サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. はるなつふゆと七福神
  6. はるなつふゆと七福神のレビュー

電子書籍

はるなつふゆと七福神 みんなのレビュー

  • 賽助
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本はるなつふゆと七福神

2018/09/15 11:57

あっという間に

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りょー - この投稿者のレビュー一覧を見る

ふわっとした雰囲気が心地いい作品で、あっという間に読めました。
七福神のことって意外と知らなかったなぁ、なんて無学な私には少し勉強になり、お参りに行ってみたいななどと考えています。
心に残したいテーマなのだろうという提題も感じ、単なるストーリーだけでなく心に残りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本はるなつふゆと七福神

2018/06/21 09:39

日本の七福神を役者に据えた笑える現代版神話でした。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

笑える現代版神話でした。日本やギリシアといった多神教の国には多くの神話があるが、本作品は日本の七福神を役者に据えた現代版神話でした。しかも、神だけでなく妖の類いなども登場するから楽しい。そして、出て来る七福神はいずれも一癖も二癖もある実に人間臭い個性を発揮してくれる。これは面白くない訳がない。特別短編『ニタニタ』は、妖怪退治請負人:ニタニタ=仁谷太一の生い立ちから、狐の妖怪・宗拙(ソウセツ)との出会い、初仕事などをまとめた短いながら楽しい作品。本編よりこの特別短編の方が、まとまりが良く私には面白かった。さて、当然、続編もあるのでしょうね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本はるなつふゆと七福神

2017/04/09 07:47

七福神である必要はないような…寿老人たちがカワイイです

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょうちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近、増えてきた「日本神話の神様の悩みを解決する話」。今回は、七福神の寿老人たちがカワイイ…
けれど、七福神である必要はないよね…と思うぐらい、弁財天たちは活躍しませんし(美人な神様の登場を期待する人、ごめんなさい)、大黒はキャラが濃すぎてちょっとついていくのが大変でした…
恵比寿様は完璧すぎて、七福神のほかの6柱が霞んで見えるし…。ただ、七福神の知らなかった一面を知れたり(八福神だった時代もあったんだね…とか)、小説を読みながら知識を得たいと思う人は、読む価値はあるかもしれません。
後半、いきなりバトルが始まるとは、最初の展開では思いませんでしたが…汗
面白かったけど、笑いに走ろうとしてくどく感じる部分もあったかな…。
個人的には、強風の中でバタバタ一生懸命に飛んでるおつうと、一生懸命にパソコンを操作してブログを更新している寿老人たちの姿がかわいく感じました。

ハラハラ…2
うきうき…2
キュンキュン…3
うるうる…2
ほのぼの…3
ふむふむ…4

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示