サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~6/24)

コミック 低料率版元限定 クーポン25% 6月第2弾(~6/22)

電子書籍

図解 現代の陸戦 みんなのレビュー

  • 毛利元貞
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本図解現代の陸戦

2012/03/16 21:27

事典ふう

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:消印所沢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 戦術から兵器までを一通りざっと図解してみました,といった感じ.
 一つの兵器や事象などを,殆どが図解入りで2p,文章は正味1p程度で紹介.
 事典ふうなのは,新紀元社にはありがち.

 以下,興味をひかれる内容を,だいたいページ順に:
 非戦闘行動(p.10)と,そのための重要な武器,言語(p.10-11,214-215)
 現代の狙撃部隊(p.14-15)
 トラッカーとは?(p.16-17)
 特殊部隊への誤射の危険性(p.20-21)
 AWG(p.22-23)
 データマイニング(p.24-25)
 HIT(p.28-29)
 CA(p.32-33)
 HE(p.34-35)
 戦闘ストレス(軽減)部隊(p.36-37)
 CNU(p.38-39)
 派遣期間の長期化傾向(p.42-43)
 CMO(p.44, 80, 122, 168)
 SOG(p.50-51)
 状況に合った戦術を使い分けることが出来なくては,名指揮官とは言えない(p.58-59)
 埋めこみ取材(p.62-63)
 国際法には逃げ道もある(p.68)
 現場では状況に合わせて変更されることもある交戦規則(p.70-71)
 交戦規則上,問題視されないようにするための偽装工作(p.72-73)
 チラシやラジオの投下(p.76-77)
 輸送部隊は攻撃を受けたら,即時離脱がセオリー(p.84-85)
 移動前のチェック事項(p.86-87)
 SWATとの違い(p.88-89)
 MTTCS & MRAP(p.90-91)
 スラット装甲(p.92-93)
 戦車への市街戦用装甲キット(p.94-95)
 情報ネットワーク作り(p.96-97)
 対人誘導ミサイル(p.98-99)
 ファルージャにおける「夜明け作戦」(p.100-101)
 給油機用対人攻撃キット(p.102-103)
 監視カメラによる警戒システム(p.107)
 対IED戦術(p.108-109)
 山岳地帯では優先的には使用されないようになった戦車(p.110-111)
 心理戦戦術(p.112-113)
 マス・マーケティング(p.116-117)
 作戦計画の二重,三重の事前チェック(p.118-119)
 戦場の即席飛行場(p.120-121)
 弾丸の戦訓(p.126-131)
 SCAR(p.132-133)
 連射,短連射の減少(p.134-135)
 マークスマン・ライフル(p.134)
 グレネード・ランチャー(p.136-137)
 曳光弾のフル装填(p.138-139)
 照準器の進化(p.140-141)
 サーマイルメージャー(p.142-143)
 強力ライト(p.144-145)
 アブアマグナム弾(p.146-147)
 銃撃で銃眼作り(p.152-153)
 ミニ手榴弾(p.154-155)
 偵察グレネード(p.156-157)
 RPG-7戦術(p.158-161)
 ハミングバード(p.164-165)
 エネルギー兵器(p.170-171)
 透視装置(p.172-173)
 対地レーダー(p.174-175)
 放棄した銃に仕掛けられるブービー・トラップ(p.176-177)
 GATOR(p.180-181)
 山岳戦(p.182-183)
 爆薬布(p.184-185)
 音響の利用(p.186-187)
 訓練内容(p.188-193)
 重火器部隊(p.194-195)
 抗弾ベスト(p.196-197)
 特殊部隊の非万能性(p.198-199)
 逮捕に役立てられた,サダム一家の家庭事情の情報(p.200-201)
 拷問のほうが情報を得られやすいというのは錯覚(p.204)
 薬物(p.206-207)
 4R+PIES(p.210-211)

 ただ,著者が著者なので,本の記述の簡便さともあいまって,内容を素直に信頼することには,今一つ抵抗感あり.
 また,「アフ【ガ】ーン人は生まれながらの戦士」という,俗説に過ぎない記述を真に受けているかのような記述もあり(p.104)
 巻末を見ると,ソースの多くは著者と交流のある「契約者たち」の証言であるそうなので,当事者証言としてなら.
【関心率64.38%:全ページ中,手元に残したいページがどれだけあるかの割合.当方の価値観基準】

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示