サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~5/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2021/08/19
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春新書
  • ISBN:978-4-16-661324-3
一般書

電子書籍

女たちの壬申の乱

著者 水谷千秋

古代最大の内乱に秘められた愛憎劇・万葉集に名高い「額田王」が詠んだ恋の歌の謎・夫・天智天皇を慕う「倭姫皇后」の最期・天武天皇と共に国を造った「持統天皇」古代史研究の第一人...

もっと見る

女たちの壬申の乱

税込 880 8pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 22.9MB
Android EPUB 22.9MB
Win EPUB 22.9MB
Mac EPUB 22.9MB

女たちの壬申の乱 (文春新書)

税込 935 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

古代最大の内乱に秘められた愛憎劇

・万葉集に名高い「額田王」が詠んだ恋の歌の謎
・夫・天智天皇を慕う「倭姫皇后」の最期
・天武天皇と共に国を造った「持統天皇」

古代史研究の第一人者が女性たちのドラマを鮮やかに読み解く。

目次
第一章 乱の経緯
第二章 三人の天皇―天智・天武・持統
第三章 天智と大海人皇子の最後の会話
第四章 大海人皇子をめぐる女たち
第五章 天智を悼む女たちの挽歌――倭姫皇后と額田王
第六章 大津宮の滅亡と消えた后妃たち
第七章 女たちの「戦後」――和解と祈りの歌

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

壬申の乱

2021/11/19 20:33

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earosmith - この投稿者のレビュー一覧を見る

元正天皇を主人公とした永井路子さんの「美貌の女帝」が好きなので、壬申の乱には興味があり読んでみました。女たちの、というわりには前半部分は男たちの壬申の乱という感じでしたが、後半から面白くなってきました。天智天皇皇后、持統天皇母などの最期がはっきりしないという点と、その考察が興味深かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

女たちの壬申の乱

2021/09/24 11:39

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:渡り鳥 - この投稿者のレビュー一覧を見る

壬申の乱を女性の観点から切り込んだ本である。冒頭、日本書紀を参考文献として壬申の乱を戦いの側面から解説している。大化の改新で有名な天智天皇が、自分の後継天皇に息子の大友皇子を指名したいが、長年、苦労を分かち合った弟の大海人皇子に遠慮がある。その天智天皇の意図に気付いた大海人皇子は、身の危険を感じ、出家をするとの事で近江から逃れて吉野に落ちていく。天智天皇が亡くなると早速、大海人皇子は動く。不破の関で東国の有志や高市皇子始め大海人皇子の息子達が集結し、大友皇子打倒に向けての狼煙を上げる。温室育ちの大友皇子に比べて百戦錬磨の大海人皇子は、圧倒して難なく勝利する。天武天皇の誕生だ。吉野から落ち延びて、天武天皇と一緒に不破の関に向かったのが、皇后である後の持統天皇である。
 戦いの説明の後はいよいよ女たちの視点から壬申の乱を語る。ここからの主役は、持統天皇である。持統天皇を中心として、天智,天武両天皇に関わる女性のオンパレードである。男の戦いとは別の厳しさを感じる。持統天皇は、天智天皇の娘であり、天武天皇の皇后である。天武天皇と持統天皇は夫婦であると共に叔父・姪の関係である。持統天皇は血統的に申し分のないサラブレッドである。持統天皇の強さは、高貴な血と天武天皇を支え通した自負によるところが大きい。天智天皇が病に倒れ、天武天皇が吉野に逃れた際も持統天皇は天武天皇と同行するが、その後は父親と一切会わず、天武天皇を支え通した。天武天皇が亡くなった後は持統天皇として皇位を継ぐが、持統天皇は我が子の草壁皇子を皇位につけたかった。草壁皇子の最大のライバルであった大津皇子を電撃的に謀反の疑いで逮捕し、処刑をした。そこまでした草壁皇子が皇位を継ぐ前に若死にしてしまった。その後の持統天皇は、草壁皇子の息子である軽皇子を後継天皇とする事に全力投球する事になる。後の文武天皇である。
 歴史的な事象は日本書紀を参考文献とし、万葉集で当時の女性達の言動や生き方を補完していくような構成になっており、額田王らの有名人も登場したりして、天智天皇と天武天皇との三角関係に関しての見解もあり、興味がわく。
 
 この本を読んでの第一の感想は、持統天皇は凄いと言う事である。妻として夫を支える信念,皇后としてのプライド,親としての子供や孫に対しての愛着,どれを取っても桁違いのスケールだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

権力争いはいつも女性が犠牲者

2021/09/28 11:20

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のりちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

壬申の乱について何か新しい知見が出てくるかなと期待したけど女性からの視点を加えただけだと感じた。
もう少し突っ込んで倭姫と遠智娘と姪娘の三人だけが何故大津京崩壊に殉じたのか著者の見解を聞きたかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2022/05/02 21:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/11/07 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/16 10:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。