹が金太郎飴しか作れないと言われる所以でもある
読みやすい小説ではあるがだからと言って歴史に残る作品ではないレベルの小説にはやはり厳しい評価しかしにくいものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/10/22 12:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/16 01:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/31 11:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/18 08:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/27 05:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/04 14:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/14 13:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/06 15:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/30 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/19 19:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。