サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~9/30

 新規会員50%OFFクーポン ~9/30

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 53件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2021/04/08
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • ISBN:978-4-344-43081-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

いのちの停車場

著者 南杏子

東京の救命救急センターで働いていた、六十二歳の医師・咲和子は、故郷の金沢に戻り「まほろば診療所」で訪問診療医になる。命を送る現場は戸惑う事ばかりだが、老老介護、四肢麻痺の...

もっと見る

いのちの停車場

税込 743 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 2.7MB
Android EPUB 2.7MB
Win EPUB 2.7MB
Mac EPUB 2.7MB

いのちの停車場 (幻冬舎文庫)

税込 781 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東京の救命救急センターで働いていた、六十二歳の医師・咲和子は、故郷の金沢に戻り「まほろば診療所」で訪問診療医になる。命を送る現場は戸惑う事ばかりだが、老老介護、四肢麻痺のIT社長、小児癌の少女......様々な涙や喜びを通して在宅医療を学んでいく。一方、家庭では、脳卒中後疼痛に苦しむ父親から積極的安楽死を強く望まれ......。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー53件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

在宅医療の現場

2021/06/14 22:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nekodanshaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

医療現場は社会の縮図であり、そして生活弱者の縮図でもある。特に在宅医療は、ひとくくりにできる医療現場ではなく、ひとりひとりの患者と、その人を取り巻く家族・地域の人の生き方が絡み合う。生きている時間が苦しみの時間を延ばすだけになる在宅医療があるだろう。その中で、医療者の誠意が、患者に寄り添う姿が、他者には別のものに見えることがあるのではないか。生きる場をつくるのが、医療者であるが、それは、行き尽く先の死を創ることにもなる。心を揺さぶる作品だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

本格医療小説

2021/06/14 14:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なのはな - この投稿者のレビュー一覧を見る

終末期医療、在宅医療の現実と問題点を題材にした本格医療小説です。在宅医療する患者にもいろいろな事情をかかえる場合があり、少ないスタッフでそれらに対処してゆく難しさを感じました。終末を悟った患者本人、残される家族がどんな風に感じ、どうやって希望を見出していくのか、いろいろと考えさせられた小説でした。日本のそして世界の現実がここにあります。美しくも悲しい物語。人間はみな最後には死んしまうことを思えば、そこに必ずドラマが生まれているのかなあ、なんてことを思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

都会と田舎の医療の格差かな?

2021/04/30 12:06

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kotep - この投稿者のレビュー一覧を見る

都会の救急病院を退職し、地元金沢に戻って幼馴染の訪問診療を手伝い始めた咲和子。咲和子は訪問医療の現実を知り、今までの救急医療とは全く違う状況に驚く。
そして訪問医療にはいろいろな問題があることに気付く。患者の容態だけではなく、金銭面や介護スタッフの問題等、そして患者の治療方針や内容まで多岐にわたる。咲和子は一つ一つ問題をクリアしていくが、大きな問題が立ちはだかった。実父が積極的安楽死を望んでいた・・・。

安楽死の議論については発生してからではなく、継続的に議論して欲しいものです。
今の地域医療の問題点が満載でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

考えさせられる内容。

2021/05/21 19:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トッツアン - この投稿者のレビュー一覧を見る

在宅医療というと、私の浅薄さもあるが、高齢者対象と思っていた。考えてみればホスピスとして終末を自宅で迎える人もいる。小さな子供身体老齢者迄対象は幅広い。
病気になれば病院に行くのが普通だが、行けない人もいる。
医者も患者を待つのでなく、積極的に出向く必用もあるだろう(昔は往診してくれたが、今の医者は往診も嫌がる)。
医療そのものの問題点を浮き彫りにした作品で考えさせられた。
一方で、父親への向きかたには、今一つ踏み込みが浅かったと思う。その立場になれば、もっと悩み苦しむだろう。僅か数ページで結論に至るところが表層的でいただけない。
ここは映画で女優がどう表現するか見処だと思う。著者の表現力では限界があるのだろう。
それにしても、医者は命の限界が分かるだけに辛いところかもしれない。
ある意味で、辛く因果な職業だとも思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/09/21 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/06/13 08:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/23 15:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/03 14:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/09 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/08 13:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/30 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/04 17:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/19 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/22 19:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/06/06 21:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。