サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~6/24)

2018年上半期ランキング【電子総合】(~7/8)

電子書籍

憲法改正への異次元発想 みんなのレビュー

  • 大川隆法
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

元東大教授シリーズ2

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シュガーラッシュ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今も法学関係の仕事をしているという憲法学の権威が語る。
「占領軍の時代にもし天皇制を宗教だと認めたら、天皇制廃止は確実だったので、いかに、宗教ではないということを説明し、交渉して丸め込むか」がその当時の憲法学者の仕事で、日本の風習、単なる習慣にしか過ぎないという方向にもっていったらしい。天皇制は「実体法として、六法を束ねる上位の法律規定である憲法には、なじまない側面がある」とした。
「日本的な平等性というものが無能な平等に陥っている面はある」とし、「人気が続くかぎりの権力である」とポピュリズムに今陥っていることを指摘した。その他イギリスのマグナ・カルタや聖徳太子の十七条憲法の憲法起源説等にも言及する。
著者の『憲法論は現行憲法のなかには法律論レベルに近い部分がかなり入っているので、このあたりを憲法から外して、法律レベルに下ろしたほうがよい。憲法は根本的なところだけあればよい』と新・日本国憲法試案を巻末に載せた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示