サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~8/31

新規会員50%OFFクーポン ~8/31

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 新潮社
  6. 新潮文庫
  7. 片眼の猿―One-eyed monkeys―(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 380件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2021/11/26
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-135552-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

片眼の猿―One-eyed monkeys―(新潮文庫)

著者 道尾秀介

盗聴専門の探偵、それが俺の職業だ。目下の仕事は産業スパイを洗い出すこと。楽器メーカーからの依頼でライバル社の調査を続けるうちに、冬絵の存在を知った。同業者だった彼女をスカ...

もっと見る

片眼の猿―One-eyed monkeys―(新潮文庫)

税込 649 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.4MB
Android EPUB 4.4MB
Win EPUB 4.4MB
Mac EPUB 4.4MB

片眼の猿 (新潮文庫)

税込 649 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

盗聴専門の探偵、それが俺の職業だ。目下の仕事は産業スパイを洗い出すこと。楽器メーカーからの依頼でライバル社の調査を続けるうちに、冬絵の存在を知った。同業者だった彼女をスカウトし、チームプレイで核心に迫ろうとしていた矢先に殺人事件が起きる。俺たちは否応なしに、その渦中に巻き込まれていった。謎、そして……。ソウルと技巧が絶妙なハーモニーを奏でる長編ミステリ。(解説・佐々木敦)

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー380件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

見えるモノと見えないモノと

2009/07/12 07:21

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:そらねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品もものすごくいい意味でいつも期待を裏切られる。そこ彼処におかれた伏線、どんでん返しの繰り返しこの話は自分がいかに先入観で物事をとらえているか、見せつけられた。
帯にある「道尾秀介を信じるな!・・・信じろ!」の意味さえも消えうせるほどに。

人間、だれでも多かれ少なかれ、あるいは見えたり見えなかったりするハンデ・悩み・コンプレックスを抱えながら生きている。
けれど、そのハンデが見える人と見えない人の壁はものすごくある。
バリアフリーなんてきれいごとだ。
それをこの作品では「片目の猿」の寓話にそって、あるいは主人公の三梨・恋人(?)の秋絵・冬絵の生い立ちをなぞって・・・。

しかし、それすらも最後にどんでん返しが待ち受けている。加えて、重い題材にも関わらず軽いタッチのミステリーに仕上がっている。
道尾作品はまだまだ三作目だが、ほかの作品も読み続けること間違いない。




このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

色々と不意を突かれました

2021/07/09 19:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:akihiro - この投稿者のレビュー一覧を見る

本筋の謎だけではなく、登場人物の人間的な一面に関する謎も楽しめる作品でした。こういう意外性を含んだ小説も面白いですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

驚きの種類が違う

2020/10/12 14:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:gunners - この投稿者のレビュー一覧を見る

道尾作品にあるほかの驚きとは少し違いました。あの人が犯人?とかの驚きより、ああそういう設定だったのかという印象を持ちました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

初の道尾先生

2013/01/09 16:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ばかちゃぴ - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めて道尾秀介さんの作品を読みました。
テンポよく進むストーリーであっという間に読見終わりました。

終盤になって解ける様々な謎が、すがすがしいとも言えるラストに自然な流れでつながり、読み終わって後味のいい作品でした。

ほかの作品も読んでみたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/07/08 18:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/25 02:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/30 17:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/21 13:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/31 13:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/11 12:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/31 10:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/07 13:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/23 16:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/25 19:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/24 16:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。