サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

「続刊予約キャンペーン」(~5/31)

電子書籍

「ユング心理学」を宗教分析する みんなのレビュー

  • 大川隆法
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

空海が心理分析をすると

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シュガーラッシュ - この投稿者のレビュー一覧を見る

心理学界の巨人ユング博士を招霊し宗教側から分析する珍しい試み。「宗教的なものを認めるか認めないか」がフロイトと親和性があるユングを分けたとした。「ユダヤの家父長制的な、強くて専制的な父親みたいなものに支配されている」と抑圧の部分を解放しようとし現代のモーセを目指していたのではとフロイトを分析する。またマズローには「経営者なんかの参謀になるタイプの人」とそれが成功心理学につながっていると考察する。あの世から見ると心理学者は7対3ぐらい地獄と精神分析が唯物論的に傾いていることを指摘。著者にも「夢解きのインスピレーションを与えたりする」と関わりをもっていた。
『神仏の存在や霊界の証明から逃れて、科学的に見せたい現代的学者という「在家坊主」が心理学者の正体』と著者の洞察は鋭すぎる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示