サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

6周年施策(ポータルページ)

電子書籍

法服の王国 小説裁判官 みんなのレビュー

  • 黒木亮
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本法服の王国 小説裁判官 上

2017/04/05 18:18

法曹界の内幕がよくわかる群像劇

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DR. K - この投稿者のレビュー一覧を見る

ある医療裁判に関わったことから、裁判官という職業に興味をもってこの本を手にとりました。
法曹界の入り口にたった3名の法学部学生、研修生を軸に物語は進行させて、全国各地での原発訴訟、自衛隊長沼ナイキ訴訟、イタイイタイ病訴訟など歴史的な訴訟を交えながら法曹界の階段を上っていくかを群像劇として描いた力作です。暗い肉親の過去を背負いながらも修せ街道を着実に歩む津崎という人物と、青法協という時の政権からは疎まれやすい立場で真摯に自らの職務を全うしようとする村木という人物、そして北陸の原発反対訴訟に住民の立場にたって闘う妹尾という3人の運命を交差させながら物語はすすんでいく。非常に長いので途中で挫折しそうになったが途中でやめられなくなり最後まで読み切ったが読後感は最高だった。
裁判官の執務室や私生活など克明に描いているので法曹界出身の作家かと思いきや経済小説が専門としり、その取材ぶりにおどろきました。
ものすごい取材と知識がなければこれだけの内容はかけないとおもいます。
ちなみに著者の黒木亮さんは、北海道の秩父別町出身ということを知り2度びっくりです。私の出身の町と目と鼻のさきの隣町です。今後の更なる検討を祈ります。黒木さんの症説をもっと読んでみたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示