サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~12/31

新規会員50%OFFクーポン ~10/31

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. 文藝春秋
  6. 文春新書
  7. 東大生と語り尽くした6時間 立花隆の最終講義
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2021/10/20
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春新書
  • ISBN:978-4-16-661335-9
一般書

電子書籍

東大生と語り尽くした6時間 立花隆の最終講義

著者 立花隆

二十歳の君たちはどう生きるかサイエンスからフランス文学、生と死、世界史――縦横無尽に森羅万象を解きほぐす。若者達に向けた「知の巨人」のラストメッセージ。目次はじめに第一章...

もっと見る

東大生と語り尽くした6時間 立花隆の最終講義

税込 950 8pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 7.8MB
Android EPUB 7.8MB
Win EPUB 7.8MB
Mac EPUB 7.8MB

立花隆の最終講義 東大生と語り尽くした6時間 (文春新書)

税込 990 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

二十歳の君たちはどう生きるか
サイエンスからフランス文学、生と死、世界史――縦横無尽に森羅万象を解きほぐす。若者達に向けた「知の巨人」のラストメッセージ。


目次
はじめに
第一章[序] 
 知の巨人、振り返る 
 死へ向かう身体 
 リアリティの皮相 
 疑わしきに囲まれて 
 脳内コペルニクス的転回 

第二章[死] 
 「死ぬのは怖くないですか?」 
 泥酔パルシー 
 歩くタンパク質、走る電気信号 

第三章[顧] 
 二十歳の全能感と無能感 
 私は船尾に、君たちは船首に 
 一九六〇年の二十歳、橘隆志 
 問題の問題 
 割と短いトンネルの向こうは、誰も知らない世界でした 
 筆を執るにも千冊の途
 事実は小説よりも奇なり 
 紙書籍よ、さらば? 

第四章[進] 
 複雑さの収束点 
 種の起源 
 私より賢いスパコンが読み解けない私の頭脳 

第五章[考] 
 作ってみないと分からない 
 明らかに明らかでない世界 
 「考えること」について考えてみると 
 “分かる人”になるために 
 私たちの十年、立花隆の十年 

第六章[疑] 
 ポスト・コールドウォー・キッズ 
 “平和ボケ”の治し方 
 リアルな歴史の傍らに 
 いっそゼロから 
 世界情勢は複雑怪奇 
 真相は深層に 
 不確かな時の波に揺られて 

あとがきにかえて 立花隆さんへの手紙 

*本書は、『二十歳の君へ 16のインタビューと立花隆の特別講義』(2011年、文藝春秋刊)から「第二章 二十歳、頭をひねる《立花隆の特別講義》」を再編集しました。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

若い学生は読むべきだと思います。

2021/10/31 21:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

◆立花隆さんの元気な勢いが、まだ伝わってくる本です。
◆学生読むべし! と思います。
◆知的好奇心が、くすぐられます。
◆いまも、科学技術の進歩が、めざましい、そしてそれがまた、社会を変えていく原動力になっていく、というのが伝わってきます。
◇立花隆様、ご冥福をお祈りします。安らかにお眠りください。合掌。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

懐疑心を持つ精神性

2021/11/27 09:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nekodanshaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

知の巨人による若者たちへのラストメッセージは、著者に少し遅れて老年に入った私へも、有用なメッセージになった。個性に文句なしの価値はないと言い切るのは、個性を否定する言葉ではなく、いつまでも切磋琢磨して個性を作り上げろということだろう。忘れがちになる「懐疑心を持つ」精神性は、改めて持ち続けようと思う。もう少しだけ今生きる時代を、歴史を、知り続けたいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/11/05 19:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/17 17:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。