サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1112-15)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

電子書籍

釈尊の出家 みんなのレビュー

  • 大川隆法
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

出発点

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シュガーラッシュ - この投稿者のレビュー一覧を見る

釈尊の出家に関して一冊にまとめられた本。著者が現代語で釈迦の教えを説いたものは数多くあるが、あらためて出家の「釈尊の出家」の意味に焦点をあて当時を振り返り解説する。『出家は迷惑がかかるものですが、この世の縛りをいったん断ち切る、捨てる』とその精神を語る。悟りではなく、修行体勢に入ることとし『心のなかの思いだけでも十分に罪になるほど厳しい』と出家教団のほうが監獄に入るより厳しいことが明かされた。
また釈尊の衛生観念には驚いた。『仏典を読むかぎりでは「皮膚感覚」や「神経」が非常に鋭敏な方』と沐浴も一日三回もしており何故だろうとも思うし何だか納得する不思議感だ。以前、沐浴の意味のひとつに「霊的に体を清める」という宗教的意味があることを示唆している。「人間は9穴から液汁が出て汚い」という話もあり、不潔なものに対する嫌悪感は釈尊は持ち、心のところも同じように見られているのではと思うと「やばっ」と感じる。自分も心の反省が必要だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示