サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 竹書房
  6. 竹書房文庫
  7. シグマフォース外伝 タッカー&ケイン2 チューリングの遺産
  8. シグマフォース外伝 タッカー&ケイン2 チューリングの遺産のレビュー

電子書籍

シグマフォース外伝 タッカー&ケイン2 チューリングの遺産 みんなのレビュー

  • ジェームズ・ロリンズ, グラント・ブラックウッド, 桑田健
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

直球勝負の作品。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

直球勝負の作品。下手な小細工を必要としない主題を軸に、直球勝負で突き進む早いテンポの物語展開に好感が持てる。難しい話は適度に端折り、活劇と恋物語と、犬=ケインとの話を適度に織り交ぜることで全く飽きさせない。しかし、主役たちが実に怪我をしますね。継続的に主役を張るのは無傷が前提なのに皆満身創痍って感じ。これは「シグマフォース」シリーズでも同じだが、展開の中で緊張感を生み出すうえでは必須要素とは思うけど、これでは主役の体がもたない。特に、ケインは今回やられっぱなしで可愛そう。動物虐待ですよね。ケインは少佐、タッカーは大尉なので上官虐待で告訴しなくっちゃ。(笑)とは言え、誠実さを絵に描いた「忠犬ハチ公」=ケインの活躍をもっと見たいです。ケイン頑張れ。なお、あとがきの話だが、本シリーズの3作目の話はまだないが、タッカー&ケインは今後も何らかのかたちで「シグマフォース」シリーズに関係してくるらしいので乞うご期待といったところか。
 ところで、今回のチューリングの遺産は、チューリング無くしても現実化すると思われる範囲で、敢えてチューリングを持ち出すまでも無かったように思う。つうことで、謎の浅さで緊張感の薄れた下巻が若干低評価になりました。そこで気になったのが本書は当初『キラードローン・・・・』てな邦題で発売予定となっていたはず。ところが何時の間にか「チューリングの遺産」になっていた。しかし英題は『WAR HAWK』であり、冒頭でガイストが盗み出したチューリングの「ARESプロジェクト」なる資料は画期的なヒントにはなるが、既に量子コンピュータまで試作(疑似では実用化段階)されてる今日では、あくまでもヒントとしての意味しかなく決定的な要素とは言い難い。この辺りが私的には画期的と思えない致命的欠陥らしい。むしろ、英題の『WAR HAWK』を生かした当初予定の『キラードローン・・・・』の方が良かった気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

タッカー&ケイン 下巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドローンとの戦闘シーンで生身のタッカーとケインの活躍がとても力強く感じられました。未来の社会ではターミネーターのように機械に征服されてしまう気がしてきました。そんな中で生身のケインの活躍がこころを和ませてくれる作品になっていると思います。ここまで作品がつづいているので次は何を相手にするのか楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

下手な小細工を必要としない主題を軸に、直球勝負で突き進む早いテンポの物語展開に好感が持てる。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

直球勝負の作品。下手な小細工を必要としない主題を軸に、直球勝負で突き進む早いテンポの物語展開に好感が持てる。難しい話は適度に端折り、活劇と恋物語と、犬=ケインとの話を適度に織り交ぜることで全く飽きさせない。しかし、主役たちが実に怪我をしますね。継続的に主役を張るのは無傷が前提なのに皆満身創痍って感じ。これは「シグマフォース」シリーズでも同じだが、展開の中で緊張感を生み出すうえでは必須要素とは思うけど、これでは主役の体がもたない。特に、ケインは今回やられっぱなしで可愛そう。動物虐待ですよね。ケインは少佐、タッカーは大尉なので上官虐待で告訴しなくっちゃ。(笑)とは言え、誠実さを絵に描いた「忠犬ハチ公」=ケインの活躍をもっと見たいです。ケイン頑張れ。なお、あとがきの話だが、本シリーズの3作目の話はまだないが、タッカー&ケインは今後も何らかのかたちで「シグマフォース」シリーズに関係してくるらしいので乞うご期待といったところか。
 ところで、今回のチューリングの遺産は、チューリング無くしても現実化すると思われる範囲で、敢えてチューリングを持ち出すまでも無かったように思う。つうことで、謎の浅さで緊張感の薄れた下巻が若干低評価になりました。そこで気になったのが本書は当初『キラードローン・・・・』てな邦題で発売予定となっていたはず。ところが何時の間にか「チューリングの遺産」になっていた。しかし英題は『WAR HAWK』であり、冒頭でガイストが盗み出したチューリングの「ARESプロジェクト」なる資料は画期的なヒントにはなるが、既に量子コンピュータまで試作(疑似では実用化段階)されてる今日では、あくまでもヒントとしての意味しかなく決定的な要素とは言い難い。この辺りが私的には画期的と思えない致命的欠陥らしい。むしろ、英題の『WAR HAWK』を生かした当初予定の『キラードローン・・・・』の方が良かった気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

タッカー&ケイン

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ケインとアベルがいた物語もあり、タッカーとケインのつながりがドローン相手に戦いを挑む前編です。ちょっとくどいところもありますが本来しゃべれない犬の気持ちを文章にして表現しなければならないのでしょうがないかと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。