サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~12/2

新規会員50%OFFクーポン ~10/31

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 講談社
  6. 【期間限定価格】スモールワールズ

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 183件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2021/04/21
  • 出版社: 講談社
  • ISBN:978-4-06-522269-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

【期間限定価格】スモールワールズ

著者 一穂 ミチ

【第165回直木賞候補作】読売新聞、日経新聞、本の雑誌……各紙書評で絶賛の声続々!「驚きの完成度!」――瀧井朝世さん(『スモールワールズ』公式HP書評より) 「BL界の鬼...

もっと見る

30%OFF

【期間限定価格】スモールワールズ

12/09まで通常1,562

税込 1,093 9pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.5MB
Android EPUB 4.5MB
Win EPUB 4.5MB
Mac EPUB 4.5MB

スモールワールズ

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【第165回直木賞候補作】
読売新聞、日経新聞、本の雑誌……各紙書評で絶賛の声続々!
「驚きの完成度!」――瀧井朝世さん(『スモールワールズ』公式HP書評より) 
「BL界の鬼才恐るべし」――北上次郎さん(日本経済新聞 5月6日書評より)
夫婦円満を装う主婦と、家庭に恵まれない少年。「秘密」を抱えて出戻ってきた姉とふたたび暮らす高校生の弟。初孫の誕生に喜ぶ祖母と娘家族。人知れず手紙を交わしつづける男と女。向き合うことができなかった父と子。大切なことを言えないまま別れてしまった先輩と後輩。誰かの悲しみに寄り添いながら、愛おしい喜怒哀楽を描き尽くす連作集。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー183件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

ミステリアス

2021/04/22 22:20

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くみみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

6つの異なる毒素が注入された短編集。少し見えたと感じた先が思わぬ方向に転がり落ちていく恐怖と焦燥感を煽るミステリアスな作品。全編通して他人では触れ難いテーマで、読後タイトルが意味が重くのし掛かってくる不思議な後味

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

凄く良かった

2021/06/06 21:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まろりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

一穂さんの紡ぎ出す文章が好きです。一話読むたびに余韻が凄くて、次の話を読むのに少し時間が必要でした。素晴らしかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

毒がひと匙。

2021/05/25 23:29

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふよふよ - この投稿者のレビュー一覧を見る

単話集で、次のお話へ少しずつ重なっていく構成。それぞれのお話に毒が含まれていて、読んでいてつらいのに読み進めずにはいられない。
BLをたくさん書かれていて、描かれる人物像に引き付けられてコンプリートしているのだけれど、今作も含めて作品全体に通底するのは、人のなかに混在する善きものと悪しきものをまとめて「全部あわせてこの人だよ」というような、醒めたような視線。痛いところをえぐられるようだけれども、魅力的。
やはり、目が離せないストーリテラーだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

圧倒的な読みやすさ

2021/07/06 13:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ルフラン - この投稿者のレビュー一覧を見る

すぐに読み終わってしまった。短編とはいえ、全然違う世界観を行ったり来たりしたので、とても得した気分になった。
「どの作品が好き?」と聞かれたら、「ネオンテトラ」と答えるだろう。ヒロインがどうしようもない倦怠感を振り払って、彼女のものさしでは最高の幸福を手に入れた手腕に拍手を送りたい。
いずれの作品も善ではないが悪でもない。
幸せな人生を手に入れるためには、正しい事ばかりは言ってられない現実がちりばめられていて興味深かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

特に「花うた」という小説が気に入っています

2021/05/26 20:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スパシット - この投稿者のレビュー一覧を見る

6つの短編が収録されています。
それぞれが単体独立していて、連作というわけではありません。
どの作品も描かれる世界が鮮やかで魅力的ですが、私は特に「花うた」という小説が気に入っています。
書簡のみで展開されるため、宮本輝さんの「錦繍」を彷彿とさせられます。
加害者と被害者遺族の手紙のやり取り。手紙だけに、むきだしの感情が言葉のみならず行間からもダイレクトに伝わってきます。
読み取れる心の揺れ動きと流れる月日が、二人の人生を浮き彫りにし、直接描かれていない情景までも目に浮かぶようでとても感動しました。
ほかの作品もどれも素敵なので、多くの方に読まれるといいなと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ワールド

2021/11/06 10:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なま - この投稿者のレビュー一覧を見る

スモールワールズというタイトルからは考えられないくらい多くのことを感じました。短編集ですが、一つひとつの話が大きな流れの様なメッセージを感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

街の灯り

2021/08/13 09:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

6話の短篇集
どの話も毒があって不安な気持ちを感じながら読んでいると、ラストいい話でホッとさせられるものもあった。
しかし「ネオンテトラ」だけは読みたくなかった。
何が言いたい?何を伝えたい?こんな物語を読んで、どう感じたらいい?

被害者遺族の新堂深雪と犯罪者の向井秋生の手紙のやり取りで物語が進む「花うた」は秀逸。
兄を殺された深雪の憎しみ、寂しさ、秋生への気持ちと秋生の生い立ち、秋生の気持ち、反省が素直に書かれていて、ラストの展開も見事。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

確かな描写力

2021/08/10 18:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うみしま - この投稿者のレビュー一覧を見る

新聞の書評を見て読みたいと思っていたら、いつの間にか直木賞候補作となっていました。初めて読む作家さんですが、確かな描写力に裏打ちされたストーリーは一つ一つ手触りが違う味わいとなっています。連作短編なので、緩やかに環となってつながるのですが、一つ一つの物語だけでも十分に楽しめる内容です。特に気に入ったのは、「魔王の帰還」と「愛を適量」です。ストーリーもほっとするような温かなものとヒヤリとした感触のものがあり、そのいずれもしっかりとした造りになっています。今後の作品も楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

どの世界にも毒がある

2021/06/30 22:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kochimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

どの世界にも毒がある。
自分と、その周りの何人かの小さな世界であっても、
キッチリ毒が混入されている。
そのことに畏れおののくと同時に、
ちょっとだけ安心する。

6編のショートショートの中で、
花うたという作品が一番心に残りました。
涙なくしては読めませんでした。
ピースをなくさないようにすること、
なくしたかけらを埋め合わせることの意味を
ずっと考えています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小さな世界で、心をのぞき込む

2021/06/18 19:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nekodanshaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

思い通りにならない不条理な世界が、少しだけ愛おしいものになる短編集。一つ一つの物語に、明らかなつながりはないけれど、読み終えたときの、不思議なやるせなさで、つながっているのだと思う。こじんまりとした箱庭のような物語だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

短編集だが

2021/10/20 01:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エムチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

それぞれが連作のような続き方で始まります。後味のいいもの、悪いもの、さまざま……。中でも「魔王の帰還」は、自分はいいと思いましたが、逆の感想の方もありそう。むしろ……「愛を適量」もそうかな、これって……

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

うーん

2021/05/26 20:15

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:漂白 - この投稿者のレビュー一覧を見る

新感覚という評判に惹かれて読みました。
読み終え、ん?どこが?でした。どれも普通の展開に終わらない短編ですが、捻られても「そうですか」。繋がりがあると見られるネオンテトラと式日もなんだかパッとせず。
blから一般文芸で書かれた作家さんらしい。blも読んでみようかなとは思いました。
凪良さん同様の著者紹介で、こういう感じで一般文芸も書く作家さんが増えてくるんですね。作風が似ているので受け入れ易いとは思いますが、目新しさは感じられませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/10/17 09:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/05 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/19 11:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。