サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1015-18)

修正:定期購読キャンペーン(1012-31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 経済・ビジネス
  4. 経済
  5. セイラー教授の行動経済学入門
  6. セイラー教授の行動経済学入門のレビュー

電子書籍

セイラー教授の行動経済学入門 みんなのレビュー

  • リチャード・セイラー, 篠原勝
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本セイラー教授の行動経済学入門

2017/11/19 13:16

従来の経済学理論では説明のつかない身近な市場の矛盾を解説した画期的な書です!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、行動経済学という、いわば従来の経済学から見れば異端として批判されてきた分野の視点から、様々な市場の矛盾を指摘していく画期的な書です。伝統的な経済学では、「自己の利益の最大化」を目指して、最も合理的な行動が起こるのですが、実は現実の市場ではそのように人々の行動は起こりません。現実の市場に起こる様々な矛盾を指摘しながら、行動経済学を説いていく画期的な書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本セイラー教授の行動経済学入門

2017/11/06 01:45

必ずしも理屈どおりにはいかない人間の判断・考えを理論化する試み

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あられ - この投稿者のレビュー一覧を見る

2016年のノーベル経済学賞を受賞したリチャード・セイラー教授が、1998年から経済学会の専門誌に連載した論文(共著が多い)を一冊にまとめ、1992年に出版したThe Winner's Curse: Paradoxes and Anomalies of Economic Lifeが原著。今から20年近く前に書かれています。

日本語翻訳(2005年に亡くなった篠原勝氏による)は、1998年に『市場と感情の経済学』というタイトルで出版されたのが最初。行動経済学という学問が広く知られるようになったあとの2007年に、現在のように『セイラー教授の行動経済学入門』として出された改題新版が本書です。

巻末の編集部の注によると、『市場と感情の……』が改題新版として再編集されたときに、人名の表記や専門用語をアップデートし、「一般ビジネスマンなどより広い層の読者が関心を示すようになっているという現状を踏まえ」というよくわからない理由により、「前回は掲載しておりました原書注や引用文献の表記などは割愛し」ているとのことで、せっかく今は一般化した知が一般化する前に書かれた専門的な内容の著作なのに、残念です。そう思う人は原著を買えということなのでしょう。

内容は、元々が専門のジャーナルに掲載された学術論文なので、一般人にとっては「入門」とはいえないのではないかと思います。少なくとも「公共財ゲーム」「ゲーム理論」などについて一通りの知識がある人にとって、行動経済学という新たな考え方の「入門」ということになるのでしょう。

収録されている論文は、第1章の「合理的行動モデルはどこまで正しいか」(経済理論と「例外」)に始まり、第14章の「金利差と為替レートの謎」(外国為替市場)まで、ゲーム理論、損失回避、心理会計、株価予測など多岐にわたるテーマにそったものです。締めくくりに「エピローグ」として「行動経済学が描く新しいパラダイム」という短い文章が置かれています。元が論文なので「読み物」としてすいすい読むというわけにはいきませんが、訳文はたいへん読みやすいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示