サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1112-15)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

電子書籍

夢をかなえるゾウ みんなのレビュー

  • 水野敬也
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー67件

みんなの評価4.2

評価内訳

67 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本夢をかなえるゾウ 1

2012/05/18 02:46

ここで一句。「関西弁の ゾウの話術に 一気読み」 『ウケる技術』の著者による、笑いと涙のファンタジック自己啓発ストーリー。

15人中、15人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しのはら - この投稿者のレビュー一覧を見る

帯には「ファンタジー小説」とあるけれど、本書は「ファンタジー仕立ての自己啓発本」といった方が正確かもしれません。
だけど、だけどね、こんなに面白い自己啓発本って、なかった。もう一気読みです。

 だって、関西弁を話すゾウですよ?
自分を変えたいサラリーマン「僕」の願いを叶えるため、ある日突然現われた自称「神様」のゾウ、ガネーシャ。これが実は、とんでもないお騒がせゾウだった。
ガネーシャは、関西弁の巧みな話術(というかケムに巻くよなガネーシャ式論理)で「僕」と契約を交わし、アパートに住みついて押入れに寝床まで作ってしまう。好物は、あんみつ。
 そう、これ、「ドラえもん」などに代表される「異人同居譚」とでもいうべきシチュエーションですよね。なので、馴染みある状況設定にハマって、お話の中にスッと入れちゃう。

 わがままで食いしん坊で非常識なガネーシャとの暮らしは、「僕」にとっては冷や汗と「ありえねぇ!」の連続で、ハタ迷惑もいいところなのですが、読者としては、も、大爆笑なのです。
 ともすれば説教臭くなりがちなこの手のお話を、「美味しい青汁」みたいにイヤミなく面白くゲラゲラ笑いながら飲み込ませてしまうのは、さすが『ウケる技術』水野敬也氏の面目躍如というところ。

 自己変革のために、ガネーシャが毎日ひとつ「僕」に課す課題は、そんなに目新しい事でも、難しい事でもない。
曰く「靴を磨け」「トイレ掃除しろ」「コンビニで募金」「会った人を笑わせろ」・・・。
 でも、ひとつひとつの課題の目的や背景を、ガネーシャが(ウソかマコトか)これまで育てた「子」たちの実例を引きながら、親切丁寧に教えてくれます。(もちろん関西弁で)
そして、これがまた説得力あるんですわ。なにしろ育てた「子」たちってのが「(松下)幸ちゃん」「(本田)宗ちゃん」「ロックフェラーくん」・・・(以下、名だたる大物が続々と)なんですから。

 ガネーシャに振り回されながらも、着々と教えを知り、少しずつ意識が変わっていく「僕」。しかし、どんなにたくさんの教えも、知っただけでは自分を変える事はできない。最後の決め手となるものとは・・・。

 この本を読んだ人が、みんな、有名人やお金持ちになったり、大きな仕事を成し遂げるとは、思いません。
でも、この本を、ガネーシャの教えをすべて実行した時、その人は確実に「いいヤツ」になっていると思う。
 この本がベストセラーになって売れれば売れるほど、日本は「いいヤツ」だらけの「いい国」になるんじゃないかしら。
偽装だらけの「美しい国」なんて全然信用できないけれど、ガネーシャ式のそんな「いい国」なら、信じてみたいかも。
水野敬也氏の意図するところも、意外とそんな事だったりして。「成功者を作る」なんて事じゃなくね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

大ベストセラーの第二弾。

14人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:龍. - この投稿者のレビュー一覧を見る

大ベストセラーの第二弾。

前作はエンターテイメントとしても、自己啓発本としても最高傑作でした。そのようなベストセラーの後は、たいてい駄作となる可能性が高いのですが、本書はかなりの出来だといえそうです。

前作では、生き方に関する、考え方や行動の仕方についてのものが多かったのですが、本作はテーマをもう少し範囲を狭くしています。

ずばり「お金」に関する考え方について書かれています。

そのため、メインの神様であるガネーシャの他に「貧乏神」が登場してきます。

話の大筋は、売れないお笑い芸人が、ガネーシャと組んで、コントの頂点を目指す、といったもの。その過程のなかで、貧乏とは?幸せとは?ということを考えていきます。

主人公がお笑い芸人だけに、話の展開は、前作以上にお笑いが満載。すぐに読み切ってしまいます。

ただのエンターテイメントでないのが、著者である水野氏のすごいところ。共感できる部分がたくさんありました。

お金もちが幸せではないということ、夢を追いかけている時代が最も充実しているということ、など。

お金は目標にはならない。

結果としてお金もちになるのはいいとしても、その過程でどういう姿勢で生きているか、が大切。当たり前と思っていますが、実践するのはなかなか難しい。

テーマをお金と絞ったため、より明確に著者の言いたいことが伝わる半面、たくさんのメッセージが詰まっていた前作よりは、その分小さくなった印象があります。

著者の才能にただただ脱帽。

龍.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夢をかなえるゾウ 1

2008/06/07 10:13

笑いというプラスの感情と共に頭に入れる成功法則、これは有効では。

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ココロの本棚 - この投稿者のレビュー一覧を見る

こういうテーマをこんなにおもしろくしちゃうとは!笑いの中に成功のエッセンスがたっぷり詰まっています。
「成功したいという気持ちはあるけど、そのための努力が続かない」
「はっきりした夢がない。何を頑張っていいのかわからない」
「成功法則の本を読むたびに意識は高まるのだが、意志が弱いため元に戻ってしまう」
それもそのハズ。本を読むだけで成功できるならそんな簡単なことはありません。
成功したい!でも出来ない、そんな負の連鎖。身をもって感じている方、私を含め多いのではないでしょうか。

『ほんの一握りの成功者と自分をわけるものは一体何!?』
そう考えたときに、私の頭の中には「才能?努力?生まれ持った資本力?運?」など、その原因と思われる言葉がずらーっと出てきます。でもよくよく考えると、それって全部言い訳にすぎません。自分への甘えと言い換えてもいいでしょう。それらしい理由を見つけて、前に進まない自分への安心材料にしているのです。世の中には何もないところから巨万の富を築き上げた人もいるというのに。

この本は、「今の自分に納得がいかないけど、具体的に何もしていない人」の前に、突然舞い降りたインドの神様【ガネーシャ】のお話。
神様といっても、ゾウの姿をして関西弁で喋りまくる、陽気で大食いでちょっと迷惑な神様です。そして、どうやら彼は古今東西の成功者たちの業績にも一役買っているらしく・・・・・・?
とにかく会話のおもしろさに短時間で一気に読んでしまいました。笑える本なので、外出先で読むのは要注意です。

仕事で成功したい!という人だけでなく、毎日を自分なりに楽しく幸せに暮らしたい人にもオススメです。
何気ない行動の中にも、毎日をスペシャルに過ごすコツはいっぱい隠されているんですね。
「楽しく努力する」ためのヒントがたくさん詰まっています。
あくまでヒントなので、実際に行動しなければ何も変わらないのですが、簡単に実践していけそうなこともたくさん含まれています。要はいつもしている行動にプラスの意味づけをしていくことが鍵なのかな!と思いました。
つい勢いで読んでしまいましたが、また何度でも読みたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夢をかなえるゾウ 1

2008/09/21 22:27

読後、愛すべきガネーシャに感謝したくなる、そんな本です!

9人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけくん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 関西弁を操り、とてもコミカルな、そして人間臭さが残る愛すべき(というとなれなれしいと怒られるかも)インドの大衆神、ガネーシャ。でも言っていることはとても説得力があり、本来の神の姿を醸しだす。しかしながら、その様な人を説得すべき事柄を、いとも簡単に笑いを作りながら、そして過去の偉人を「ちゃん」扱いし手玉にとりながら説明する様は、「こんな風にして自慢しよるおっさんおるおる!」って感じでとても楽しく読める。哲学にも通じる様な話が笑いながら読めるとは素晴らしいとは思いませんか。
 人間の弱さを明るみにし、人間として夢を実現する者がしなければいけないことをきちんと指導する、ガネーシャの言うことを、我々がどう受け止め、どう行動するのか、よく考えなければならない。本書はガネーシャの語録が最後にまとめられている。またガネーシャの薀蓄とも言える、過去の偉人の索引まで載っている。引用文献もしかり。まさしく、哲学書の体をなした本書に記載のことをいかに実践するかが、大事なんだよなぁ。
 本屋に蔓延る実用書・ビジネス書に踊らされることなく、まずは我々の気持ちを明確にした上で、○○することをガネーシャは諭している様に感じた。老若男女、世代を問わず、呼んでみる価値のある本であると感じた。子供には勧めたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夢をかなえるゾウ 1

2008/05/24 08:18

アイ・ハブ・ア・ドリーム

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サムシングブルー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 高校2年生の2学期、私は大阪の堺にある高校に転校した。「自分は…」って話しかけられたときは目が点になった。「自分」って私のこと???そんなわけで関西弁を話せないまま卒業した。でも関西弁は好きだった。同級生は多分落ち込んでいるだろうに、面白く話すので落ち込んでいるように見えない。すごく不思議だった。

 ゾウの姿をしたヒンズー教の神様であるガネーシャに関西弁をしゃべらせた作者はすごい。ガネーシャは神様なのに人間臭い。笑いあり、涙ありの藤山寛美の世界みたい。そしてガネーシャのダチの「釈迦」が登場する。まるでジェットコースターに乗っている気分で読めた。

 『変わりたい』願望のサラリーマンの家に住みついたガネーシャは彼に1日1つずつ課題を出していく。
〔ガネーシャの課題〕  「トイレ掃除をする」
 私は即行、トイレ掃除をした。すごくいい気分だった。ただ今も続行中。しかし課題を続ければ変われる話ではない。

 ガネーシャの謎は深まるばかり。ガネーシャは数々の歴史上の人物のメンターだった。成功者の話には「愛」があふれている。ガネーシャが語る。「自分、キング牧師くんのあの有名な演説聞いたことあるか?『アイ・ハブ・ア・ドリーム』ちゅうやつ。」 「夢」ってなんだろう。自分探しをしようと思った。

 この本を薦めてくれた友人に感謝です。ありがとう。そして大切な人にこの本を薦めたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最高の自己啓発本かも

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:S.O - この投稿者のレビュー一覧を見る

夢ゾウシリーズの2が少し期待はずれだったので,今回はどうかと思っていたが,3冊の中で一番楽しく読めた。
ガネーシャの教えも意義深いものがたくさんあるし,物語としても最後まで楽しみながら読めた。女性の主人公で,恋愛とか心情的な内容が入ってくると,やっぱり物語として面白くなりますね。
小さな勇気をもって進んでいくこと。感動すること。感謝の言葉を伝える。苦しみを楽しみに変え方法(→目の前の苦しみを乗り越えたら手に入れられるものをできるだけ多く書き出す。欲しいものが手に入っていくストーリーを考えて空想を膨らませる。)等々,時々読み返して常に心に入れておくようにしたいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

面白かった!

8人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタッチマン - この投稿者のレビュー一覧を見る

ガネーシャの関西弁が大好き!
読み終えた後の心地良さがたまらない!
早く「3」が出て欲しいと思うような作品です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夢をかなえるゾウ 1

2008/07/15 14:45

「足元」からはじめる

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イム十一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

現状に不満を抱き「変わりたい」と願う主人公と、その願いを叶えるために次々とアドバイス・サポートしていくガネーシャ(象身の神)のやりとりをコミカルに描いた物語です。
様々な分野の著名人・有名人の言葉を巧みに用いてあり、「なるほど」と肯きを持たせる内容、また文章のテンポも良く、半日程度で読了できました。
その中でまず最初にガネーシャが主人公にアドバイスするのが「自分の靴を磨く」、仏教・特に禅宗でよく使われる「脚下照顧(何事においても目先・周囲の事にとらわれずにまず今ここに立っている自分の足元を大事にする)」という教えに通ずるところがあるように感じました。また、数少ない登場人物の一人に釈迦を出しているところや、最後にガネーシャが言った「感謝」のアドバイスからも、著者は仏教の教えを根底に置いて書かれているようにも私は感じました。
楽しく「自分とは何か」を考えさせてくれるような一冊ではないかと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3冊目でもまだまだいける

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:shooting-star - この投稿者のレビュー一覧を見る

3冊目になるこのシリーズですが、まだまだ新しい教えが出てきます。初めての女性主人公、しかもかなり自己中。ガネーシャと対立する新たな神様も登場して、どう戦っていくのかとワクワクして読みました。ビジネス的な教えが多く、ビジネスマンにも役に立つ内容ではないでしょうか。主人公が最後に夢を叶えるシーンでは涙が出て止まりませんでした。読むべし!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

お変わりなく

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:b2cat - この投稿者のレビュー一覧を見る

おもろ楽しく気持ちよく読めてその上、ためになる。こんな本はそうそうないです。ぜひ続いていって欲しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

面白い

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:taruto - この投稿者のレビュー一覧を見る

前回の作品も面白かったですが、今回も面白くためになりました。
前回の作品を読んだ人には、理解できる部分も含まれていて、楽しめました。
途中泣ける部分もありました。
読んだ後、考えさせられる部分が多く、参考にさせていただきたいと思います。是非お勧めの1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

これはある意味バイブル!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ああ - この投稿者のレビュー一覧を見る

お茶らけているようで実はしっかり本質を語っている、そんな内容です。ちょっと自分がいけてない時など指針になるかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夢をかなえるゾウ 1

2014/06/05 13:44

笑劇

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ラビッツ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今更ながら購入、読破しました。一週間くらいで読みきったかな?
面白い小説を読んでる感覚でした。自己啓発本は嫌いですが気がついたら自己啓発本を"読まされた"感じです。
ひとつのテーマが簡潔で読みやすいし、次が気になって仕方ないし。
仕事柄、ビジネスシューズを履かない自分は出鼻を挫かれましたが(笑)
最初から最後まで全部オススメな本ですね。
未読の方は是非読んでください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夢をかなえるゾウ 1

2013/02/24 14:44

☆☆☆面白い☆☆☆

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:taruto - この投稿者のレビュー一覧を見る

すっごい笑えました。
実践できる事ばかりで、是非今後の生活に
活かして生きたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

おもしろい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とし - この投稿者のレビュー一覧を見る

参考にするかしないかはともかく、筆者の暴走にニヤニヤしながら前向きな心を思い出す。
悩んでいる時より、調子が良い時にリラックスするために読む本ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

67 件中 1 件~ 15 件を表示