サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~7/29)

【集英社】週刊少年ジャンプ50周年記念読書マラソンキャンペーン(~7/31)

電子書籍

天才作家 三島由紀夫の描く死後の世界 みんなのレビュー

  • 大川隆法
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

八百万の神々の一柱

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シュガーラッシュ - この投稿者のレビュー一覧を見る

山口百恵の「潮騒」と三島由紀夫の生涯を描いた作品「11.25自決の日」を観て、人物像を少し理解して再度霊言を。作品では生き方が美しいというか純であり、今の政治家でこのようなタイプはいないだろう。言動と行為が一致している方のようで映画では理解した。まねは出来ない。
「意外に橋本佐内のようなタイプ」で天下国家の方に関心があり「言いにくいんだけど、俺はさあ、本当は超能力者だった」と神秘的な能力もあったことには驚く。割腹後の状況も語る。
ニニギノミコトの魂を持つ三島氏は「なぜ、著者が私を嫌がっていたかについては分からない」とし、「三島由紀夫の世界に入っていくと、自分も最後は欲求不満で自決しなければいけなくなるかもしれない」と恐れの原因を分析した。後世への影響による配慮もあるのだろう。著者の大学時代の三島氏の洞察力は鋭い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示