サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1119-22)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

電子書籍

この国を守り抜け みんなのレビュー

  • 大川隆法
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

全体主義になるチェックポイント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シュガーラッシュ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「否定する。ただただ否定していく。というのが、全体主義、ナチズムの基本綱領」と「自分が責任を持って何をしたい」か述べないことがその裏にあると著者の分析は鋭い。また、全体主義は矛盾する約束を連発するのもチェックポイント。「社会主義と官僚制との親和性は高い」が自由主義とは合いにくいが日本は今のところ前者だ。
みなの意見を反映させると称して自分の意見を隠し他の主張する者を抱き込むコーポラティズムが今の政治には多いように見える。政治家はもっとはっきり自分の考えを主張すべきだ。
世界には「自由の方向を目指す方針を堅持している国」と「自由を閉ざす方向に努力している国」があるが自由の価値を大切にする国に自分は生きたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示