サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~12/31

新規会員50%OFFクーポン ~10/31

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 漫画・コミック
  4. 男性向けコミック
  5. 白泉社
  6. ジェッツコミックス
  7. 自殺島
  8. 【期間限定 無料お試し版 閲覧期限2021年8月25日】自殺島(1)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 52件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

コミック

電子書籍

【期間限定 無料お試し版 閲覧期限2021年8月25日】自殺島(1)

著者 森恒二

【無料試し読み閲覧期間 2021/8/25まで】「自殺島」─それは、自殺を繰り返す“常習指定者”達が送られる島。主人公・セイも自殺未遂の末、その島へと辿り着いた。果たして...

もっと見る

【期間限定 無料お試し版 閲覧期限2021年8月25日】自殺島(1)

閲覧期限:2021/08/25 23:59

税込 0 0pt
販売終了

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 56.7MB
Android EPUB 56.7MB
Win EPUB 56.7MB
Mac EPUB 56.7MB

自殺島(1)

税込 565 5pt

自殺島(1)

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 56.7MB
Android EPUB 56.7MB
Win EPUB 56.7MB
Mac EPUB 56.7MB

自殺島 サバイバル極限ドラマ 1 (JETS COMICS)

税込 565 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【無料試し読み閲覧期間 2021/8/25まで】
「自殺島」─それは、自殺を繰り返す“常習指定者”達が送られる島。主人公・セイも自殺未遂の末、その島へと辿り着いた。果たして、セイ達の運命は!? 極限サバイバルドラマ待望の第1巻リリース!!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー52件

みんなの評価3.6

評価内訳

電子書籍

深いお話

2020/09/16 06:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:バタコさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

衝撃的なタイトルですが、自殺願望のある人達が生きるという意味や希望を手に入れていくというストーリーで非常に感動しました。この作品が誰かに勇気を与えれたらいいなーと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読んでて体温下がった

2015/12/11 20:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴー - この投稿者のレビュー一覧を見る

自殺島に送られて、再び自殺を試みる人、生きることを選択しそこから動き始めた人。それぞれの葛藤が垣間見られる話です。

まず、生きることを選択した人たちが「飲み水」を求めるところで驚きました。主人公の言う通り、飲み物で困ることなんて普段はないし、好きなものを選んでまで飲んでいる。それを知った時、なんだか鳥肌がたちました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

新しい設定が面白いです。

2020/11/26 14:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:繊細さん - この投稿者のレビュー一覧を見る

自殺未遂者を一つの島に送る、それがこのお話の舞台の自殺島です。法も秩序もなく生きることに絶望した人達が、どのように希望を持ち生きていくのか、面白くもあり考えさせられます。残酷な描写もありますが、それを上回る面白さです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

おすすめだったので

2020/08/15 17:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:明日のことは明日に今日のことも明日にしよう - この投稿者のレビュー一覧を見る

ブックツリーでおすすめだったので読んでみた
なるほど、監禁やら、自殺の心理やら、団体行動やら、サバイバルやら
いろんなことが詰め込まれています。
話の内容は素晴らしいのですが、人の描写が苦手なのでしょうか、
キャラの見分けがつきにくいです、動物はすごく上手に描いているのに・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

面白かった!

2015/12/18 00:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:モリリ - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんてタイトルなんだ!?と思ったけど、一気に読んでしまった!
全巻読んでみたくなった!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

最後まで読みたい

2013/10/17 13:23

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろん - この投稿者のレビュー一覧を見る

まず1巻と思い読み初めてみたらハマりました。秩序のない中で起きる争いやサバイバル術など期待どおりの内容でした。中だるみする巻もありますが、それでも結構面白いと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「死」を望んでいる若者達の心が「生」に向かうには何が必要なのだろうか。

2010/09/02 08:28

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みす・れもん - この投稿者のレビュー一覧を見る

自殺未遂常習者たちばかりが集まってきた。でも、主人公・セイは確実に死ねる方法を選んで未遂を繰り返したのではないようだ。「楽に死ねる」方法を何度も選んでは「失敗」しているらしい。
何度目かの未遂後、病院で「生きる権利を放棄するものは、生きる義務をも放棄している。それを本人が認識するならば書類にサインを・・・」と言われ、セイはこれで死ねるんだと思った。楽に、ね。

だけれど、目覚めたのは南国の日差しが強い島。そこに集まったのは、同じく生きる義務を放棄した者たち。日本国はその義務を放棄したものを守らない。そうして、島へ送っているらしい。島には水道も電気もない。サバイバル状態で生きるか、それともそれこそ本望と死を選ぶか。決めるのは自分。さあ、死のうと思った矢先、低い建物から飛び降りた人間に直面。初めて「死」の苦しみを目の当たりにして、ほとんどの「未遂者」が怯える。「死にたい」が「死ねない」に変わった瞬間だ。

ここからは個々に歩む道が分かれていく。やはり「死」を選ぶのか、とりあえず明日に向かうのか・・・。
セイは積極的に「死」も「生」も選べないまま、とりあえず明日を迎え続ける。「死ねない」が「生きたい」に変わるには何が必要なのだろうか・・・。

それはともかく、何故こんなにも「生」に背を向ける若者ばかりがいるのか。それぞれに理由があるのだろう。何に追い詰められ、何に絶望して・・・。でも、誰しも積極的に「死」を選んではいない。そして、「生」も選んでいない。
セイたちの気持ちが、今後、どのように動いていくのか、知りたい。

取り上げられたテーマは興味深い。日本の法律からも社会からも自由になった若者たち(若者しかいないという理由がわからないけれど)。生きるのも死ぬのも、誰かを殴るのも殺すのも犯すのも自由。盗みも咎められない。無法地帯。言わば弱肉強食のサバイバル。日本の社会から逃げようとし続けてきた者が強者となる場合もあるんだ。また、弱者のままのヤツもいる。死が身近に迫った世界に直面した若者たちは、どう行動するのだろう。

しかし、少し画に不満。キャラが区別しにくいな(苦笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

自殺島

2020/09/02 03:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mike - この投稿者のレビュー一覧を見る

自殺常習者達が集められ島流にされ国に見捨てられます。島での死を選ばなかった人達それぞれが葛藤しながら生きていく姿は見応えがあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

要らない人生?

2019/03/02 19:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

自殺未遂を繰り返し、リストアップされたあげく、ある書類にサインを求められる人々。
やっと、人生を終えると安心するけれど、待っていたのは・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

島の登場人物全員?

2016/01/30 19:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ATS - この投稿者のレビュー一覧を見る

島で登場する人物全員重い過去というか自殺未遂経験者みたいな構成です。人間のエゴとか醜い部分も描かれています。登場人物の誰に共感するのかでこの作品の評価は変わりそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

失敗者の島

2015/11/28 11:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とりのひよこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ん〜自殺失敗者...生きて行く為の援助を拒否された人達の姥捨て山的な場所(島)ですね。姥捨て山と違うのは、島に行くまでの目印を付けれないって所ですね。
実際生きる為のサバイバルになって来ていますけどね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

弾かれた者たちへのメッセージ

2015/12/01 10:40

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BB - この投稿者のレビュー一覧を見る

様々な理由により、社会から弾かれてしまった者たちへ、生きる意味を問いかける意欲作と受け取った。とはいえ、進行は緩やかで、メンバーのうち、誰の自殺に至った理由もわからぬまま、どんどんと人が亡くなっていく。そこにカタルシスがなく、一巻は読んでいて物語的にもつまらないし、鬱々とした気持ちになる。二巻以降に期待。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/03/09 15:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/05 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/11 10:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。