サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~5/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 新潮社
  6. 新潮文庫
  7. 1Q84
  8. 1Q84―BOOK1〈4月-6月〉前編―(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 436件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2020/12/18
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-100159-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

1Q84―BOOK1〈4月-6月〉前編―(新潮文庫)

著者 村上春樹

1Q84年──私はこの新しい世界をそのように呼ぶことにしよう、青豆はそう決めた。Qはquestion markのQだ。疑問を背負ったもの。彼女は歩きながら一人で肯いた。好...

もっと見る

1Q84―BOOK1〈4月-6月〉前編―(新潮文庫)

税込 649 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 6.8MB
Android EPUB 6.8MB
Win EPUB 6.8MB
Mac EPUB 6.8MB

1Q84 a novel BOOK1前編 4月−6月 (新潮文庫)

税込 737 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1Q84年──私はこの新しい世界をそのように呼ぶことにしよう、青豆はそう決めた。Qはquestion markのQだ。疑問を背負ったもの。彼女は歩きながら一人で肯いた。好もうが好むまいが、私は今この「1Q84年」に身を置いている。私の知っていた1984年はもうどこにも存在しない。……ヤナーチェックの『シンフォニエッタ』に導かれて、主人公・青豆と天吾の不思議な物語がはじまる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー436件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

引き込まれました!

2012/07/11 01:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ベリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

文庫化を待ってました!!

青豆と天吾の話が、交互に進み、これから二人の運命がどのように交差していくのかとても楽しみです!

一気に引き込まれました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

実は。

2013/06/19 19:21

5人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:futureリズム - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハルキストのハシクレだけど、これだけ読んでなかった(笑い)。もうだいぶ周りからのノイズに毒されてはいますが、読みました。
まぁ、いいんじゃない(笑い)。投げっ放しジャーマンも、分かっていれば受けられます。文体や雰囲気が好きだから、ね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

良くも悪く春樹

2021/07/28 23:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ichikawan - この投稿者のレビュー一覧を見る

『ねじまき鳥クロニクル』となにかと比較したくなる作品であるが、『ねじまき鳥』が志の高さに溢れていたとすれば、こちらは「手癖」で書いたものという印象は否めなくもある。とはいえさすがは春樹でもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不思議な、月が2つある世界の物語

2016/01/31 09:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この小説では、筆者は読者を不思議な世界につれていってくれます。ストーリー全体はミステリーのような形態をとっていますが、単なるミステリーでないところが筆者も持ち味でしょう。主人公の青豆は、この世界を「1Q84」と呼んでいます。彼女の生きる「1984」と似ていますが、どこか違います。でも、どこが違うのかよくわからないのです。そこで、Questionの「Q」を付けたということです。ストーリー展開は巧みで、読者は一気にこの不思議な1Q84の世界に引き込まれていくことでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

後編が楽しみ

2013/09/18 21:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:D5 - この投稿者のレビュー一覧を見る

前編だけ読んでのレビューになりますが、これから登場人物たちがどのように関わっていくのか楽しみになりました。
自分は1Q84がどのような物語か知らずに読んでいるので、まだこの物語のジャンルを掴めずにいる段階だけど、言い表し方や話の構成がとても面白いくて分かりやすいです。

とにかく、早く後編が読みたい!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

1984は普通?

2012/08/19 12:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BEN216 - この投稿者のレビュー一覧を見る

期待が大きかっただけに、どうかな・・・?
ただ、次が読みたいと思わせる筆力はさすが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やはり金太郎飴

2020/04/30 08:04

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ライサ - この投稿者のレビュー一覧を見る

どれだけ辛辣に三島を批判しようが、彼の浅はかさを露呈したように。
この作品は1984年が舞台となっている。それ自体は問題ではない。
ちょうど私が生まれた頃の時代であるがそれもさして問題ではない。
しかし村上作品はどれも「何かを読んだ」「何かを得た気分」にはしてくれてもそれを言語化できる人は少ない。他人に「どこがどうおすすめ」か説明する際に具体例をもって話せる人はさらに少ない
この小説も同じ特性を持っている
村上春樹が金太郎飴しか作れないと言われる所以でもある
読みやすい小説ではあるがだからと言って歴史に残る作品ではないレベルの小説にはやはり厳しい評価しかしにくいものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まだ早かった

2012/06/21 16:23

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K・I - この投稿者のレビュー一覧を見る

再読しようと買いましたが、
途中で挫折しました。
まだ、文章を頭が覚えているというか。

もっと時間が経ってから、
再読すべき、と思いました。

やはり、読書にはタイミングというものがあるようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/10/22 12:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/19 11:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/05 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/19 13:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/16 22:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/27 11:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/11 17:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。